「iPhone SE(第3世代)」が2022年前半に発売?A14チップ搭載、5G対応?

\ ★スマホのまとめなど /

「iPhone SE(第3世代)」。

「iPhone SE(第3世代)」が2022年前半に発売という話が出てきています。

ということで、紹介しておきます。

スポンサーリンク

「iPhone SE(第3世代)」が2022年前半に発売?

iPhone SE
iPhone SE

DigiTimes

2022年前半に発売?A14チップ搭載、5G対応?

DigiTimesによると、Appleが来年2022年上半期に、4.7インチのエントリーレベルのiPhoneであるiPhone SEを更新する予定とのことです。

A14バイオニックプロセッサ搭載で、5G対応になるということです。

これによってTSMC傘下のXintecなどチップ製造各社にとって新たなビジネスチャンスになるとのことです。

ミンチー・クオ氏も

アナリスト、ミンチー・クオ氏が2021年7月にレポートしていた話と同様のものとなっています。

次期「iPhone SE 3」2022年前半に発売、5G対応iPhoneとして最安値に?

クオ氏によると、5G対応のiPhoneとしては最も安くなるということです。

デザインも変わらないということで、ということだと、Touch IDホームボタンも搭載ということになりますね。

スポンサーリンク

デザインは変わらず?

新型「iPhone SE3」は、デザインが変わるという話もありましたが、このところ、2022年の「iPhone SE3」はiPhone SE2とデザインは変わらないという話が出てきています。

これは、「iPhone 13」で、ディスプレイ内蔵の指紋認証が搭載されないのではという話と関係があるわけでもないのかもしれませんが、AppleはiPhoneに、新しい指紋認証ボタンなどを急いで搭載するつもりはないということなのかもしれませんね。

指紋認証を使いたいなら、iPhone SE2もしくは来年の「iPhone SE3」を使ってもらえればと考えているのかもしれません。

個人的には、iPad Air 4のような、ボタン内蔵のTouch IDがiPhoneに搭載されると、マスクをしているときに便利だと思うのですけれど。

「iPhone 13」の指紋認証機能搭載はあるのかなども含めて、iPhone SE3もどうなるのか気になるところです。