Pixel6、1週間使っての感想。良かったところ、残念なところ

\ ★スマホのまとめなど /

GoogleのPixel6を1週間ほど使いました。

Pixel6の良かったところ、残念だと感じたところを、簡単にまとめておきます。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

開封写真やちょっとした感想などは、以下の記事でどうぞ

Pixel6を購入。感想レビュー。Sorta Seafoam。開封写真。発熱。カメラ、Antutuベンチマーク、ディスプレイなどについて

Pixel6を1日使っての感想。コスパが高い。発熱は?サクサク動く。カメラ。動画撮影。消しゴムマジックが面白い

スポンサーリンク

Pixel6、1週間使っての感想。良かったところ、残念なところ

Pixel 6外箱
Pixel 6外箱

Pixel6、良かったところ

Google Tensorで、サクサク動く

Google Tensor
Google Tensor

Pixel6は、Google Tensorで、サクサク動きます。

ストレスを感じるということはほとんどないでしょう。

Snapdragon 888のほうが速いのだろうと思いますが、そこまでではないにしても、サクサク動くので良いですね。

Pixel6のカメラが楽しい

Pixel6のカメラ
Pixel6のカメラ

Pixel 6のカメラは、撮影が楽しいと感じます。サクッと撮っても、それなりに良い感じの写真が撮れます。

シャッター音も短くて良いですね。

消しゴムマジック

消しゴムマジック
消しゴムマジック

消しゴムマジックで、消せたりします。こういうのも、面白いですよね。

夜景撮影も、結構いい感じで、暗いところも、そこそこ明るく見えたりします。

カメラが、いろいろと楽しめるのが、Pixel6かなと。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

動画撮影

動画撮影の手ぶれ補正
動画撮影の手ぶれ補正

動作撮影も、Pixel 6はしやすいです。

いくつか動画を撮影して、YouTubeでもアップしたりしています。iPhone 13 Proの動画と混ぜたりしているのですが、わからない感じかもしれません。

カラーが結構、良かった

Pixel 6
Pixel 6

カラーが結構良かったです。

私が選んだのは、Sorta Seafoamというグリーン系のカラーなのですが、ポップな感じというのでしょうか、良いですね。

他にもオレンジ系とブラック系などもあるので、Pixel6はカラーも楽しめると思います。

Android 12、最新のOSが使える

また、Android 12ですし、最新のOSが使えます。今後、3年アップデートされるのも良い点ですね。

Androidは、iPhoneと違い、OSのアップデートが、まちまちというか遅めですよね。

それがないというか、最新のOSが使えるのは嬉しいところです。

コスパ高め

といった感じのスマホがPixel6なのですが、Googleストアだと7.5万円ほどで購入できるので、コスパの高いスマホだと思います。

他にも、文字起こしの機能などもありますし。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

Pixel6、残念なところ

いか、Pixel6の残念なところというか、もう少し頑張っていたらというところではあります。

ただ、価格的には難しいでしょうし、Pixel6 Proとか他のスマホを選ぶというのが良いのでしょうね。

ちなみに、発熱は、ほとんどありませんでした。ベンチマークを測った時と、ゲームをプレーした時ぐらいです。

Pixel 6のリフレッシュレート

Pixel6のリフレッシュレートは、90Hzです。

これでも悪くはないのですが、120Hzだったらと思うことはありますね。

アプリによっては、引っかかることがあります。

カメラのズーム・望遠

カメラが横に配置
カメラが横に配置

Pixel6のカメラのズーム・望遠は、デジタル7倍ということです。

もっとズームができたらと思わなくはないです。

Pixel6 Proは、20倍のようなので、そういう人は、Proを選ぶと良いのでしょう。

重い

重さは207グラム
重さは207グラム

207グラムということで、少し重いスマホになっています。

ケースとガラスフィルムを合わせると、250グラムほどになってしまいます。

もう少し軽いと良いですよね。まあ、バッテリーなどを考えると、これぐらいの重さになってしまうのだろうと思いますが。

顔認証があったら

あと、顔認証があったら良いですよね。

指紋認証も、認証されるガラスフィルムを見つけたので、問題ないと言えば問題ないのですが、顔認証もあったら、とは思います。

Pixel6を選んだ理由

Pixel 6 Proではなく、Pixel6を選んだのは、大きさと価格ですね。

6.7インチはちょっと大きすぎるというのがあります。横幅もとくに。

あとは、価格もProだと少し高いかなと。そこまで出すなら、別のスマホも選択肢になりますよね。

とまあ、もう少しと思うところも、もちろんあるのですが、この価格で、このスマホなら、Pixel6、満足ですね。

スポンサーリンク

Pixel 6、Pixel6 Pro、主なスペック・仕様など

Pixel 6、Pixel6 Pro、主なスペック・仕様などは、以下の通りです。

Pixel 6 Pixel6 Pro
チップ Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

ディスプレイ 6.4 インチ(163 mm)フルスクリーン ディスプレイ
FHD+(1,080 x 2,340)OLED、411 ppi
アスペクト比 20:9
スムーズ ディスプレイ(最大 90 Hz 対応)
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
コントラスト比 >1,000,000:1
HDR サポート
Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス
常に表示状態のディスプレイ
6.7 インチ(170 mm)フルスクリーン ディスプレイ
QHD+(1,440 x 3,120)LTPO OLED、512 ppi
アスペクト比 19.5:9
スムーズ ディスプレイ(最大 120 Hz 対応)
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
コントラスト比 >1,000,000:1
HDR サポート
Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス
常に表示状態のディスプレイ
メモリ 8GB 12GB
ストレージ 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ
カメラ 50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
48 メガピクセル望遠カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
フロントカメラ 8 メガピクセル
ピクセル幅 1.12 μm
絞り値 ƒ/2.0
固定フォーカス
画角 84°
11.1 メガピクセル
ピクセル幅 1.22 μm
絞り値 ƒ/2.2
固定フォーカス
超広角な画角 94°
カメラ機能 消しゴムマジック
モーション モード
リアルトーン
顔のぼかし解除
パノラマ
手動によるホワイト バランス調整
ロックされたフォルダ
夜景モード
トップショット
ポートレート モード
ポートレート ライト
超解像ズーム
モーション オートフォーカス
よく撮影する人
デュアル露出補正
Live HDR+
消しゴムマジック
モーション モード
リアルトーン
顔のぼかし解除
パノラマ
手動によるホワイト バランス調整
ロックされたフォルダ
夜景モード
トップショット
ポートレート モード
ポートレート ライト
超解像ズーム
モーション オートフォーカス
よく撮影する人
デュアル露出補正
Live HDR+
動画 背面カメラ:
4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)前面カメラ:
1080p 動画撮影(30 FPS)
背面カメラ
4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)前面カメラ(動画)
4K 動画撮影(30 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
バッテリー 標準 4,614 mAh
バッテリーは 24 時間以上持続可能
スーパー バッテリー セーバーを有効にすれば最長 48 時間使用可能
急速充電
急速ワイヤレス充電
バッテリー シェア: 他のデバイスをワイヤレス充電
標準 5,003 mAh
バッテリーは 24 時間以上持続可能
スーパー バッテリー セーバーを有効にすれば最長 48 時間使用可能
急速充電
急速ワイヤレス充電
バッテリー シェア: 他のデバイスをワイヤレス充電
セキュリティ ディスプレイ指紋認証 ディスプレイ指紋認証
センサー 近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロメーター
磁力計
気圧計
近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロメーター
磁力計
気圧計
ワイヤレス Wi-Fi 6E(802.11ax) Wi-Fi 6E(802.11ax)
ネットワーク 5G Sub6、ミリ波(日本では非対応のよう) 5G Sub6、ミリ波
SIM デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM1) デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM1)
材質 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム
防水・防塵 IP68 IP68
カラー Sorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Black Cloudy White、Sorta Sunny、Stormy Black
サイズ 高さ 158.6 mm x 幅 74.8 mm x 奥行き 8.9 mm 高さ 163.9 x 幅 75.9 x 奥行き 8.9(mm)
重量 207グラム 210グラム
価格 128GB:74,800円、256GB:85,800円 128GB:116,600円、256GB:127,600円
YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ