NTTドコモ、新料金プラン「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を発表。4段階データ定額プラン

NTTドコモが、新料金プラン「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を発表しました。4段階のデータ定額プランです。

2018年5月25日(金)から受付開始ということです。

スポンサーリンク

NTTドコモ、新料金プラン「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を発表。4段階データ定額プラン

パケットパック

 

 

一人で利用する「ベーシックパック」

 

一人で利用するベーシックパックの料金はこんな感じです。

1GBで2,900円。20GBで、7,000円ということです。

家族で利用する「ベーシックシェアパック」

 

家族でシェアするベーシックシェアパック。

6500円で、5GB。30GBで15,000円ということです。

現行の一部料金プランは5月24日で新規申込受付終了

「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」の提供開始に伴い、「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は5月24日をもって新規申込の受付が終了となります。

現在、これらのプランの契約しているユーザーは、そのまま継続して利用することが可能とのことです。

少ないデータ容量が安く

少ないデータ容量が安くなっていますね。一応。

微妙に違っているので、以下に、比較してみます。

ベーシックパックと、これまでのデータパックとの比較

データSパック(小容量)(2GB) 3,500円

これが、1GBで2,900円となっています。

データMパック(標準)(5GB) 5,000円

こちらは、ベーシックパックも、5GBで、5,000円と変わりません。

3GB、4,000円となっています。

容量が減って、価格が下がっているという形ですね。

ベーシックシェアパックと、シェアパックとの比較

シェアパック5(小容量)(5GB) 6,500円

シェアパック10(小容量)(10GB) 9,500円

シェアパック15(標準)(15GB) 12,500円

ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円

こちらは、5GBは、ベーシックシェアパックと同額。

10GBは、9,000円と安くなっています。

15GBも、12,000円と安くなっていますね。

30GBは、逆に、15,000円と高いです。30GB以上使う方は、ウルトラシェアパックが良さそうですね。