iPad mini 6、良かったところ4つ。いまいちなところも

2021年10月2日

\ ★スマホのまとめなど /

iPad mini6、第6世代を購入しました。

iPad mini6、購入。パープル。開封写真。簡単な感想レビュー。ベンチマークなど

かなりいい感じで、気に入って使っています。

ということで、iPad mini 6、良かったところを4つほどまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

iPad mini 6、良かったところ4つ

iPad mini6の外箱
iPad mini6の外箱

iPad mini6、良いところ、その1:コンパクト

iPad mini6
iPad mini6

iPad mini6は、コンパクトですね。

男性なら、片手で持てると思います。

このため、サッと手に取りやすいです。

私は、iPad Pro 12.9インチやiPad Air4、10.9インチなども使っていますが、さすがに片手では持てません。

片手で持てるサイズ感で、iPadだというのが良いところですね。電子書籍などを読むのに良い感じです。

iPad mini6、良いところ、その2:重さが、300グラムほどと「軽い」

また、iPad mini6は、重さが、300グラムほどと、iPadとしては軽いです。

コンパクトだからというのがあるわけですが、軽いので、片手で持つのも、そこまで苦にはなりません。

Smart Folioをつけると、400グラムほどですが、それでもそこまで重くはありません。

最近のスマホは、200グラムを超えてくるわけですが、8.3インチで、300グラムほどというのは、軽いというか重くないと思います。

iPad mini6、良いところ、その3:速い。A15 Bionicチップ。ベンチマーク

A15 Bionicチップ
A15 Bionicチップ

iPad mini6は、A15 Bionicチップで、速いですね。

ベンチマークは、

GeekBench 5は、マルチコアで4225、シングルコアで1584になっています。

Antutuは、約75万点ですね。GPUのスコアが高くなっています。

動作はキビキビ、サクサク動きます。

iPad mini6、良いところ、その4:Apple Pencil(第2世代)が使える

Apple Pencil
Apple Pencil

Apple Pencil(第2世代)が使えるというのがありますね。

第2世代は、マットな質感なので良いと思っています。

また、マグネットで充電できるので楽ですよね。

もちろん、ノートを取ったり、絵を描いたりもできますね。

以前から、iPhoneでApple Pencilが使えたらと思っているのですが、まだそうはなっていないので、Apple Pencil・第2世代が使える一番小さなタブレットがiPad mini6とも言えると思います。

コンパクトで軽くて速くて、Apple Pencilが使える

まとめると、iPad mini6は、コンパクトで軽くて速くて、Apple Pencil・第2世代が使えるというところが良いところですね。

他にも、Touch IDも外出先などで使うには良いのではないでしょうか。

そして、Cellularモデルなら、5Gが使えるというのも、良いところの一つにはなるのではないかと思います。

私は、外出する機会が減ったので、Wi-Fiモデルを使っていますが、Cellularモデルは外出先では良いですよね。

iPad mini 6、いまいちなところ

また、いまいちなところもあると思うので、そのあたりも簡単に触れておきます。

隙間が大きい

アイコンの隙間が大きいというのはありますね。iPadOS 15でウィジェットを置けるようになって、隙間が大きくなっているというのはあります。

このあたりは、iPadOSの改善点なのかもしれません。

ゼリースクロール?

iPad mini6では、ゼリースクロールという、スクロールでグニャグニャした感じになるというのがあります。

縦スクロールで、メールだとそう見えますね。

私個人は、それ以上に、120Hzのリフレッシュレート、ProMotionではない感じのほうが気になるかなと。iPhone 13 Proが、ProMotionに対応しました。iPad miniでも対応して欲しかったところですね。

Smart Folioで「線がつく」

Smart Folioで閉じると「線がつく」感じになってしまいますね。

これは、紙などを挟むか、アンチグレアのフィルムを貼るかすると良さそうです。

いまいちなところがあるけれども。

iPad mini6のディスプレイ
iPad mini6のディスプレイ

このようにいまいちだなと感じるところもあるのですが、

コンパクトで軽くて速くて、Apple Pencilが使える

iPad mini6の、コンパクトで軽くて速くて、Apple Pencilが使えるという点は、とても気に入っています。

8.3インチとコンパクトながら、速度が速いハイエンドのタブレットはなかなかないですよね。

ということで、コンパクトなハイエンドのタブレットが欲しい方に、iPad mini6は良いですね。

スポンサーリンク

iPad mini6の主なスペック、仕様

iPad mini6
チップ A15 Bionicチップ
6コアCPU
5コアグラフィックス
16コアNeural Engine
ストレージ 64GB、256GB
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載8.3インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,266 x 1,488ピクセル解像度、326ppi
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencil(第2世代)に対応
カメラ 2MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
パノラマ(最大63MP)
スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
FaceTime HDカメラ 12MP超広角フロントカメラ、122°視野角
ƒ/2.4絞り値
スマートHDR 3
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
Touch ID iPadのロック解除
アプリ内での個人データ保護
iTunes Store、App Store、Apple Booksでの購入
サイズ 195.4mm×134.8mm×6.3mm
重さ Wi-Fiモデル:293 g、Wi-Fi + Cellularモデル:297 g
カラー スペースグレイ、ピンク、パープル、スターライト
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ