M1チップ MacBook AirとMacBook Pro13インチ(2020)、どっちがいい?比較

スマホなどのまとめ

M1チップを搭載したMacが2020年11月に発売されました。

MacBook AirとMacBook Pro13インチ、Mac miniですね。

「M1」チップ搭載の新型「MacBook Air」「MacBook Pro 13インチ」「Mac mini」のスペック仕様。比較

Mac miniはデスクトップなので、M1チップ搭載のMacをデスクトップで使いたい人は、Mac miniということになりますね。iMac 24インチも発売されます。

ノートパソコンとして、MacBook AirとMacBook Pro13インチだとどちらを選ぶかというところでしょう。

ということで、M1チップ搭載のMacBook AirとMacBook Pro13インチは、どっちがいいのかスペックなどを比較しておきます。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ

ちなみに、わたしは、MacBook Airを選びました。デスクトップは、M1チップのMac miniです。

MacBook Air(M1、2020)スペースグレイを購入。開封写真。簡単な感想レビューなど

M1チップ搭載のMac mini(M1、2020)を購入。開封写真と、簡単な感想レビューなど

スポンサーリンク

M1 MacBook AirとMacBook Pro13インチ(2020)、どっちがいい?比較

Mac
M1チップ搭載のMac

M1チップ、MacBook Airの下位モデルは、GPUが7つのコア

M1チップ
M1チップ

M1チップ、MacBook Airの下位モデルは、GPUが7つのコアとなっています。

MacBook Pro 13インチは、8コアのGPUですね。

ここが違っています。

ちなみに、ベンチマークは以下のようになっています。ほとんど同じです。この値は、IntelのMacBook Pro (16-inch Late 2019)よりもいい数値です。

m1-mac-benchmark
m1-mac-benchmark

メモリは16GBのほうが良い

メモリは、16GBにしておくと良いですね。

8GBでも、ネットを見るくらいなら問題ないのですが、アプリをたくさん立ち上げるなどするなら、メモリは16GBにカスタマイズしたほうが良いと思います。

16GBでも、ときどき動作が重いというか不安定になる感じあるので。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ

重さ

MacBook Air 1.29キログラム

MacBook Pro 13インチ 1.4キログラム

 

100グラムほどの違いです。MacBook Airのほうが、100グラム軽いですね。

そこまで大きな違いではないのですが、やはり軽いです。持ち歩く人には、MacBook Airのほうが良いと思います。

また、デザインと相まって、MacBook Airは軽く感じられるというのもありますね。

Touch Barがいるなら、MacBook Pro 13インチ

Touch Bar
Touch Bar

また、Touch Barがいるなら、MacBook Pro 13インチですね。

不要なら、MacBook Airになりますね。

MacBook Airは、ファンクションキーとTouch IDボタンです。

Touch Barは便利ですが、ないならないで問題ないかなと、個人的には思います。

ディスプレイの違い

ディスプレイの違いですが

MacBook Airは、400ニトの輝度

MacBook Pro 13インチは、500ニトの輝度

ということで、輝度が違いますが、そこまで変わるという感じではないですね。

どちらも13.3インチなので、ほぼ変わらないかと思います。

バッテリー

MacBook Airは、最大15時間のワイヤレスインターネット

MacBook Pro 13インチは、最大17時間のワイヤレスインターネット

となっています。

 

2時間ほどの違いがありますね。

バッテリーの時間が長いほうが良い人は、MacBook Pro 13インチになります。

とはいえ、MacBook Airも意外とバッテリーが持つので、よほどでない限りは、MacBook Airで良いのではないかと思います。

個人的には、MacBook Airでも十分持つ感じがしています。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ

付属の電源アダプタの違い

バッテリーもなのですが、付属の電源アダプタが違っています。

MacBook Air 30W USB-C電源アダプタ

MacBook Pro 13インチ 61W USB-C電源アダプタ

となっています。

 

このため、MacBook Airは、付属のアダプタだと、少し充電時間に時間がかかるというのはありますね。

充電時間を短くしたい方は、市販のアダプタを購入するか、Appleの61W USB-C電源アダプタを購入するというのもありかもしれません。

価格の違い

MacBook Air 104,800円(税別)、129,800円(税別)

MacBook Pro 13インチ 134,800円(税別)、154,800円(税別)

市販のモデル、カスタマイズしていないものだと、2〜3万円ほどの違いでしょうか。

M1 MacBook Airの上位モデルと、MacBook Pro 13インチの下位モデルが5,000円ほどの違いです。同じCPUで、ですね。ストレージが違いますが。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ

M1 Mac、大丈夫?ソフト、アプリは動く?

この記事を執筆時点(2021年2月)で、わたしが使いたいアプリは、とりあえず問題なく動いていますね。

Appleのアプリは問題ありません。

少しずつM1チップに対応したアプリも登場しています。

ダメなら、Rosetta2で動かすというのもありますね。

 

とはいえ、自分が使いたいアプリが、M1 MacBookで使えるのかは、検索して調べたほうが良いでしょう。しかし、ネットや文章を書くぐらいなら、とくに問題はないのではないでしょうか。

アプリ開発などだと、また話は違ってくると思いますが。

おすすめは?おすすめの構成などは?

MacBook Air
MacBook Air

M1のMacBook Airの上位モデルを選んで、予算に余裕があれば、メモリを16GBにするのが良いのではないかと。

149,800円(税別)

ですね。

M1チップ
16GBメモリ
512GB SSD

で、この価格なら良いですよね。

あとは、ストレージを自分に必要な分増やすか、予算によっては、メモリを減らすとかでしょうか。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ

大きな違いはないので、MacBook Air(M1 2020)の上位モデルで

MacBook AirとMacBook Pro 13インチは、そこまで、大きな違いはないので、予算に合わせて購入するというか、よほどこだわらないなら、MacBook Airで十分なのではないかと、個人的には思いますね。

以前は、かなり差がありましたが、現在は、ほとんど変わらなくなっていますね。

こだわりがないなら、MacBook Air(M1 2020)の上位モデルで、16GBのメモリにしておけば、とくに問題はないのではないでしょうか。

わたしは、MacBook Air(M1 2020)の下位モデルを使っていますが、ネットを見るぐらいなら、まったく不満はありません。個人的には、とても満足しています。あとはもう少し重量が軽いとうれしいところですが。

一方で、重い処理をさせる場合は、M1のMac miniで、メモリ16GB、1TBのSSDでしていますが、これでも遅いと感じる処理もありますし。

スポンサーリンク

スペック比較

MacBook Air(M1 2020) MacBook Pro 13インチ(M1 2020)
CPU Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
最大8コアのGPU
16コアNeural Engine
Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
8コアのGPU
16コアNeural Engine
ディスプレイ IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)
LEDバックライトディスプレイ
Retinaディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル
400ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)
LEDバックライトディスプレイ
Retinaディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
メモリ 8GB
16GB
8GB
16GB
ストレージ 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
カメラ 720p FaceTime HDカメラ 720p FaceTime HDカメラ
オーディオ ステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
3.5mmヘッドフォンジャック
ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ
3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード バックライトMagic Keyboard:
12個のファンクションキー、4つの矢印キー(逆T字型配列)を含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)
Touch IDセンサー
環境光センサー
カーソルを正確にコントロールできる、圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド
(強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、Multi-Touchジェスチャーが利用可能)
バックライトMagic Keyboard:
4つの矢印キー(逆T字型配列)を含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)
Touch Bar
Touch IDセンサー
環境光センサー
カーソルを正確にコントロールできる、圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド(強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、Multi-Touchジェスチャーが利用可能)
ワイヤレス 802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
ポート 2つのThunderbolt / USB 4ポート
充電
DisplayPort
Thunderbolt 3(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
2つのThunderbolt / USB 4ポート
充電
DisplayPort
Thunderbolt 3(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
バッテリー 最大15時間のワイヤレスインターネット
最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
49.9Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
30W USB-C電源アダプタ
最大17時間のワイヤレスインターネット
最大20時間のApple TVアプリのムービー再生
58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
61W USB-C電源アダプタ
サイズ 高さ 0.41~1.61 cm
幅 30.41 cm
奥行き 21.24 cm
高さ 1.56 cm
幅 30.41 cm
奥行き 21.24 cm
重量 重量 1.29 kg 重量 1.4 kg
価格 104,800円(税別)、129,800円(税別) 134,800円(税別)、154,800円(税別)