2021年に「AirPods」と「AirPods Pro」の新モデルを発売?オーバーイヤーヘッドホンの発売は遅れる

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

Appleが、2021年に「AirPods」と「AirPods Pro」の新モデルを発売するという話が出てきています。

また、オーバーイヤーヘッドホンの発売は遅れているようです。

スポンサーリンク

2021年に「AirPods」と「AirPods Pro」の新モデルを発売?オーバーイヤーヘッドホンの発売は遅れる

AirPods Pro
AirPods Pro

Bloomberg

2021年に「AirPods」と「AirPods Pro」の新モデルを発売?

エントリーレベルのAirPodsのデザインは、現在のAirPods Proと同様になり、ステムが短くなり、イヤーチップが交換可能になるとのこと。

新しいAirPodsProの場合、Appleは、現在下部から突き出ている短いステムを排除することで、イヤフォンをよりコンパクトにすることを目指しているということです。

丸みを帯びた形状になっているようです。

しかし、ノイズキャンセリング機能、ワイヤレスアンテナとマイクをより小さなAirPods Pro筐体に埋め込むのは難しく、完成版のデザインは少々野心を抑えたものとなる可能性もあるとのこと。

Apple社内では、2021年上半期にエントリーレベルの新型AirPodsの発売が協議されており、2つの新AirPodsモデルの両方に新しいワイヤレスチップの採用が計画されているということです。

オーバーイヤーヘッドホンの発売は遅れる

Appleは、ハイエンドのノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドフォンの発表をまだ計画しています。このデバイスは、過去2年間にいくつかの開発上の課題に直面し、何度も遅れているということです。

ヘッドホンは数週間前に生産が開始される予定だったが、ヘッドバンドの問題のために延期された、と問題に詳しい人から伝えられたとのこと。いくつかのテストではきつすぎると見なされました。

同社は当初、ヘッドホンの側面に大きなタッチパッドを搭載したいと考えていましたが、それらのパネルのサイズを縮小しました。Appleはまた、当初のコンセプトの特徴であったヘッドフォンの互換性のある機能の一部を縮小したようです。製品の最新バージョンには交換可能なヘッドバンドがない可能性がありますが、交換可能なイヤーパッドが含まれている可能性があるそうです。

スポンサーリンク

AirPods、AirPods Pro、「AirPods Studio 」

Appleは、AirPodsシリーズに力を入れていくようですね。

イヤホンのほうは、さらにコンパクトにしたいようです。

確かに、他のイヤホンよりは大きかったりします。まあ、AirPods Proにはノイズキャンセリングがありますが。

オーバーイヤーヘッドホン、「AirPods Studio」は、開発が遅れているようです。2021年の春に発売されるのでしょうか。

そのほか