M1チップ搭載のMac mini(M1、2020)を購入。開封写真と、簡単な感想レビューなど

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

M1チップ搭載のMac mini(M1、2020)を購入しました。

Mac mini(2018)からの買い替えのために購入しました。

ということで、開封写真と、簡単な感想レビューなどを書いておきます。

↓ 動画はこちら

↓ MacBook Air(M1、2020)はこちら

MacBook Air(M1、2020)スペースグレイを購入。開封写真。簡単な感想レビューなど

スポンサーリンク

Mac mini(M1、2020)を購入。開封写真と、簡単な感想レビューなど

外箱

外箱
外箱

Mac mini(M1、2020)の外箱。

Appleらしいというか、シンプルな外箱ですね。

Mac miniが見えます。

開封すると、Mac mini本体があって、説明書と、電源コードが入っているだけというシンブルな内容になっています。

Mac mini(M1、2020)本体

Mac mini本体
Mac mini本体

Mac mini本体です。

カラーは、シルバーだけになりましたね。

リンゴマークが大きくあります。

大きさは、20cm×20cmほどです。少し大きなお弁当箱という感じでしょうか。

ポート類など

今回のMac mini(M1、2020)は、USB-Cポートが2つになって減ってしまっています。

これが少し残念で、不便なところですよね。

USB-Cポートは、ハブなどでなかなか増やせないところがあるので、多いほうが良いのですが。

運用でどうにかするという感じになりますね。

ディスプレイ、キーボード、マウスなどが必要

ディスプレイ、キーボード、マウスなどが必要ですね。

Mac mini
Mac mini
キーボードなど
キーボードなど

Mac miniは、こういったものがないと、使えないというのはあります。

MacBookシリーズは、とりあえず買ってくれば使えるので、その点は良いかもしれませんね。

ベンチマーク

GeekBench
GeekBench

GeekBenchのスコアです。

マルチコアで、7500ぐらいですね。これは、MacBook Pro 16インチ(2019)よりも速いです。

SSDの速度
SSDの速度

SSDの速度です。

Writeが3200ぐらいで、Readが2700ぐらいです。

速いですね。

ここまで速いと、メモリはそこまで必要ないというのはあるかもしれません。

MacBook mini(M1 2020)のスペック、仕様

MacBook mini(M1 2020)
CPU Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
8コアのGPU
16コアNeural Engine
ディスプレイ
メモリ 8GB
16GB
ストレージ 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
カメラ
オーディオ スピーカー
3.5mmヘッドフォンジャック
マルチチャンネルオーディオ出力に対応するHDMI 2.0ポート
キーボード
ワイヤレス 802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
ポート 2つのThunderbolt / USB 4ポートで以下に対応:
DisplayPort
Thunderbolt 3(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
アダプタ(別売り)を使用したThunderbolt 2、HDMI、DVI、VGAに対応
USB-Aポート(最大5Gb/s)x 2
HDMI 2.0ポート
ギガビットEthernetポート
バッテリー
サイズ 高さ 3.6 cm
幅 19.7 cm
奥行き 19.7 cm
重量 重量 1.2 kg
価格 72,800円(税別)、92,800円(税別)

Mac mini

スポンサーリンク

MacBook Proにしようかとも思ったが

MacBook Proにしようかとも思ったのですが、家ではMac mini、外ではMacBook Airが良いかなと。

性能的には、どちらも変わらないぐらいなわけですが、わたしの場合は、家と外では使用する際に別のパソコンのほうが使いやすいというのもあります。

また、OSのアップデートの際に安心だったりしますし。

 

そのほか