HUAWEI Mate 20 liteを発表。ビックカメラ独占販売で、価格は3万9800円。発売日は11月30日

Huaweiが、日本でも、「HUAWEI Mate 20 lite」を発表しました。

ビックカメラ専売で、3万9800円(税別)ということのようです。

発売日は、2018年11月30日(金)ということですね。

スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 liteを発表。ビックカメラ専売で3万9800円

huaweimate20lite

 

 

HUAWEI Mate 20 liteは、nanoSIM x2 DSDV対応

HUAWEI Mate 20 liteは、nanoSIM x2 DSDV対応ということです。

 

SIMを2つ使えるというのは、使い分けたい方などに良さそうですね。

HUAWEI Mate 20 liteの主なスペック

メモリ 4GB

OS Android8.0~
CPU HUAWEI Kirin 710

アウトカメラもインカメラもダブルレンズAIカメラ搭載
WiFi規格 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth BluetoothR 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/HWA 対応)
ネットワークおよび周波数帯 FDD LTE: B1/3/5/7/8/18/19/28、TDD LTE: B38/40/41、WCDMA: B1/5/6/8/19
ディスプレイ 約6.3インチ FHD+ TFT
センサ 指紋認証、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、近接センサ、ジャイロスコープ
インターフェイス Nano SIM x 2、microSD、USB 2.0 Type-C、ヘッドホン・コンボジャックx1
デザリング 最大8台まで対応
バッテリー 容量3750mAh、急速充電対応/9V2A
ストレージ 64GB
本体サイズ(縦×横×厚み) 約158.3mm×約75.3mm×約7.6mm

付属品 マイク付きイヤホン/ACアダプタ/USBケーブル/クイックスタートガイド/液晶保護フィルム

チップセットは「Kirin 710」で、2.2GHz×4と1.7GHz×4のオクタコア

チップセットは「Kirin 710」で、2.2GHz×4と1.7GHz×4のオクタコアとなっています。

 

この価格で、オクタコアなんですね。さすがにハイエンドほどの性能はないと思いますが、それでも、オクタコアなら、普通に使えるでしょう。

価格は、3万9800円(税別)

HUAWEI Mate 20 liteの価格は、3万9800円(税別)ということで、ミドルレンジのスマホとしては、お手頃な価格ですね。

最近のスマホは高いですから、こういった価格帯を見ると、安く感じますね。

HUAWEI Mate 20 liteが、まさか、ビックカメラ専売とは

HUAWEIMate20lite

それにしても、HUAWEI Mate 20 liteが、まさか、ビックカメラグループ独占販売になるとは、ちょっと驚きました。

他のMVNOなども扱いたいと考える端末なのではないかなと思うので、こうなると、HUAWEI Mate 20を、他のMVNOなどは扱うのでしょうか。

 

何れにしても、HUAWEI Mate 20 liteは、ビックカメラが独占的に発売するようです。

HUAWEI Mate 20、HUAWEI Mate 20 Proが、どうなるのか。気になりますね。

Huawei Mate 20、Huawei Mate 20 Pro、Huawei Mate 20 Xを発表。主なスペック、価格など