iPad Air 4、良かったところ、5つまとめ。スペック、iPad Proのちょっとした比較なども

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

iPad Air 4(2020)を購入して、1ヶ月ほどが経ちました。

↓ 開封写真などはこちらです。

iPad Air 4、スカイブルーを購入。開封写真。簡単な感想レビューなど

しばらく使ったので、iPad Air 4、良かったところを5つほどまとめておきます。

iPad Air 4とiPad Pro 11インチの比較。スペック、基本的な違いなど

↓ 動画はこちら

スポンサーリンク

iPad Air 4、良かったところ、5つまとめ

スカイブルー

iPad Airスカイブルーの背面
iPad Airスカイブルーの背面

スカイブルーですね。グレーに近い青です。

青が良いと思っていたので、青を購入しました。

Apple Watchのアルミのブルーや、iPhone 12のアルミのブルーは、結構同じようなもっと濃い青なのですが、なぜか、水色というか、スカイブルーになってます。

 

もう少し青くても良いと思うのですが、まあ悪くはないですよね。

Touch IDが、便利

Touch ID
Touch ID

Touch IDが、便利ですね。

最近は、外出時には、マスクをしているので、Face IDだと認証が少し面倒なのですが、Touch IDであれば、マスクをしていても、指で認証ができるので便利です。

地味なことですが、結構違うので、これは便利ですね。

iPhone 12シリーズにも搭載してもらえたら良かったですが。次のiPhoneで、搭載されたりするのでしょうか。

いずれにしても、このご時世、Touch IDは、地味に便利です。

安い(iPad Proより)

iPad Proよりも安いです。

Wi-FIモデルで、62,800円(税別)からですね。

iPad Proの11インチは、84,800円(税別)からとなっているので、2.2万円ほど違ってきます。

 

これは大きいですよね。

同じものではないですが、この差は大きいと思います。この差額で、他の周辺機器なども買えたりしますね。

速い

A14
A14

iPad Air4、速いです。快適です。

A14 Bionicチップなので、速いのだと思います。

新しい6コアCPUは、4つの高効率コアと2つの高性能コアを搭載して、パフォーマンスが飛躍的に向上し、ほとんどのノートパソコンよりも高速になったということですね。

一世代前よりも40%高速とのことです。

 

メモリもそこそこ搭載されているということのようなので、速いです。

サクサク動くので、ストレスがないですね。

iPad Proの「ツール」が使える。Apple Pencil、Magic Keyboard

iPad Proの「ツール」、Apple Pencil(第2世代)、Magic Keyboardが、iPad Airでも使えます。

Apple Pencil(第2世代)のほうが持ちやすいので、個人的にはうれしいところ。

 

また、Magic Keyboardが使えるので、トラックパッドが使えます。

iPadでトラックパッドが使えるのは便利です。画面にタッチして動かすということ以外の、操作ができる。快適ですね。

また、キーボードなので、文字も入力できます。ちょっとした文章なら、問題なく使えますね。

iPad Air 4とiPad Pro 11インチのスペック比較

ちなみに、iPad Air 4とiPad Pro 11インチのスペック比較は、このようになっています。

iPad Air 4 iPad Pro(2020)11インチ
CPU Neural Engineを搭載した
A14 Bionicチップ
Neural Engineを搭載した
A12Z Bionicチップ
ストレージ 64GB/256GB 128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載10.9インチ(対角)
LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載11インチ(対角)
LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ
2,388 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
600ニトの輝度
カメラ 12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射型センサー
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
パノラマ(最大63MP)
露出コントロール
ノイズリダクション
写真のスマートHDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
広角:12MP、ƒ/1.8絞り値
超広角:10MP、ƒ/2.4絞り値、125°視野角
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ(広角と超広角)
より明るいTrue Toneフラッシュ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス(広角)
タップしてフォーカス(広角、Focus Pixelsを利用)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
露出コントロール
ノイズリダクション
写真のスマートHDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
LiDAR なし 対応
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
4Kビデオ撮影(広角:24fps、30fpsまたは60fps、超広角:60fps
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
より明るいTrue Toneフラッシュ
1080pスローモーションビデオ(広角:120fpsまたは240fps、超広角:240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
ノイズリダクション
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
FaceTime HDカメラ 7MPの写真
ƒ/2.2絞り値
1080p HDビデオ撮影(60fps)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
スマートHDR
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
7MPの写真
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
Retina Flash
ƒ/2.2絞り値
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
スマートHDR
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
認証 Touch ID 指紋認証 Face ID 顔認証
Apple Pencil 第2世代 第2世代
Magic Keyboard 対応 対応
コネクタ USB-C USB-C
スピーカー ステレオスピーカー 4スピーカーオーディオ
サイズ 高さ247.6mm×幅178.5mm×6.1mm  高さ247.6mm×幅178.5mm×5.9mm
重量 Wi-Fiモデル:458 g
Wi-Fi + Cellularモデル:460 g
Wi-Fiモデル:471 g
Wi-Fi + Cellularモデル:473 g
カラー シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルー シルバー、スペースグレイ

簡単に書くと、iPad Airは、CPUが少し速く、少し軽く、カラーが豊富。

iPad Proは、カメラが良い、LiDARがあるというところですね。

そこまで大きな違いはありませんが、微妙に違っています。これらの違いを考えて、どちらを選ぶかですよね。

価格は、基本的にはiPad Airが安いですが、ストレージ容量を増やすと、iPad Proの価格に近くなるというのもありますね。

スポンサーリンク

iPad Air4(2020)、Touch IDが地味に便利

iPad Air4(2020)、購入して良かったなと思っています。

iPad Proの11インチを使っていたので、購入しなくても良いというのはあったのですが、Touch IDとスカイブルーがあったので、買い替えてみました。

外出時に、Touch IDは地味に便利です。

ということで、ちょっとした違いではありますが、個人的には、購入して良かったなと。Touch IDがあるので、外で使うのにやはり便利でした。

スポンサーリンク