Xiaomi 11T/11T ProをXiaomiが日本でも発売。発売日、価格、スペック、特徴などまとめ

\ ★スマホのまとめなど /

Xiaomi 11T/11T ProをXiaomiが日本でも発売します。

Xiaomi 11T Proは、Snapdragon 888を搭載した、ハイエンドスマホです。Xiaomiが日本でハイエンドのスマホを発売するのは、これが初めてのようです。

ということで、Xiaomi 11T/11T Proの発売日、価格、スペック、特徴などをまとめておきます。

Xiaomi 11T/11T Pro

スポンサーリンク

Xiaomi 11T/11T ProをXiaomiが発表。発売日、価格、スペック、特徴などまとめ

Xiaomi 11T Pro
Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T/11T Proの主な特徴

Xiaomi 11T/11T Proは、OSはAndroid 11で、独自UIの「MIUI 12.5」を搭載しています。

SoCの種類や急速充電の仕様、カメラ機能などが異なっていますが、充電速度とカメラでの写真/動画撮影に特徴があります。

Xiaomi 11T Proは5000mAhの大容量バッテリーを搭載で、Xiaomi HyperChargeという規格に対応しており、これは120Wでの充電が行える技術で、17分でバッテリーのフル充電が可能ということです。

Xiaomi 11Tは、67Wの急速充電対応で、約36分でフル充電が可能です。

Xiaomi 11TのチップはDimensity 1200-Ultra、11T ProはSnapdragon 888となっています。

また、背面カメラは2モデル共通で1億800万画素の広角、800万画素の超広角、500万画素のマクロというトリプルレンズになっています。

メモリは8GB、ストレージは128/256GBです。

Xiaomi 11T/11T Proの価格

Xiaomi 11Tが5万4800円。

Xiaomi 11Tは、台数限定で4万9800円で販売される。

Xiaomi 11T Proの価格は、8GB+128GBモデルが6万9800円、8GB+256GBモデルが7万9800円。

台数限定で、それぞれ5000円引きの6万4800円、7万4800円で販売される。

Xiaomi 11T/11T Pro

Xiaomi 11T/11T Proの発売日

11月5日(金)発売

Xiaomi 11T/11T Pro

ディスプレイ

Xiaomi 11T Proのディスプレイ
Xiaomi 11T Proのディスプレイ

Xiaomi 11T/11T Proともに、ディスプレイは、6.67インチの有機ELディスプレイです。解像度は、1080×2400(フルHD+)。

リフレッシュレートが120Hzの可変式で、タッチサンプリングレートは480Hzとなっています。

Dolby VisionやHDR10+に対応しています。Gorilla Glass Victusです。

カメラ。動画撮影など

Xiaomi 11T Proのカメラ
Xiaomi 11T Proのカメラ

背面カメラは、1億800万画素の広角、800万画素の超広角、500万画素のマクロというトリプルレンズになっています。

Xiaomi 11T Proは、8K/30fps、4K/60fps、HDR10+に対応しています。

また、マクロカメラを用いたマクロスコープビデオ、被写体にフォーカスして小さな音を増幅するオーディオズーム、映画のようなビデオ撮影が可能になっています。

バッテリー。急速充電

Xiaomi 11T Pro。120W充電
Xiaomi 11T Proは、120W充電

バッテリーは、いずれも5,000mAhのバッテリーを内蔵しています。

Xiaomi 11T Proは、120W対応の独自の急速充電「Xiaomi HyperCharge」に対応しており、約17分という短時間でフル充電が可能とのこと。

Xiaomi 11Tは、67Wの急速充電対応で、約36分でフル充電が可能です。

カラー

Xiaomi 11T Proのカラー
Xiaomi 11T Proのカラー

カラーは、ムーンライトホワイト、メテオライトグレー、セレスティアルブルーの3色です。

サイズ、重量

サイズは、縦164.1 x 横76.9 x 厚さ8.8 mmとなっています。

重さが、Xiaomi 11Tは203グラム、Xiaomi 11T Proが204グラムです。

Xiaomi 11T/11T Pro

Xiaomi 11T/11T Pro。日本では初めてのハイエンド。主なスペック、仕様など

Xiaomi 11T/11T Pro。日本では初めてのハイエンド

Xiaomiとしては、日本では初めてのハイエンドモデルを発売ということになります。

Xiaomiとしては価格が高いということになりますが、他社のスマホと比べると、やはりリーズナブルです。

このスペックでこの価格であれば良いですね。

Xiaomi 11T/11T Pro

スポンサーリンク

Xiaomi 11T/11T Proの主なスペック、仕様

Xiaomi 11T/11T Proの主なスペック、仕様は、以下の通りです。

Xiaomi 11T Xiaomi 11T Pro
OS MIUI12.5, Android 11 MIUI12.5, Android 11
チップ Dimensity 1200-Ultra Snapdragon 888
メモリ 8GB 8GB
ストレージ ストレージ:128 / 256GB
LPDDR4X / UFS 3.1
ストレージ:128 / 256GB
LPDDR4X / UFS 3.1
ディスプレイ 6.67インチ、有機EL
解像度:1080×2400(フルHD+)
リフレッシュレート:120Hz(可変式)
タッチサンプリングレート:480Hz
Dolby Vision, HDR10+
Gorilla Glass Victus
6.67インチ、有機EL
解像度:1080×2400(フルHD+)
リフレッシュレート:120Hz(可変式)
タッチサンプリングレート:480Hz
Dolby Vision, HDR10+
Gorilla Glass Victus
カメラ トリプルカメラ
メイン:1億800万画素 (Isocell HM2)
超広角:800万画素
テレマクロ:500万画素
8K, HDR10+動画撮影
トリプルカメラ
メイン:1億800万画素 (Isocell HM2)
超広角:800万画素
テレマクロ:500万画素
8K, HDR10+動画撮影
認証 側面指紋認証 側面指紋認証
オーディオ デュアルスピーカー
Dolby Atmos
デュアルスピーカー
harman kardon
Dolby Atmos
おサイフケータイ 非対応 対応
防水防塵 IP53 IP53
バッテリー 5000mAh
67W急速充電充電器同梱
5000mAh
120W急速充電充電器同梱
SIM デュアルSIM デュアルSIM
サイズ 164.1 x 76.9 x 8.8 mm 164.1 x 76.9 x 8.8 mm
重量 約203g 約204g
カラー ムーンライトホワイト、メテオライトグレー、セレスティアルブルー ムーンライトホワイト、メテオライトグレー、セレスティアルブルー

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ