AQUOS R5G。5G対応。8Kワイドカメラ搭載。スペックなどまとめ

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

シャープが、AQUOS R5Gを発表しています。

5G対応で、8Kワイドカメラを搭載しています。

ということで、AQUOS R5Gのスペックなどをまとめておきます。

スポンサーリンク

AQUOS R5G。5G対応。8Kワイドカメラ搭載。スペックなどまとめ

AQUOS R5G
AQUOS R5G

AQUOS R5G

5G対応スマートフォン「AQUOS」の第一弾ということです。

また本機は、スマートフォン「AQUOS」初の8Kワイドカメラを搭載しています。

8K解像度(7,680×4,320ドット)の高精細、かつ広い画角の迫力ある静止画や動画が撮影可能とのこと。

8Kワイドカメラを搭載。4眼レンズカメラ

8Kワイドカメラを搭載しているということです。

アウトカメラは、4眼レンズカメラになっており、約1220万画素の標準カメラ、約4800万画素の広角カメラ、約1220万画素の望遠カメラと、被写界深度を測定するToFカメラで構成。

焦点距離は標準が26mm、広角が19mm、望遠が52mm(35mm換算)となり、望遠カメラではハイブリッド16倍ズームの撮影が可能だそうです。

標準カメラと望遠カメラは光学式手ブレ補正にも対応しています。

 

AQUOS R5Gの主なスペック

AQUOS R5Gの主なスペック

OS Android 10
CPU Qualcomm Snapdragon 865 5G mobile platform

2.8GHz+1.8GHz

オクタコア

メモリ 12GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ 約6.5インチ クアッドHD+(3,168×1,440ドット)
アウトカメラ 標準カメラ
有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値1.7レンズ[広角78°焦点距離26mm相当]
ハイスピードAF(全面位相差)
光学式手ブレ補正
電子式手ブレ補正
新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリーPro広角カメラ
有効画素数 約4,800万画素 QBC 裏面照射積層型
F値2.9レンズ[超広角120°焦点距離19mm相当]
電子式手ブレ補正
新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリーPro
AIライブシャッター望遠カメラ
有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値2.7レンズ[望遠44°焦点距離52mm相当]
ハイスピードAF(PDAF)
ハイブリット16倍ズーム
光学式手ブレ補正
電子式手ブレ補正
新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリーProToFカメラ
HQVGA
インカメラ 有効画素数 約1,640万画素 CMOS 裏面照射型
外部メモリ microSDHC(1TB)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
バッテリー 3,730mAh(内蔵電池)
防水・防塵 IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 顔認証、指紋認証
その他 おサイフケータイ/NFC

少し気になるのは、バッテリー容量が少なめなところですね。

約6.5インチの「Pro IGZO」液晶ディスプレイ

10億色の表現力を持つ約6.5インチの「Pro IGZO」液晶ディスプレイを搭載しています。

有機ELディスプレイではないようですね。

ここは、やはり液晶のシャープというところでしょうか。

カラーは、3色

Aquos R5G。カラー
Aquos R5G。カラー

Aquos R5Gのカラーは、アースブルー、ブラックレイ、オーロラホワイトの3色です。

ブルーがありますね。

価格は?発売日は?

AQUOS R5Gの価格は、いくらになるのでしょうね。そこまで安くはなさそうですが。

発売日は、2020年春ということで、日本の5Gのスタートに合わせて発売されるようです。

スポンサーリンク

AQUOS R5Gは、ハイスペックなスマホ

AQUOS R5Gは、ハイスペックなスマホですね。

Snapdragon 865 5Gで、メモリも12GB、ストレージも256GBということです。

気になるのは価格ですが、まだわかっていません。

シャープのAQUOS R5G。かなり力が入っている感じですね。これで、価格もそこまで高くなければ、日本で売れそうな気もしますが、価格はどれくらいになるでしょうね。