新型「MacBook Pro」14インチ16インチ、2021年夏に発売?Mac mini、Mac Proの情報も

スマホなどのまとめ

新型「MacBook Pro」14インチ16インチの噂が以前からあります。

そんな中、Bloombergが、関係者の話として、デザインが刷新された新型「MacBook Pro 16インチ」は早ければ今年の初夏に発売される予定と報じています。

スポンサーリンク

新型「MacBook Pro」14インチ16インチ、2021年夏に発売?Mac mini、Mac Proの情報も

Mac 2021
Mac 2021

新型Macを開発中

Appleはより高速なプロセッサや新しいデザインが特徴の新型Macを複数開発しているということです。

新型の「MacBook Pro」「MacBook Air」「Mac Pro」「Mac mini」「iMac」を開発しているということです。

これらの情報を伝えています。

MacBook Pro 14インチ、16インチ

Appleは、再設計されたMacBook Proを、14インチ(コードネームJ314)と16インチスクリーン(J316)サイズで発売する予定とのことです。

再設計された筐体、マグネット式のMagSafe充電器、ポートの拡充(Thunderboltポートの増加やHDMIおよびSDカードスロットの復活)が特徴とのこと。

新しいMacBook Proでは、AppleはコードネームのJade C-ChopとJade C-Dieという2つの異なるチップを計画しているということです。

どちらもCPUコアは高性能コアが8コア、高効率コアが2コアの合計10コア、GPUコアは16コアまたは32コアが用意されるとのこと。

Neural Engineを改良、3つ以上のThunderbolt端子を搭載し、メモリ容量は最大64GBまでカスタマイズ可能になるとしています。

Mac mini

新型「MacBook Pro」と同じチップを搭載したハイエンドの新型「Mac mini」(コードネーム:J374)も開発しており、4つのThunderboltポートを搭載するということです。

Intelプロセッサ搭載Mac miniを置き換えるモデルになるとのこと。

新型「Mac Pro」

新しいハイエンドMacBook Proチップの2倍または4倍の強力な2つのプロセッサを選択する可能性が高いとのこと。

コードネームのJade 2C-DieとJade 4C-Dieは、16の高性能または32の高性能コアと4つまたは8つの高効率コアで構成される20または40コンピューティングコアバリエーションで再設計されたMac Proが登場するようです。

チップには、グラフィックス用の64コアまたは128コアオプションも含まれるとのこと。

新型「Mac Pro」は数ヶ月前から開発が進められており、現行モデルの小型版のようなデザインになるようです。

大型のiMacは、開発が停止

Appleはより大型の新型「iMac」の開発を進めてきたが、iMac 24インチの発売に集中するために、大型モデルの開発は数ヶ月前より一時停止しているということです。

スポンサーリンク

新型「MacBook Air」

また、ハイエンドのMacBook Airも開発しており、新デザインを採用し、コードネームStatenというチップを搭載し、早ければ年内に発売される可能性があるようです。

Statenというコードネームのチップには、M1と同じ数のコンピューティングコアが含まるが、より高速に実行され、グラフィックスコアの数は7、8から9または10に増加するとのこと。