「iPhone14 Pro」ピル型+パンチホールに?カメラは4,800万画素?

\ ★スマホのまとめなど /

2022年のiPhone「iPhone 14」。

「iPhone14 Pro」が、ピル型+パンチホールになるという噂が出てきています。

また、メインカメラは4,800万画素になるのかもしれません。

スポンサーリンク

「iPhone14 Pro」ピル型+パンチホールに?カメラは4,800万画素?

MacRumors

「iPhone14 Pro」ピル型+パンチホールに?

DSCCの最高経営責任者(CEO)であるロス・ヤング氏がツイートしています。

「私たちは今、AppleがiPhone 14 ProとPro Maxモデルで穴+ピルのデザインを採用すると考えています。小さい穴は見えなくなることはありません…2つの穴のコンセプトは、Huaweiからのすべてのピルモデルに似ていない、ノッチのようにAppleに固有のものになります…それらの新しいレンダリングを見てみましょう。」

ということで、ピル型とパンチホールのフロントになるということです。

穴が2つになるという感じなのかもしれません。

Touch IDは搭載しない?

また、Touch IDは、今年は搭載しないだろうということです。

カメラは4,800万画素?

また、9to5Mac によると、「iPhone14 Pro」のメインカメラは、4,800万ピクセルのイメージセンサーが搭載されると、調査会社TrendForceが伝えています。

「iPhone14 Pro」が、4,800万画素のカメラを搭載するという予測は、アナリストのミンチー・クオ氏も以前伝えていました。

最新の推測では、Appleは48MPモードと12MPモードの両方をサポートし、明るい状態で48MPの画像を取得し、より低い光で12MP画像を取得できるようになるようです。

スポンサーリンク

「iPhone14 Pro」はA16搭載、「iPhone 14」「iPhone14 Max」はA15を搭載?

経済日報 によると、調査会社Isaiah Researchが、「iPhone14 Pro」モデルには新しいA16 Bionicが搭載されますが、「iPhone14」と「iPhone14 Max」には改良されたA15 Bionicが搭載されると予想しているということです。

5nmプロセス「N5」で製造される、改良されたA15 Bionicが搭載されるということです。

iPhone 13シリーズでは、一応、最新のチップが全てのモデルで搭載されていましたが、これが変わるのかもしれません。

「iPhone 14」シリーズは、結構変わりそうですね。

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ