「iPhone 13 Pro」は超広角が可変フォーカスに?

スマホなどのまとめ

2021年のiPhone「iPhone 13」。

その「iPhone 13 Pro」では、超広角が可変フォーカスになるのかもしれません。

ミン=チー・クオ氏が予想しています。

スポンサーリンク

「iPhone 13 Pro」は超広角が可変フォーカスに?

iPhone12Pro
iPhone12Pro

Apple Insider

超広角が可変フォーカスに?

iPhone 13 Proシリーズでは、超広角カメラがアップデートされ、現在のf/2.4絞り値、5枚構成の固定焦点レンズが、f/1.8絞り値、6枚構成の可変焦点レンズに変わると予想しています。

超広角のカメラが改善されるということのようです。

また、2022年のiPhone 14シリーズでは、全てこの新しい超広角カメラに変わると予想しているそうです。

スポンサーリンク

カメラが改善される

2021年、2022年も、カメラは改善されるのでしょうね。

超広角カメラが改善される可能性は高そうですよね。まだ登場して間もないですから。

個人的には、もう少し光学ズームができると良いと思いますね。光学5倍ぐらいまでになったら、日常で遠いところも簡単にきれいに撮影できて良いですよね。