OPPOが日本市場に参入。第一弾のスマホは「R11s」。スペック、価格は?

中国のOPPOが日本市場に参入するそうです。第一弾のスマホは「R11s」とのこと。

いよいよOPPOも日本で、スマホを発売するということです。

R11s

スポンサーリンク

OPPOが日本市場に参入。第一弾のスマホは「R11s」

中国でシェア1位になったOPPOが、日本のスマホに参入するということです。

R11sのスペックは?

まだ、発売されるR11sの日本でのスペックや価格は、発表されていません。

が、モデルは発表されているようです。R11sを投入ということですね。価格などは、2018年1月31日に改めて発表するようです。

グローバルモデルのスペックなどは以下のような感じです。

OS ColorOS 3.2, based on Android 7.1
GPU Adreno 512
RAM:4GB
Storage 64GB
Battery:3205mAh
CPU:Qualcomm SDM660
ディスプレイ:有機EL6.1インチディスプレイ
解像度:FHD+(2160 by 1080 pixels)

リアカメラ:20メガピクセル,16メガピクセル
フロントカメラ:20メガピクセル
ApertureRear: f/1.7
Front: f/2.0

となっています。

R11sの中国での価格

R11sの中国での価格は、レッドが3199元(約5万4700円)、ブラックとゴールドがそれぞれ2999元(約5万1300円)とのことです。

日本でもこのぐらいの価格になるのでしょうか。

6.1インチの有機ELディスプレイ

6.1インチの有機ELディスプレイです。18:9の縦長です。

有機ELということですね。

有機ELディスプレイで、この価格というのが、お手頃な感じですね。

R11sは、デュアルレンズカメラ

R11sは、デュアルレンズカメラを搭載しています。

いわゆるボケのある写真も撮影することができるということです。

OPPOのR11sは、セルフィー、自撮りに特徴。「AI自撮り」対応

また、R11sは、セルフィー、自撮りに特徴があって、AI自撮りというものに対応しているということですね。

AIが肌を加工し顔を整えるなどして、最適な自撮り補正を実現するそうです。

自撮りをたくさんする人には、OPPOのR11sは良さそうなスマホですね。