2023年「iPhone15」シリーズの8つの噂まとめ

\ ★スマホのまとめなど /

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

2023年のiPhone、「iPhone15」シリーズ。

その「iPhone15」シリーズについて、8つの噂をMacRumorsがまとめています。

ということで、今回は、「iPhone15」シリーズの噂についてです。

スポンサーリンク

2023年「iPhone15」シリーズの8つの噂

iPhone 14
iPhone 14、iPhone14 Plus

MacRumors

USB-Cポートの搭載

「2023年にはiPhoneのLightningポートが終了し、AppleはUSB-Cに移行すると予想されています。つまり、最新のMac、iPad、iPhoneをすべて同じコネクタで充電できるようになります。

ヨーロッパで販売されるiPhoneは2024年までにUSB-Cポートを搭載する必要があるため、Appleは世界規模でデザインを変更するか、ヨーロッパ向けの特別なiPhoneを作る必要があります。

Appleは現地の規制に従うことを確認しており、噂ではAppleは2023年に変更するとしています。」

USB-C搭載iPhoneと変換アダプタをAppleがテスト中

ということで、「iPhone15」にUSB-Cを搭載するだろうということです。すべてのモデルがUSB-Cになるのかどうかというのは気になるところですが、EUで2024年までにUSB-Cを搭載する必要があるので、EUではすべてUSB-Cになるのかもしれません。

サイドボタンと音量ボタンが感圧式に

「AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、先日、AppleがiPhone 15に物理ボタンではなく、MacのトラックパッドやiPhone 7のホームボタンのようなソリッドステートのボリュームボタンと電源ボタンを追加するかもしれないと述べています。触覚フィードバックは、ソリッドボタンのボタンを押した感触を模倣し、機械的なボタン押しに取って代わるでしょう。

ソリッドステートボタンを使用することで、水の浸入から保護される可能性が高く、Appleはより優れた耐水性を提供できるようになる可能性があります。ボタンに触覚フィードバックを使用するには、Appleが新しいTaptic Enginesを追加する必要があります。」

ボタンが物理ボタンではなくなるのかもしれません。触覚フィードバックを行う「ボタン」になるのかもしれません。

Dynamic Islandが全モデルに

Dynamic Islandが全モデルに搭載されるということです。

iPhone14シリーズでは、Proモデルのみでしたが、「iPhone15」「iPhone15 Plus」にもDynamic Islandが搭載されるということのようです。

同じサイズ

サイズは、iPhone14シリーズと同じということです。

「「iPhone 15」と「15 Pro」は6.1インチで、「iPhone 15 Plus」と「Pro Max」は6.7インチになります。」

ということで、miniが登場したり、他のサイズが登場したりということはなさそうということです。

ペリスコープレンズ技術

「Appleがペリスコープレンズ技術に取り組んでいるという話は、もう何年も前から聞いていますが、2023年はそれが導入される年になるかもしれません。すでに一部のAndroidスマートフォンメーカーで採用されているペリスコープレンズは、標準的な望遠レンズのズーム域を超える光学ズーム機能を備えています。

潜望鏡レンズがあれば、Appleは現行のiPhone 14 Proモデルの3倍から、5倍、あるいは10倍の光学ズームを提供できる可能性があります。」

ということで、ペリスコープレンズを搭載するかもしれないということです。

「iPhone15 Pro」カメラが光学10倍ズーム搭載?

10倍の光学ズームを搭載するという噂がありますね。そうなると、かなり良いですよね。

「AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏はすでに、潜望鏡レンズは最も大きなiPhoneに限定される可能性があると述べています。」

「iPhone15 Pro Max」に搭載という噂があるわけですが、iPhoneはカメラのズームがあまり強くないので、大きな改善になります。期待したいですね。

名称変更?Pro MaxがUltraに?

「BloombergのMark Gurman氏は、AppleがiPhone 15の「Pro Max」バージョンを新しいハイエンド「Ultra」モデルで置き換えるかもしれないと述べています。これはApple Watch Ultraと同じで、潜望鏡レンズ技術のように、特定の機能を最高級のiPhoneに限定する口実をAppleに与える可能性があります。」

マーク・ガーマン氏が、Pro MaxがUltraという名前になるかもとしていますね。名前が変わるのかもしれません。

3ナノメートルA17チップ

iPhone 15 Proのモデルは、AppleのサプライヤーであるTSMCの3ナノメートルチップを初めて搭載するかもしれないということです。

3nmのチップテクノロジーは、処理性能を10〜15%向上させるとともに、消費電力を最大30%削減することが期待されるとのこと。

消費電力が結構削減されるのかもしれません。そうなると、バッテリー持ちが改善されるでしょうから、そうなったら良いですよね。もうちょっとバッテリーが持つと良いと思うので。

また、A17もiPhone14シリーズと同様にiPhone 15 Proに限定されると予想されるとのことです。標準的なiPhone 15モデルは、前世代のA16にアップグレードされるかもしれないとのこと。

スポンサーリンク

より多くのRAM

iPhone 15 Proモデルは、潜望鏡レンズ技術などの新機能をサポートするためか、6GBから8GBのRAMが搭載される可能性があるそうです。

メモリが増えるのかもしれませんね。

2023年「iPhone15」シリーズの噂

「iPhone15」シリーズの噂

・USB-Cに
・ボタンが感圧式に
・Dynamic Islandが全モデルに
・ペリスコープカメラが搭載
・光学10倍(iPhone 15 Pro Max)
・3ナノメートルのA17チップでバッテリー持ち改善

こういったところが改善されるのかもしれません。

デザイン、見た目も変わるという噂もありますね。こうなるとしたら、結構変わりそうですよね。

「iPhone15」シリーズ、期待したいところですが、どうなるか今後の情報が気になるところです。

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ