Huawei P20 liteの実機写真とスペック?切り欠きやデュアルカメラを搭載?

ファーウェイが、2018年3月18日に、フランス・パリでイベントを開催し、Huawei P20シリーズを発表すると見られています。

P20/P20 Lite/P20 Plusの3モデルラインナップとなるだろうと言われています。人気のあるLiteシリーズの最新モデル「HUAWEI P20 lite」の実機写真と思われるものが登場しています。

ということで、Huawei P20 liteの実機写真とスペックと思われるものを紹介します。

Huawei P20 liteの実機写真とスペック?

Huawei P20 liteの実機写真?

Huawei P20 liteの正面

まずは、正面からのHuawei P20 liteの画像ですね。

huawei_p20_frontal_2

ComputerHoy.comが、紹介しています。

少し丸みがかったディスプレイになっているようです。有機ELディスプレイになるのでしょうか。有機ELだと価格が高くなってしまうので、違いますかね。

切り欠き

huawei_p20_frontal

また、Huawei P20 liteに、iPhoneXのような切り欠きがあります。ここに、フロントカメラなどが配置されるようですね。

全体の写真

huawei_p20_pantallal

Huawei P20 liteと思われる全体の写真は、こんな感じです。iPhoneXとGalaxy S8を合わせたようなデザインになっていますね。

切り欠きは、iPhoneX以降の2018年のトレンドになるのかもしれません。

Huawei P20 liteの背面の写真

huawei_p20_-trasera

Huawei P20 liteと思われる、背面の写真です。デュアルカメラでしょうか。そして、指紋認証と思われるボタンがありますね。

Huawei P20シリーズのスペック?

「HUAWEI P20 Lite」は、約5.7インチのディスプレイが搭載されるということです。サイズは、148.6×71.2×7.4mmとなるとのこと。

P20 liteは、デュアルカメラを搭載するということです。

また、「HUAWEI P20」は、5倍ズームに対応した40メガピクセルのレンズを3つ搭載した世界初のトリプルカメラと24メガピクセルのフロントカメラを搭載するということです。

トリプルレンズということもすごいですが、40メガピクセルというのも、かなりすごいですね。

そして、ディスプレイは18:9の縦に長い、フルHDの5.7インチサイズとなる。OSは、最新のAndroid 8.0 Oreoが搭載とのことです。

また、プロセッサは、Kirin 970プロセッサを搭載しており、AIを搭載したニューラルプロセッシングユニットによって高性能と省電力を両立できるようです。そして、撮影シーンを自動識別してカメラのセッティングを最適化するということです。

「P20 Plus」は、6インチクラスの大きなサイズにWQHDのような高解像ディスプレイで、大容量のストレージを搭載するようです。

「HUAWEI P20/P20 lite/P20 Plus」のレンダー画像が登場