iPhone、2020年にノッチ廃止・穴あきディスプレイ採用?

スポンサーリンク

最近のiPhoneというと、ノッチ、切り欠きですよね。

この切り欠きが、2020年に登場するiPhoneにはなくなるのかもしれません。

iPhoneのノッチ、気になると言えば、気になりますよね。これが、どう変わるのでしょうか。

スポンサーリンク

iPhone、2020年にノッチ廃止・穴あきディスプレイ採用?

iphone2020

2020年のiPhoneは、ノッチがなくなって、フロントカメラはディスプレイに埋め込まれる?

上の写真のような、ノッチがなくなって、画面にフロントカメラが埋め込まれるようになるのかもしれません。

Galaxy S10などが、こんな感じになると言われていますよね。

 

iPhoneも、2020年には、似たような感じになるのかもしれません。

ノッチ、フロントカメラなどをどうするか、各社改良をしていこうとしていますよね。

スライド式のVivoのスマホなどもあります。

ノッチがなくなって、パンチホール式に?

結局、スマホのフロントカメラなどは、どういう形が主流になるのか。

上の写真のようなホールパンチになるのか、スライド式になるのか。個人的には、スライド式のほうが、気にならなくて良いと思いますが、どうなるでしょうね。

2019年のiPhoneはSamsungのタッチ一体型フレキシブルOLEDパネル採用?

その場合は、指紋認証をディスプレイ埋め込み式にしておいてもらえると、便利そうですよね。

 

iPhoneが、ノッチを採用して、ノッチが流行ったというのがあります。

そうなると、iPhoneが採用した形が主流になるというのはあるかもしれません。

そう考えると、iPhoneが、ホールにすると、他も一斉にホールに流れるというのはありそうですね。もちろん、その前に各社から登場してきているので、2019年も、変化がありそうですが。

 

2019年のスマホは、このフロントカメラなどの話と、メインカメラが、トリプルカメラやクアッドカメラになるのかというのが、話題になるのかもしれませんね。

その中で、iPhoneは、どう変わるのか、それとも変わらないのか。2020年のiPhoneも気になりますが、2019年のiPhoneも、どうなるのかも気になるところですね。