「MacBook Air」薄型軽量化され2021年内に発売?SDスロット付MacBook Proも?

スマホなどのまとめ

M1チップを搭載したMacBook Air、人気のようですね。

M1チップ搭載のMac mini(M1、2020)を購入。開封写真と、簡単な感想レビューなど

そんな中、新型の「MacBook Air」は、薄型軽量化され、早ければ2021年内に発売という話が出てきています。

 

スポンサーリンク

「MacBook Air」薄型軽量化され2021年内に発売?SDスロット付MacBook Proも?

MacBook Air
MacBook Air

Bloomberg

「MacBook Air」薄型軽量化?

Bloombergが、関係筋の話として、Appleは「MacBook Air」の薄型軽量化に取り組んでいるようだと報じています。

新型「MacBook Air」は早ければ今年後半、あるいは2022年に発売される予定で、Apple Siliconの次世代バージョンとMagSafe充電技術が搭載されるということです。

また、2つのUSB 4端子を搭載しているということです。

また、画面サイズは13インチのままだが、ベゼルが細くなり、フットプリントの縮小と軽量化も図られているとのこと。

新型MacBook Airは、ハイエンドモデルとして追加

新型MacBook Airは、ハイエンドモデルとして追加するということのようです。

一方で、現行モデルも、エントリーモデルとして残るようだとのこと。

15インチMacBook Airの開発も検討したが、中止されているということです。

スポンサーリンク

SDカードスロット搭載MacBook Proも

また、SDカードスロットを搭載したMacBook Proも登場するようです。

Macへのセルラー通信機能とFace IDの搭載の開発も行っているようですが、これらは、すぐには登場しないようです。

 

MacBook Airが、軽量薄型化するのであればいいですよね。1キロを切ってくるとうれしいところです。

登場を期待したいですね。