ドコモ、「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を2021年4月から提供開始

\ ★スマホのまとめなど /

ドコモが、コモが、5G向け料金プラン「5Gギガホ」と4G向け料金プラン「ギガホ」の見直しを行い、大容量のデータ通信をよりおトクに利用できる「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を、2021年4月1日(木曜)から提供すると発表しました。

「5Gギガホ」の料金を7,650円(各種割引適用前)から1,000円値下げして月額6,650円(税別)にし、データ容量も現行の100GBから無制限にするということです。

これまでキャンペーンで提供していたものを、通常提供にするようですね。

スポンサーリンク

ドコモ、「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を2021年4月から提供開始

ドコモ
ドコモ

「5Gギガホ プレミア」容量無制限で1,000円値下げ

「5Gギガホ」が、7,650円(各種割引適用前)から1,000円値下げして月額6,650円になり、データ容量も現行の100GBから無制限になるということです。

少しお得になるということですよね。

既存のユーザーにとっては、変わらないというか、今後も現状と同じように利用できるということになりますね。

4Gの「ギガホ」も「ギガホ プレミア」で値下げ

4Gの「ギガホ」も30GB/7,150円から6,550円へと600円値下げし、データ容量も60GBに倍増されるとのこと。

また、データ利用量が少なかった月は自動的に割り引くサービスも追加されるということです。

利用データ量が3GB以下の月は、1,500円おトクになるとのこと。

ギガホプレミア
ギガホプレミア

「ギガライト」も値下げを検討

また、一部の報道では、「ギガライト」も値下げを検討しているということで、こちらも値下げされる可能性があるようです。

MNP手数料も廃止

NTTドコモが、ドコモから他事業者へ乗り換える際に設定している携帯電話番号ポータビリティ手数料について、2021年4月1日(木曜)に廃止するとしています。

現在は一律3,000円(税抜)が請求されていますが、他社への乗り換えも無料になるようで良いですね。

スポンサーリンク

au、ソフトバンク、楽天はどう出る?

ドコモは、月20GB・2980円(税別)のahamoをすでに発表しています。

ドコモ「ahamo」月20GB/2980円の新料金プランを発表。5Gも利用可能

今回、さらに既存のプランも値下げをしてきています。

 

こうなると、au、ソフトバンク、楽天がどうするのか気になるところですね。

au、ソフトバンクが、大容量プランを値下げするのかどうか。

また、楽天は、2980円のみのプランですが、1000円台のプランも検討しているという報道がありましたが、提供してくるのかなど、今後の他社の料金プランの変化も気になるところです。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ