ドコモが、解約金・解約金留保を廃止。10月1日から。2年縛りプランは新規受付終了

\ ★スマホのまとめなど /

ドコモが定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」および、プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで解約金が留保差れる「解約金留保」を、2021年10月1日から廃止するということです。

また、2年定期契約プラン、いわゆる2年縛りプランの新規受付が9月30日に終了するとのこと。

スポンサーリンク

ドコモが、解約金・解約金留保を廃止。10月1日から。2年縛りプランは新規受付終了

ドコモ
ドコモ

ドコモ

解約金・解約金留保を廃止。2年定期プランも終了

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止※1※2します。また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日(金曜)から廃止※1します。
今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランについては、2021年9月30日(木曜)に新規受付を終了します。

ということで、定期契約の解約金と解約金留保がなくなります。

2年定期契約プランも終了ということです。

  • 2019年9月末までに契約した料金プラン(”①”)の解約金(2年契約で10,450円、1年契約で3,300円。)
  • 2019年10月1日以降に契約した料金プラン(”②”)の解約金(2年契約で1,100円)
  • 解約留保金 (①から②に移行したユーザに対して、①の契約満了月まで設定されていた金額~10,450円。)
スポンサーリンク

解約金を気にする必要がなくなる

以前は、いわゆる2年縛りで、解約金が1万円ほどかかることがあったわけですが、今後は、ドコモの解約金は気にしなくて良くなるということになりますね。

auやSoftbankも追随する可能性もありそうです。

MNPの際などに、解約金を支払うというのは、2年契約でスマホなどを利用している人にとっては、当たり前のことだったかもしれませんが、これが変わりますね。

とはいえ、家族割や光回線とのセット割などは気になるところかもしれませんが。

いずれにしても、ドコモでは解約金はなくなるということなので、MNPをしやすくなるというのはあるでしょう。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ