2019年のiPhoneはSamsungのタッチ一体型フレキシブルOLEDパネル採用?

スポンサーリンク

2019年のiPhoneは、Samsungのタッチ一体型フレキシブルOLEDパネルを採用するという話が出てきています。

現行モデルではディスプレイの上に別途タッチセンサーを搭載しているのですが、一体型のOLEDパネルを採用するのかもしれません。

スポンサーリンク

2019年のiPhoneはSamsungのタッチ一体型フレキシブルOLEDパネル採用?

Apple-iPhone-XS

ETnews

タッチ一体型フレキシブルOLEDは「Y-OCTA」

次期iPhoneへ搭載されるというタッチ一体型フレキシブルOLEDは「Y-OCTA」と呼ばれる、静電容量タッチパネルのなかでもオンセルタイプのタッチ機能内蔵型ディスプレイということです。

有機ELディスプレイにタッチセンサーを統合することで、薄さと軽量化を実現するということです。

 

2019年のiPhoneは、軽量化されるのかもしれませんね。

iPhoneは、他のスマホと比べて、重いというのがありますよね。

ここを改善しようということなのでしょう。

 

AppleはiPhoneへのタッチ一体型フレキシブルOLED採用を決定し、Samsung Displayに開発と製造を発注したとのこと。

また、2019年発売のiPhoneに採用される可能性が高いということです。

1モデルのみに、タッチ一体型フレキシブルOLED搭載?

タッチ一体型フレキシブルOLEDを製造可能なのはSamsungのみであり、Samsungが製造可能な数量が限られているために、搭載するのは1モデルのiPhoneのみになる可能性があるということです。

 

Maxのほう、大画面のほうに採用するのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

2019年のiPhoneは、ディスプレイ内蔵型の指紋認証は搭載するか?

Samsungは、「Galaxy S10」でディスプレイ内蔵型の指紋認証は搭載という噂があります。

「Galaxy S10」に搭載されるディスプレイ統合型指紋センサーは、Huawei Mate 20 Proより30%速い

次期iPhoneにも、搭載される可能性はあるのでしょうか。

 

どうなのでしょうね。

個人的には、指紋認証もあったほうが、素早く使い始めることができるので良いと思うのですが。

Appleは、捨てたものを復活させるというのは、あまりこれまでしてきていないですよね。

顔認証、FaceIDだけで行くのか、それとも、次期iPhoneも、ディスプレイ埋め込み型の指紋認証を搭載するのか。気になるところですね。

 

ということで、2019年のiPhoneでは、Samsungのタッチ一体型フレキシブルOLEDが搭載されるようだということです。

12月になって、次期iPhoneの話が出てきましたね。2019年になったら、また他の情報なども出てくることでしょう。今後が、楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました