Snapdragon 8 Gen 2発表。AI強化、35%高速。40%優れた電力効率を実現

\ ★スマホのまとめなど /

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

Qualcommが、Snapdragon 8 Gen 2を、日本時間2022年11月16日(水)に発表しました。

最初の製品は2022年内に登場するということです。

スポンサーリンク

Snapdragon 8 Gen 2発表

Qualcomm

AIを強化

Hexagonプロセッサーが、マイクロタイル推論、大型のアクセラレーターなどを用いて、最大4.35倍の性能向上を実現しているということです。

また、ワットあたりのパフォーマンスが60%向上しているとのこと。

パフォーマンスの高速化

Kryo CPUは、35%高速なパフォーマンスと40%優れた電力効率を実現。

バッテリー駆動時間がさらに向上しているということです。

これらの改善は、1つの効率コアを追加のパフォーマンスコアに変換して、最大3.2GHzの速度でピークマルチスレッドパフォーマンスに到達するとのこと。

GPUのAdrenoは、25%の速度向上とのこと。

ハードウェア・レイトレーシング・エンジンを内蔵し、またUnreal Engine 5 Metahumans FrameworkのSnapdragon上でのサポートにより、よりリアルな人物キャラクターのゲーム中での造形が楽しめるようになっているとのこと。

カメラ。動画

カメラ処理機能「Snapdragon Sight」が、「空」「人物」などの自動分類を行うことを可能にし、最適化するとのことです。

Sony Semiconductorが開発した新しいイメージセンサーに最適化し、クアッド・デジタル・オーバーラップHDRに対応したカメラを実現可能だそうです。

また、Samsungの2億画素のイメージセンサー「ISOCELL HP3」が「Snapdragon 8 Gen 2」に最適化されているとのこと。

そして、「AV1コーデック」を搭載し、最大8K HDR、60フレーム/秒の動画を再生可能とのこと。

5Gパフォーマンス

Snapdragon X70 5G Modemは、NSA/SAのどちらにも対応しており、Sub-6、ミリ波の両方をカバーします。

ミリ波の8CAなどを活用すると最大で下り10Gbps、上り3.5Gbpsという通信速度を実現可能とのことです。

Wi-Fi 7、Bluetooth 5.3に対応

Wi-Fi 7に対応し、Wi-Fi 6の速度を2倍以上で最大5.8Gbpsまで向上させるとのこと。

BluetoothはBluetooth 5.3に対応しており、LE Audioに対応しているほか、aptxX/aptX Losless/aptX Adaptive/aptX Voiceなどのコーデックをサポートしているそうです。

採用メーカー

ASUS Republic of Gamers(ROG)、HONOR、iQOO、Motorola、nubia、OnePlus、OPPO、REDMAGIC、Redmi、シャープ、ソニー、vivo、Xiaomi、XINGJI/MEIZU、ZTE

ということおです。

Samsungが入っていないですが、Galaxyで採用するのでしょうね。

スポンサーリンク

バッテリー持ち、発熱が気になる

Kryo CPUは、35%高速なパフォーマンスと40%優れた電力効率を実現ということで、バッテリー持ちが良くなる可能性がありそうですね。

あとは、発熱がどうなるのか気になるところですね。

これで、発熱がそこまでではないなら、かなり良いチップセットだと言われそうですよね。

Snapdragon 8 Gen 2搭載スマホの今後の登場が楽しみです。

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ