MacBook Air(M1、2020)スペースグレイを購入。開封写真。簡単な感想レビューなど

2020年11月17日

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

acApple Silicon、M1チップを搭載した、MacBook Air(M1 2020)を購入しました。

下のモデルですね。MacBook Proと迷いましたが、MacBook Airの下位モデルにしました。外出先などで使うには十分だろうと思ったので。

ということで、開封写真や、簡単な感想レビューなどを書いておきます。

MacBook Air

 

↓ 開封動画はこちら

スポンサーリンク

MacBook Air(M1、2020)を購入。開封写真。簡単な感想レビューなど

外箱

MacBook Air(M1、2020)外箱
MacBook Air(M1、2020)外箱

MacBook Air(M1、2020)の外箱ですね。

相変わらず、シンプルな箱です。Appleの箱ですよね。

MacBook Air(M1、2020)

MacBook Air(M1、2020)

MacBook Air(M1、2020)ですね。スペースグレイです。

シルバーにするか迷いましたが、今回は、スペースグレイにしてみました。

MacBook Air(M1、2020)
MacBook Air(M1、2020)

MacBook Air(M1、2020)を設定して、起動させたところですね。いい感じですね。

起動させると、ジャーンと起動音が鳴ります。このシリーズから復活させたということです。

同梱物

同梱物は、USB-Cケーブルと、電源アダプターですね。

あとは、簡単な説明書などです。

同梱物もシンプルです。

MacBook Air

キーボード

キーボード
キーボード

キーボードです。

F4やF5、F6に、新しい機能がデフォルトで登録されています。

F4はSpotlight、F5は音声入力などですね。

MacBook Proと違うのは、Touch Barがないことですね。Touch IDはあります。

MacBook Air(M1 2020)のスペック、仕様

MacBook Air(M1 2020)
CPU Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
最大8コアのGPU
16コアNeural Engine
ディスプレイ IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)
LEDバックライトディスプレイ
Retinaディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル
400ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
メモリ 8GB
16GB
ストレージ 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
オーディオ ステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
3.5mmヘッドフォンジャック
キーボード バックライトMagic Keyboard:
12個のファンクションキー、4つの矢印キー(逆T字型配列)を含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)
Touch IDセンサー
環境光センサー
カーソルを正確にコントロールできる、圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド
(強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、Multi-Touchジェスチャーが利用可能)
ワイヤレス 802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
ポート 2つのThunderbolt / USB 4ポート
充電
DisplayPort
Thunderbolt 3(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
バッテリー 最大15時間のワイヤレスインターネット
最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
49.9Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
30W USB-C電源アダプタ
サイズ 高さ 0.41~1.61 cm
幅 30.41 cm
奥行き 21.24 cm
重量 重量 1.29 kg
価格 104,800円(税別)、129,800円(税別)

MacBook Air

ベンチマークというか、体感速度など

ベンチマーク
ベンチマーク

GeekBenchのベンチマークスコアは、シングルコアが1700ほど、マルチコアが7500ほどですね。

M1チップ、CPUの処理速度は速いですね。

このため、ブラウザなどはサクサク動きます。

デザインは変わっていないですが、そんなところが変わっていますね。

スポンサーリンク

MacBook Air(M1、2020)のファーストインプレッション。高コスパ

MacBook Air

MacBook Air(M1、2020)のファーストインプレッションですが、快適ですね。

サクサク動きます。処理が速いというのを感じます。

ただ、BigSurが不安定なのか、M1が原因なのかわかりませんが、アプリが落ちるなどはあったりしました。

そういう意味では、まだ「不安定」なところがありますが、それも、そのうち改善されるのではないかなと思っています。

デザインなどは変わっていないので、急いで買わなくても良いかなとも思います。

わたしは、以前購入したMacBook Proが3年ほど前のものなので、買い替えどきだったので、買い替えました。

この価格で、この速度で動作するなら、高コスパだと思います。ということで、購入して良かったです。

そのほか