「Galaxy S11」の新型有機ELの名前は「SAMOLED」?

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

Galaxy Note 10なども日本でも発売されて、気になるのは、来年2020年の「Galaxy S11」というのはあります。

Galaxy Note10 / Note 10+をSamsungが発表。主なスペック、仕様。比較。価格

ドコモ、2019-2020冬春モデル発表。Galaxy Note10+、Xperia 5、AQUOS Zero2などを発売

auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表。Galaxy Fold、Xperia 5、AQUOS Zero 2などを発売

その中で、「Galaxy S11」の新型有機ELの名前は「SAMOLED」になるのかもしれないという話が出てきています。

スポンサーリンク

「Galaxy S11」の新型有機ELの名前は「SAMOLED」?

SAMOLOED
SAMOLOED

「SAMOLED」

SMAOLEDという商標登録が発見されたということですね。

これが、そのまま使われるのかどうかはわかりませんが、何かしらの理由があって取得したものでしょう。

スポンサーリンク

スマートフォン向けのディスプレイということは

スマートフォン向けのディスプレイであることも記載されているということなので、Galaxyシリーズで使用してくるというのはありますよね。

そうなると、やはり2020年の「Galaxy S11」に搭載されると考えたくなります。

SAMOLEDということで、SAMSUNGのSAMとOLEDを合わせたものなので、かなりすごいディスプレイになるかもと期待はしたくなりますよね。

そこまで大きな変化があるのかどうかわかりませんが。