iPadとMacBook、有機ELディスプレイが2022年に搭載される?

スマホなどのまとめ

iPhoneが、iPhone Xから有機ELディスプレイになってから、それなりの時間が経過しています。

しかし、iPadとMacBookは、まだ液晶ディスプレイです。

そんな中、iPadとMacBookに、有機ELディスプレイが2022年に採用されるという話が出てきています。

スポンサーリンク

iPadとMacBook、有機ELモデルが2022年に搭載される?

iPad Pro 12
iPad Pro 12

DigiTimes

iPadとMacBookが、有機ELディスプレイを搭載?

DigiTimesが、業界筋の話として、Appleは2022年に有機ELディスプレイを搭載した「iPad」と「MacBook」の新モデルを発売する予定のようだと報じているということです。

いよいよ、iPadとMacBookが、OLEDを搭載するのでしょうか。

次期「iPad Air」に、有機ELディスプレイが採用?

最初に有機ELディスプレイが採用されるのは10.9インチの「iPad」ということのようです。

10.9インチということで、このサイズだと、現行ではiPad Airということになります。

2021年の第4四半期(10〜12月)に生産が開始され、2022年初頭に発売が予定されているということです。

次期「iPad Air」「iPad Air5」にOLEDが搭載されるのでしょうか。

「iPad Pro 12.9インチ」と「MacBook Pro 16〜17インチ」にも?

Appleは「iPad Pro 12.9インチ」と「MacBook Pro 16〜17インチ」に有機ELディスプレイを採用することを検討しているということです。

これらも、2022年に発売予定ということです。

iPad Pro、Mac Book Proも有機ELディスプレイを搭載するのかもしれません。

スポンサーリンク

iPhoneではOLEDだが

iPhoneは、すでにOLEDを搭載しています。

しかし、iPad、MacBookではまだ搭載されていません。

新型12.9インチiPad Pro、ミニLEDバックライト搭載で2021年の第1四半期に発売?

iPadでは、ミニLEDを搭載するという噂もありますが、MacBookはどうなるのでしょうね。

やはり、有機ELディスプレイを搭載ということになるのでしょうか。

2022年に登場ということだと、もう少し先ですが、Appleシリコンを搭載したMacにOLED搭載で登場するのかもしれません。

また、iPad AirやiPad Proでも、有機ELディスプレイを搭載したモデルが登場するのかもしれません。OLEDは、バッテリーの持ちの改善も期待できますね。

今後の情報に期待したいところです。