「Apple Watch 7」狭額縁化されたディスプレイで、より高速なプロセッサを搭載?

スマホなどのまとめ

2021年のApple Watch「Apple Watch Series 7」。

Bloombergが、新型「Apple Watch」に関する情報を報じています。

ということで、まとめおておきます。

スポンサーリンク

「Apple Watch 7」狭額縁化されたディスプレイで、より高速なプロセッサを搭載?

「Apple Watch 7」
「Apple Watch 7」

Bloomberg

「Apple Watch 7」より高速なプロセッサとワイヤレス接続の改善、ディスプレイのアップデート

新型「Apple Watch」こと「Apple Watch Series 7」では、より高速なプロセッサとワイヤレス接続の改善、ディスプレイのアップデートが特徴で、2021年内に発売することを計画しているということです。

Appleはベゼルがより狭くなったディスプレイに加え、有機ELパネルとカバーガラスの距離を縮める新しいラミネーション技術をテストしているということです。

デザインも変わるという話もあります。角ばった感じになって、ベゼルなども狭くなるのかもしれませんね。

アップデートされた超広帯域無線通信機能(UWB)が搭載されるとも。

体温センサー搭載が2022年。血糖値測定は実用化に数年

「Apple Watch 7」に体温センサーを搭載する開発が進められていたが、2022年モデルへと延期されたようです。

また、血糖値測定機能の搭載には数年かかるとのことです。

スポンサーリンク

スポーツ向けモデル

また、Appleは2022年には「Apple Watch Series 8」に加え、「Apple Watch SE」の後継モデルやエクストリームスポーツ向けモデルを発売する計画ということです。

エクストリームスポーツ向けモデルは、Apple内部では”エクスプローラー”や”アドベンチャー”エディションと呼ばれており、早ければ2021年内の発売を目指して開発が進められていたものの、来年2022年の発売になる可能性が高いとのことです。

また、このモデルは、GarminやカシオのG-SHOCKに競合するような製品となるようです。

Apple Watchに、エクストリームスポーツ向けモデルが登場するのかもしれませんね。

 

今年2021年と、2022年にかけて、Apple Watchがさらに変わっていきそうですね。今後の情報が楽しみです。