「iPhone 12」の「A14 Bionic」プロセッサは5nmプロセスを採用?モデムチップにQualcommの「Snapdragon X55」を搭載?

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

2020年のiPhone「iPhone12」。

そのCPUの「A14 Bionic」プロセッサは5nmプロセスを採用という話が出てきました。

そして、モデムも5Gに対応するようです。

「iPhone12」は全モデルが5Gに対応?「iPhone SE 2 Plus」が2021年に登場?

 

スポンサーリンク

「iPhone 12」の「A14 Bionic」プロセッサは5nmプロセスを採用?モデムチップにQualcommの「Snapdragon X55」を搭載?

iPhone 12
iPhone 12

中時電子報

「iPhone 12」の「A14 Bionic」プロセッサは5nmプロセスを採用?

中時電子報によると、次期iPhone、「iPhone 12」には、より強力な「A14 Bionic」プロセッサを搭載し、Qualcommの「Snapdragon X55」モデムチップが採用されて、5G通信に対応するとのこと。

「A14 Bionic」プロセッサは5nmプロセスを採用し、「Snapdragon X55」は7nmプロセスを採用するとのことです。

 

5Gの対応もですが、プロセッサが5nmということで、さらに速くなりそうですね。

スポンサーリンク

「iPhone12」は、4モデル?

Appleは、5.4インチおよび6.1インチOLEDパネルを搭載した「iPhone 12」、6.1インチOLEDパネルを搭載した「iPhone 12 Pro」、6.7インチOLEDパネルを搭載した「iPhone Pro Max」を含む4台のiPhone 12を発売する予定ということです。 iPhone 12 Pro / Pro Maxには3つのレンズが搭載されるとのこと。

5.4インチの「iPhone12」が新たに登場するようです。

また、すべてのApple iPhone 12シリーズにはA14アプリケーションプロセッサが搭載されており、TSMCの5nmプロセスを使用して大量生産されるとのこと。2020年の第2四半期末に大量生産が開始されるということです。

CPUに違いはないようですね。

2020年のiPhone、「iPhone 12」は、4モデルになるのでしょうか。小さいモデルが欲しいという需要はあると思うので、そのあたりを考えてのことなのか。