2020年の次期iPhone「iPhone 12」シリーズ、デザインは共通でリアカメラのレンズ数だけ異なる?

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

2020年のiPhone、これまでも、色々と噂が出て来ています。

そんな中、2020年の次期iPhone「iPhone 12」シリーズ、デザインは共通でリアカメラのレンズ数だけ異なるようになるという話が出て来ています。

iPhone 11のようなものは登場しないということでしょうか。

 

スポンサーリンク

2020年の次期iPhone「iPhone 12」シリーズ、デザインは共通でリアカメラのレンズ数だけ異なる?

iphone12
iPhone12

Macお宝鑑定団Blog

「iPhone 12」シリーズ、デザインは共通?

これまでは、iPhone 11のように、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」などでデザインが変わるという噂でしたね。

しかし、本体の厚みは7.4㎜前後、ディスプレイ周りのベゼルの幅は2㎜で、共通したデザインである可能性が高くなっているということです。

また、全てのモデルが有機ELディスプレイを採用する可能性があり、TrueDepthカメラは引き続き採用されるようでうs。

各モデルの高さとレンズ数は下記の通りです。

【5.4インチモデル】
・高さはiPhone SE(123.8㎜)とiPhone 8(138.4㎜)の中間くらい
・2眼カメラ

【6.1インチモデル】
・高さはiPhone 11(150.9㎜)とiPhone 11 Pro(144.0㎜)の中間くらい
・2眼カメラ

【6.7インチモデル】
・高さはiPhone 11 Pro Max(158.0㎜)よりもわずかに高くなる
・3眼カメラ(センサーサイズが大きくなる可能性も)

 

有機ELディスプレイを採用するために、デザインは変えない・同じになるということなのかもしれません。

6.7インチモデルのみ、トリプルレンズで、5.4インチと6.1インチはデュアルカメラということのようです。

5.4インチモデル、6.1インチモデル、6.7インチモデルは底面のマイク穴の数が全て異なっているとのこと。

スポンサーリンク

「iPhone 12」シリーズ、どうなるのか?

仮に、カメラが6.7インチモデルのみ、トリプルカメラということになると、iPhone 11シリーズよりも、価格を下げようということなのでしょうか。

個人的には、デザインが共通なら、6.1インチモデルにも、トリプルカメラを搭載して欲しいところです。

あとは、軽くして欲しいですよね。バッテリーを増やしたからか、iPhone11シリーズは重くなっているので。