「iPhone 12 Pro」のカメラやバッテリー容量などの一部仕様?6,400万画素カメラ搭載、バッテリーは10%大型化?

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

2020年の「iPhone 12 Pro」、どうなるのか気になりますよね。

「iPhone 12 Pro」のカメラやバッテリー容量などの一部仕様が、試作機からわかったという話が出てきています。

 

「iPhone 12 Pro」のカメラやバッテリー容量などの一部仕様?6,400万画素カメラ搭載、バッテリーは10%大型化?

iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro

「iPhone 12 Pro」の一部仕様?6,400万画素カメラ搭載、バッテリーは10%大型化?

EverythingAppleProが、XDA-DevelopersのMax Weinbach氏の協力で、次期「iPhone」「iPhone 12 Pro」の仕様に関する情報を投稿しています。

それらをまとめると、

「iPhone12 Pro」のプロトタイプには、6,400万ピクセルのカメラが搭載されており、センサーはソニー製

「iPhone12 Pro」の超広角カメラには、新設計のレンズが採用されて取り込める光量が従来より35%多くなるほか、被写体に2.2センチまで接近して撮影できるマクロモードも搭載

インカメラもナイトモードに対応する計画がある

スマートHDRのアルゴリズムも改善される

「iPhone12 Pro」には、iPhone11 Pro Maxから10%大容量化された4,400mAhのバッテリーを搭載

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzに

5G対応

といったところです。

スポンサーリンク

果たしてどこまで搭載されるのか

どこまで搭載されるでしょうね。

5Gに対応やリフレッシュレートの改善などはありそうですよね。バッテリーも、増えるのかもしれません。

あとは、カメラの改善ですよね。マクロモードが搭載されると便利かなと思います。

 

「iPhone 12 Pro」のスペック、仕様も気になりますが、あとはデザインですよね。デザインがどこまで変わるのか。

大きく変わると、5Gへの対応含めて、買い替えが進むかもしれませんね。