Fire 7を1ヶ月ほど使って思ったこと

\ ★スマホのまとめなど /

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

AmazonのFire 7(2022)を購入しました。

Fire 7(2022)第12世代を購入。開封写真。簡単な感想レビュー。重さ、大きさ、ベンチマークなど

1ヶ月ほど使っています。

ということで、Fire 7を1ヶ月ほど使って思ったことについて書いておきたいと思います。

Fire 7 タブレット – 7インチディスプレイ 16GB (2022年発売)

スポンサーリンク

Fire 7を1ヶ月ほど使って思ったこと

Fire 7パッケージ
Fire 7パッケージ

Fire 7のサイズや重さがなかなか良い

まずFire 7ですが、サイズと重さが、なかなか良い感じです。

サイズ:181 x 118 x 9.7 mm

重量:282グラム

ディスプレイサイズは7インチで、重さなどが上記の通りです。

ベゼルは太いですが、片手でも持てる感じです。

最近のスマホは、重くなっているので、この重さでも、タブレットならそこまで重いとは感じません。

Fire 7は、価格が安い

そして、Fire 7はなんと言っても、価格が安いですね。

最近は、円安などのためにスマホなどの価格が上がっています。そんな中でも、7,000円弱です。

これは、安いですよね。

Fire 7 タブレット – 7インチディスプレイ 16GB (2022年発売)

Kindle、プライムビデオなどが使える

そして、Kindleやプライムビデオが使えます。

kindleは、カラーで漫画を読むことができますし、遅いということはないと思います。

また、プライムビデオも見られますね。

コンパクトなので、ベッドなどで見るのに良いと思います。

ただ、動作速度は、速くない

ということで、コンパクトで安くて、Kindleなどが使えるFire7ですが、速度は速くありません。

なので、この動作速度を許容できるかどうかだと思います。

ちなみに、Fire HD10のほうが、まだ速く動きます。そして画面も大きいので、もう少し速くて、画面が大きいのが良い場合は、Fire HD10が良いでしょう。

ただ、Fire HD10少し重いので、コンパクトなら、Fire 7かもしれません。

このサイズで速いタブレットが欲しい

1ヶ月ほど使ってみたのですが、このサイズ、7インチで280グラムほどで速いタブレットが欲しいですね。

速いということだと、iPad mini6ということになるのかもしれませんが、ほんの少し大きくて重いというのがありますし、Kindleの購入などは少し面倒だったりします。

Fire 7は、速度以外は、ほぼ満足です。Google Playが使えないなどありますが、ブラウザなどはあるので、ウェブを見たり、SNSをやるなどはできますので。

Fire 7の良いところ

・Fire 7のサイズ
・重さがそこまで重くない
・価格が安い

Fire 7のイマイチなところ

・動作が遅い
・アプリが限定的

ということで、次の世代のFire 7には、さらに速い速度を期待したいですね。

スポンサーリンク

Fire 7(2022)の主な仕様、スペック

Fire 7(2022)第12世代をAmazonが発売。スペック、価格、発売日などまとめ

ディスプレイ:7インチ、タッチスクリーン、IPSディスプレイ、解像度1024×600、171ppi、SDビデオ再生、反射防止技術採用

解像度:1024 x 600 (171ppi)

CPU、RAM:2.0GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM

ストレージ:16GB (使用可能領域 9.5GB) の内部ストレージ。1TBまでのmicroSDカード対応

USBポート:USB-C (2.0)

Alexa対応

Wi-Fi:デュアルバンド802.11a、802.11b、802.11g、802.11nまたは802.11ac

バッテリー:読書、ウェブ、ビデオ、音楽などで通常使用時、最大10時間

サイズ:181 x 118 x 9.7 mm

重量:282グラム

カラー:ブラック

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ