「iPhone14」チップセット、カラー、スペックなど?「iPhone14 Pro」のパープルは?

\ ★スマホのまとめなど /

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

Appleの2022年のiPhone、「iPhone14」シリーズ。

その「iPhone14」シリーズのカラー、チップセットやスペック、また、「iPhone14 Pro」のパープルの色などについての噂が出てきています。

McGuire Wood氏がツイートしています。

スポンサーリンク

「iPhone14」のチップセット、カラー、スペックなど。「iPhone14 Pro」のパープルは?

iPhone 13
iPhone 13

チップセット

まず、チップセットについてですが、

「14 Pro/Pro MaxのA16は、より優れた熱管理システムにより、テストボード上で数パーセント高い数値でテストされているのが確認されています。私が知る限り、ほとんどがソフトウェアですが、14P/PMはシャーシの変更でこれを可能にしているのかもしれません。画像では分かりにくいのですが。」

ということで、A16は、数パーセント性能がアップしているということですね。そこまで大きな改善ではないのかもしれません。

「iPhone14」のカラー

「iPhone14」のカラーについて、

 

「iPhone 14は、グリーン、パープル、ブルー、ブラック、ホワイト、レッド。(ピンクは聞くところによるとパープルに変更)。

iPhone 14 Pro/Pro Maxは、グリーン、パープル、シルバー、ゴールド、グラファイト。パープルはシエラブルーの代わりとなるそうです」

iPhone14、iPhone14Proともに、パープルがあるということですね。iPhone14ではピンクがパープルに、iPhone14 Proではシエラブルーがパープルに変わるということです。

常時表示について

また、常時表示、Always on Displayについては、

iPhone14 Proシリーズの常時点灯ディスプレイは、Xcode14ベータ4から見つかったとされているものと同じで、Apple Watchのナイトスタンドモードに似ているということです。

ボディ素材、昨年と同じ

また、ボディの素材について

「ボディ素材も昨年と同じです。チタン製のハウジングオプションは試作されましたが、実際に基板やディスプレイなどが搭載された試作品は見たことがありません。加工が難しく、コスト的にも厳しいと判断したのでしょう。」

チタンではないということですね。

ストレージ容量は?

そして、ストレージ容量は

「ストレージのオプションも同じで、その点では大きな変化はないと思われます。カメラレンズは、どこのサプライヤーかは確認できませんが、実は別のサプライヤーです。14ベース用のBOEディスプレイは大量生産され、すぐに使える状態になっています。」

ストレージの容量は変わらないということです。

また、14用のBOEディスプレイは大量生産されているということです。

ホールパンチ

ホールパンチについて

「ホールパンチ・ディスプレイ・パネルは、予想通り奇妙に見えますが、非常に重要なものです。昨年と同じ技術ですが、新しいFace IDの切り欠きは、将来的にいくつかの楽しいソフトウェアの変更の話があることを意味します。その方面にも注目していきたい。」

将来的に新しいアップデートがあるようです。何が改善されるのでしょうか。

スポンサーリンク

MagSafe

「Gorilla Glass Victus、そこに大きな変化はありません。ワイヤレス充電コイルは、適切なRWCを行う能力を持つようになりますが、発売時にはありません。iOS 16.5が私の最善の見積もりです。MagSafeのマグネットは若干強くなりますが、大きな変更はありません。新しいMagSafeバッテリーはより大きくなり、より重くなりました。」

MagSafeのマグネットは少し強くなるようですが、大きな変化ないということです。

「充電サイクルの最初の少しは30W以上のブリックで30Wの充電ができます。27-25Wに低下(熱に依存)するので、結果は異なる場合があります。この有線に注意してください。ワイヤレスはそのままです。」

有線では30Wの充電ができるようです。ワイヤレス充電は変わらないようです。

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ