「M1」チップ搭載の新型「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」「Mac mini」を発表

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

Appleが、「M1」チップ搭載の新型「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」「Mac mini」を、2020年11月11日(水)(日本時間)に発表しました。

Apple Silicon「M1」チップを搭載した、新型のMacを発表しました。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ

Mac mini

 

「M1」チップ搭載の新型「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」「Mac mini」のスペック仕様。比較

スポンサーリンク

「M1」チップ搭載の新型「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」「Mac mini」を発表

Mac
M1チップ搭載のMac

M1チップ搭載

どのモデルも、M1チップを搭載しています。

M1チップ
M1チップ

パフォーマンス、パワフルな機能、そして驚くような電力効率を持ったM1は、AppleがMacのために設計した初めてのチップということです。

M1は、4つの高性能コアと4つの高効率コアで構成された8コアCPUを搭載しています。それぞれの高性能コアは、可能な限り効率的に動作しつつ、シングルスレッドのタスクに業界トップレベルのパフォーマンスを発揮します。高性能コアは省電力シリコンとしては世界最速のCPUコアとのこと。

新型「MacBook Air」

MacBook Air
MacBook Air

新型「MacBook Air」は、「M1」チップの搭載により、CPUは最大3.5倍、GPUは最大5倍高速化されています。「ニューラルエンジン」により機械学習のパフォーマンスが前世代に比べ最大で9倍高速化されており、搭載されるSSDのパフォーマンスも最大2倍高速化されています。

また、冷却ファンを搭載せず、バッテリー駆動時間はこれまでで最も長く、最大15時間のワイヤレスインターネットや最大18時間の動画再生が可能となります。

カメラ性能やRetinaディスプレイの品質もアップデートされていす。

価格は999ドル(104,800円(税別))からとなり、本日より注文受付が開始され、11月17日に発売です。

MacBook Air

新型「MacBook Pro」13インチ

MacBook Pro
MacBook Pro 13インチ

新型「MacBook Pro 13インチ」は、「M1」チップの搭載により、CPUは前世代のモデルに比べ最大2.8倍、GPUは最大5倍もパフォーマンスが向上しています。「ニューラルエンジン」により機械学習のパフォーマンスが前世代に比べ最大で11倍高速化されており、Thunderbolt/USB 4ポートを2つ搭載しています。

また、アクティブ冷却システムを搭載し、バッテリー駆動時間は最大17時間のワイヤレスインターネットや最大20時間の動画再生が可能とのこと。

価格は1,299ドル(134,800円(税別))からとなり、本日より注文受付が開始され、11月17日に発売です。

MacBook Pro 13インチ

新型「Mac mini」

Mac mini
Mac mini

新型「Mac mini」は、「M1」チップの搭載により、CPUは前世代のクアッドコアモデルに比べ最大3倍、GPUは最大6倍パフォーマンスが向上しています。「ニューラルエンジン」により機械学習のパフォーマンスが前世代に比べ最大で15倍高速化されており、Thunderbolt/USB 4ポートを2つ搭載しています。

価格は前世代より100ドル値下げされた699ドル(72,800円(税別))からとなり、本日より注文受付が開始され、11月17日に発売です。

Mac mini

スポンサーリンク

「M1」チップ搭載の新型Macが発表

「M1」チップ搭載の新型Macが発表されました。

2020年中に発売ということでしたが、いよいよ登場しますね。

M1チップは速いということが、強調されています。どこまで速いのか体感したいところですね。

ということで、Appleが、「M1」チップ搭載の新型「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」「Mac mini」を発表しました。デザインなどはほとんど変わらず、主にCPUのアップデートだけという形ではありますが、その性能に期待したいところです。

スポンサーリンク