「iPhone13」のディスプレイ内蔵Touch IDの認識範囲は広く、動作も速く?

スマホなどのまとめ

2021年のiPhone、「iPhone 13」。

ディスプレイ内蔵Touch IDが搭載されるという噂があります。

そのディスプレイ内蔵Touch IDは、認識範囲は広く、動作も速いという話が出てきています。

↓ 動画はこちら

スポンサーリンク

iPhone13のディスプレイ下埋込み型Touch IDの認識範囲は広く、動作も速い

Touch ID
Touch ID

ディスプレイ内蔵Touch IDは、認識範囲は広く、動作も速い?

リーカーのマクガイア・ウッド氏がTwitterに投稿しています。

「13シリーズのTouch IDとFace IDを楽しみにしています。

Androidのフラッグシップよりも大きく、応答領域が広いので、次のAシリーズチップセットのおかげで高速化されているので、本当にしっかりしたものになりそうです。

人々は正直にFace IDよりもそれを使用するつもりだと思っている」

ということで、Androidよりも、認識範囲が広く、新しいAチップのおかげで高速化されているということです。

スポンサーリンク

ディスプレイ内蔵Touch IDは、使いやすいものに

認識範囲が広く、認識が速いということだと、使いやすいものになりそうですよね。

Androidにもすでに、ディスプレイ内蔵の指紋認証はありますが、認識範囲は大きくはなく認識は速くはないというのありますね。

これらよりも、改善されたものが搭載されるとしたら、「iPhone 13」良いですよね。