「iPhone14 Pro」の背面カメラは4,800万画素?新型5Gモデムでバッテリー消費や通信速度、電波強度改善?

\ ★スマホのまとめなど /

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

2022年のiPhone「iPhone 14」。

その「iPhone14 Pro」の背面カメラは4,800万画素になるのかもしれません。

また、「iPhone14」シリーズにはQualcommの新しい5Gモデムが搭載され、バッテリー消費、通信速度、電波強度が改善されるという話も。

スポンサーリンク

「iPhone14 Pro」の背面カメラが4,800万画素?新型5Gモデムでバッテリー消費や通信速度、電波強度改善?

 

「iPhone14 Pro」の背面カメラが4,800万画素?

アナリストのミンチー・クオ氏が、こんなツイートをしています。

「14 Pro/Pro Maxのリアカメラがより大きく、より目立つようになった主な理由は、ワイドカメラを48MPにアップグレードしたことです(13 Pro/Pro Maxの12MPに対して)。48MP CISの対角線の長さは25-35%増加し、48MPの7Pレンズの高さは5-10%増加することになる。」

ということで、広角カメラを48MPにアップグレードするということですね。

そして、iPhone13 Proシリーズの1,200万画素広角カメラと比べてイメージセンサーの対角線が25%〜35%長くなり、7P(プラスチックレンズ7枚構成)レンズの高さが5%〜10%増すことで、リアカメラ部が大きくなるとのことです。

「iPhone14 Pro」シリーズは、カメラがさらに目立つようになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

新型5Gモデムでバッテリー消費や通信速度、電波強度改善?

Cult of Mac によると、

「iPhone14」シリーズには、Qualcomm Snapdragon X65 5Gモデムが搭載され、バッテリー消費、通信速度、電波強度が改善されるとのことです。

バッテリー消費が改善するのは良いですよね。さらにバッテリー持続時間が伸びたりするのかもしれません。

通信速度、電波強度も改善ということで、5Gモデムで、「iPhone14」シリーズは、通信関連も改善されそうですね。

 

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ