Pixel6を1日使っての感想。コスパが高い。発熱は?サクサク動く。カメラ。動画撮影。消しゴムマジックが面白い

2021年10月28日

\ ★スマホのまとめなど /

GoogleのPixel 6を購入しました。

1日ほど使ったので、感想などを書いておきます。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

↓ Pixel6の開封写真やファーストインプレッションは、以下の記事などをどうぞ

Pixel6を購入。Sorta Seafoam。開封写真。感想。発熱。カメラ、ベンチマーク、ディスプレイなどについて

スポンサーリンク

Pixel6を1日使っての感想。

Pixel6
Pixel6

 

Pixel6の発熱は、今のところたいしてない

Pixel 6は、発熱がという話がありましたが、そこまでではないですね。

確かに、携帯ショップなどに置いてあるものは少し温かい感じですが、そういうこともほとんどありません。

ベンチマークをしたときに、温かくなったという感じですね。

Pixel6 Proは、少し温かいという話があるので、Proよりも発熱しないのかもしれません。

今後、夏場などがどうなるかは、気になるところではありますが。

Pixel6のディスプレイ指紋認証

指紋認証
指紋認証

ディスプレイ指紋認証は、私の指では、とくに問題はなく、認証してくれます。

ただ、ガラスフィルムは選ぶようですね。

私も、余っていた別の機種のガラスフィルムを貼りましたが、認識しませんでした。

薄いガラスフィルムなどなら、認識するのかも。

Google Pixel6 用 ガラスフィルムQiijeeを購入。指紋認証も可能でした

Qiijeeのガラスフィルムは、私の場合は、指紋認証してくれました。

Amazonのレビューでは、指紋を認識してくれないというコメントもあるので、個体差なのか、指紋の違いなのかわかりませんが、私の場合は、問題なく指紋認証ができますね。

【4枚入り】Google Pixel6 用 ガラスフィルム+カメラフィルム【ガイド枠付き】Qiijee

ケースは、ちなみにRingkeのケース

Ringkeのケース

ケースは、ちなみにRingkeのケースです。私のは、マットタイプですが。

アメリカの米軍MIL規格取得のケースということです。

安心感があります。

ストラップホールが左右にありますね。

ディスプレイ。90Hzのリフレッシュレート。明るさも悪くない

Pixel 6のディスプレイ
Pixel 6のディスプレイ

ディスプレイは、90Hzのリフレッシュレートにすることができます。120Hzほどではないにしても良いと思います。

滑らかに動きますね。

また、明るさも、悪くはないと思います。日中少し使いましたが、見にくいということはなかったかと。

まあ、炎天下などだと見づらいというのはあったりするかもしれませんが、これは、大抵のスマホはそうなので。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

スポンサーリンク

動作は、サクサク動く

動作は、サクサク動きますね。

Snapdragon 888のほうが、若干速いかなという感じくらいというか、ブラウザやメール、SNSなら、全く問題ないと思います。

Pixel6のAntutu
Pixel6のAntutu

ベンチマークは、Antutuでこれくらいです。GPUがとくに高めですよね。

ストレスなく使えています。

バッテリーは、1時間で2%ほど減る感じ

バッテリーは、1時間で2%ほど減る感じです。

ディスプレイを常時表示にしておくと、これぐらい減っていきます。

なので、1日で、48%ほど減ります。

個人的には、常時表示を使いたいので、もう少し持って欲しいところではあるのですが、使えないという感じではないですね。

Gmailの通知は、今のところ来る

Xperia 1Ⅲというか、Gmailの通知が、2021年の8月くらいのアップデートから来なくなっているというのがあると思います。

今のところ、Pixel 6では、Gmailの通知が来ます。

まあ、いつ来なくなるのかと思ったりもしますが。

Pixel 6のカメラは面白い。画質は少し派手な感じ

カメラは、デュアルレンズカメラです。ズームは光学2倍です。デジタル7倍までのズームのようです。ズームが欲しい方は、Pixel 6 Proなどのほうが良いですね。

ウルトラワイドカメラは、0.7倍という子ことで、そこまでワイドではなかったりします。

最近のスマホとしては、ある意味、普通の感じですよね。

カメラが横に配置
カメラが横に配置

ただ、Pixel6のカメラは、他のスマホにはあまりない機能があって面白いです。

消しゴムマジック
消しゴムマジック

まず、消しゴムマジックが面白いですね。

消しゴムマジック
消しゴムマジック

囲ったところを消してくれます。

 

また、「モーション」のアクションパンという、カメラを左右に振る、パンするときに、モーションが出る機能などもあります。あまり使わなそうではありますが。

あと、写真は、少し派手目というか、明るい感じに撮れるように思いました。

Pixelらしいというのでしょうか。

それと、夜景撮影などもありますね。カメラが充実しているのも、Pixel 6の特徴だと思います。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

スポンサーリンク

Pixel6の動画撮影

動画撮影の手ぶれ補正
動画撮影の手ぶれ補正

動画撮影の手ぶれ補正に、種類があるのが面白いと思いました。

標準、ロック、アクティブ、シネマティック撮影というのがあります。

ロックは、手ぶれがほとんどなくなりますね。

アクティブは、自分がかなり動いている時に使うと、手振れを補正してくれます。

シネマティック撮影は、スムーズに手振れ補正をしてくれます。

動画の撮影の手ブレを、いろいろな方法で補正できるというのは、動画撮影にも良いですね。

ゲーム

ゲームは、荒野行動をやってみました。

プレーは、特に動作など問題なく遊べました。

10分ほどプレーしたあとは、Pixel6の本体は、ほんのり温かくなりました。長時間プレーすると、さらに温かくなりそうです。

Pixel6は、少し重い、大きい

重さは207グラム
重さは207グラム

Pixel 6は、207グラムぐらいです。6.4インチのスマホとしては軽くはない感じです。

片手で長時間持つには少し辛い重さです。軽さを求めるなら、別のスマホが良いでしょう。

そして、大きさというか横幅も大きめですね。片手での操作は、しやすいという感じではないと、個人的には思います。

残念なところは、SDカードは使えない。顔認証はない

個人的には、SDカードは使えないのは少し残念かなと思います。Androidは、SDカードで容量が増やせるのが良いところだと思うので。

また、顔認証ではないので、そのあたりも少しだけ不便かもしれません。

Pixel6を、1日使っての感想。

Pixel 6は、コスパが高い

とはいえ、Pixel 6は、Googleストアでは、74,800円(税込)です。

これらのスペック、Googleの最新のAndroid OSが使える、アップデートもしばらくされる、Google Tensor搭載などを考えると、コスパが高いです。

この価格で、この性能なら文句がないというか、良いですね。

個人的には、この価格で、このスマホなら、とても満足です。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

スポンサーリンク

Pixel 6、Pixel6 Pro、主なスペック・仕様など

Pixel 6、Pixel6 Pro、主なスペック・仕様などは、以下の通りです。

Pixel 6 Pixel6 Pro
チップ Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

ディスプレイ 6.4 インチ(163 mm)フルスクリーン ディスプレイ
FHD+(1,080 x 2,340)OLED、411 ppi
アスペクト比 20:9
スムーズ ディスプレイ(最大 90 Hz 対応)
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
コントラスト比 >1,000,000:1
HDR サポート
Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス
常に表示状態のディスプレイ
6.7 インチ(170 mm)フルスクリーン ディスプレイ
QHD+(1,440 x 3,120)LTPO OLED、512 ppi
アスペクト比 19.5:9
スムーズ ディスプレイ(最大 120 Hz 対応)
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
コントラスト比 >1,000,000:1
HDR サポート
Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス
常に表示状態のディスプレイ
メモリ 8GB 12GB
ストレージ 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ
カメラ 50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
48 メガピクセル望遠カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
フロントカメラ 8 メガピクセル
ピクセル幅 1.12 μm
絞り値 ƒ/2.0
固定フォーカス
画角 84°
11.1 メガピクセル
ピクセル幅 1.22 μm
絞り値 ƒ/2.2
固定フォーカス
超広角な画角 94°
カメラ機能 消しゴムマジック
モーション モード
リアルトーン
顔のぼかし解除
パノラマ
手動によるホワイト バランス調整
ロックされたフォルダ
夜景モード
トップショット
ポートレート モード
ポートレート ライト
超解像ズーム
モーション オートフォーカス
よく撮影する人
デュアル露出補正
Live HDR+
消しゴムマジック
モーション モード
リアルトーン
顔のぼかし解除
パノラマ
手動によるホワイト バランス調整
ロックされたフォルダ
夜景モード
トップショット
ポートレート モード
ポートレート ライト
超解像ズーム
モーション オートフォーカス
よく撮影する人
デュアル露出補正
Live HDR+
動画 背面カメラ:
4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)前面カメラ:
1080p 動画撮影(30 FPS)
背面カメラ
4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)前面カメラ(動画)
4K 動画撮影(30 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
バッテリー 標準 4,614 mAh
バッテリーは 24 時間以上持続可能
スーパー バッテリー セーバーを有効にすれば最長 48 時間使用可能
急速充電
急速ワイヤレス充電
バッテリー シェア: 他のデバイスをワイヤレス充電
標準 5,003 mAh
バッテリーは 24 時間以上持続可能
スーパー バッテリー セーバーを有効にすれば最長 48 時間使用可能
急速充電
急速ワイヤレス充電
バッテリー シェア: 他のデバイスをワイヤレス充電
セキュリティ ディスプレイ指紋認証 ディスプレイ指紋認証
センサー 近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロメーター
磁力計
気圧計
近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロメーター
磁力計
気圧計
ワイヤレス Wi-Fi 6E(802.11ax) Wi-Fi 6E(802.11ax)
ネットワーク 5G Sub6、ミリ波(日本では非対応のよう) 5G Sub6、ミリ波
SIM デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM1) デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM1)
材質 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム
防水・防塵 IP68 IP68
カラー Sorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Black Cloudy White、Sorta Sunny、Stormy Black
サイズ 高さ 158.6 mm x 幅 74.8 mm x 奥行き 8.9 mm 高さ 163.9 x 幅 75.9 x 奥行き 8.9(mm)
重量 207グラム 210グラム
価格 128GB:74,800円、256GB:85,800円 128GB:116,600円、256GB:127,600円
YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

関連コンテンツ