Xperia 1Ⅲ、感想レビューまとめ。カメラ、ベンチマークなど。満足度が高い

\ ★スマホのまとめなど /

Xperia 1Ⅲ SO-51Bが、2021年7月9日(金)に発売され、購入してしばらく使っています。

気に入って使っていて、これまで、開封写真や感想レビューなどを書いてきました。

ということで、この記事は、ドコモ版のXperia 1Ⅲの感想などのまとめです。

不満点もいくつかありますが、満足度は高いです。これは、デザインや質感から来ているところが大きいですね。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
Softbankオンラインショップ

スポンサーリンク

Xperia 1Ⅲ、感想レビューまとめ

外箱
外箱

Xperia 1Ⅲの外観など

正面

Xperia 1Ⅲ SO-51B
Xperia 1Ⅲ SO-51B

まずは、正面ですね。これは、まだフィルムを剥がしていません。

ディスプレイは、6.5インチ 有機EL シネマワイド™ディスプレイ 3,840×1,644(4K)で、とてもきれいです。

縦に長いですよね。細長い感じです。横幅が狭いので、片手で持ちやすいです。

縦に長い画面も、個人的には気に入っています。情報がたくさん入るので、21:9の画面も良いと思います。SNSなどを見るときに、情報量が多いです。

また、4Kで120Hzのリフレッシュレートに対応しています。ヌルヌル動く感じで、ディスプレイが見やすいですね。

Xperia 1Ⅲ
Xperia 1Ⅲ

ガラスフィルムを貼った感じでは、こんな感じですね。写真だと少しわかりにくいかもしれませんが、ディスプレイがきれいなのも、Xperia 1Ⅲの良いところだと思います。

背面

Xperia 1Ⅲ SO-51Bの背面
Xperia 1Ⅲ SO-51Bの背面

背面は、こんな感じです。フロストパープルなのですが、黒く見えますよね。実際は、もう少し紫がかっています。

カメラが縦に配置されています。それなりに目立つ感じでしょうか。最近のスマホは、レンズが多くなって、目立つものが多いですが、Xperia1Ⅲも同様ですね。

また、ドコモは、docomoのマークがあります。そこまで目立たない感じではありますが。

そして、カラーはパープルなのですが、黒に近いというか、ダークな感じのパープルになっています。派手な紫というよりは、落ち着いた紫という感じでしょうか。

また質感がマットです。マットで、触った感じも良いです。ここが高級な印象を与えるなと思います。いいですね。個人的には、気に入っているポイントです。

持ちやすさ。重さ

横幅が、71mmほどと持ちやすいです。片手でも持ちやすい横幅ですね。

Xperia 1Ⅲは、縦に長いです。

そういう意味では、片手操作は厳しいですが、6.5インチで持ちやすいというのは良いところですね。

大画面なのに、持ちやすい。私が、Androidスマホで、Xperia 1Ⅲを選んだ理由の1つです。

重さ

また、重さは、Xperia 1Ⅲは188グラムです。

このサイズでは、軽いほうなのではないでしょうか。もちろんもっと軽いと良いのですが、このサイズでは軽いですよね。

これ以上だと、片手で持つには重すぎると個人的には思います。

Xperia1Ⅲは、横幅の狭さと、この「軽さ」で片手でも、一応持って操作が可能ではありますね。縦には長いので、縦が届かないところが出てきますが。

ベンチマーク

Xperia1ⅢのSoc、チップセットは、Snapdragon 888です。そのベンチマークは、以下のような感じです。

べンチマーク
べンチマーク

Geekbench5では、

シングルコア 1130
マルチコア 3591

Snapdragon 888として、スマホとして高いスコアになっています。

2021年のスマホとしては、ベンチマークスコアは、満足できるスコアでしょう。

ちなみに、iPhone 12 Pro は、

シングルコア:1591
マルチコア:3847

となっています。

Antutuでは、これぐらいです。

766000ぐらいですね。スマホとしては、かなり高いのではないでしょうか。

Xperia 1Ⅲ。ベンチマーク。Antutu
Xperia 1Ⅲ。ベンチマーク。Antutu

ただ、熱くなると、ここまでスコアは出ないですね。60万点ぐらいになります。温度で、CPUなどの性能が変わる感じなのかもしれません。

ですが、かなり違ってしまいますが、そこまで体感で変わるという感じでもありません。

個人的には、スコアよりも日常でサクサク使えるかということのほうが気になるところですね。サクサク使えます。

認証。ロック解除

Xperia 1Ⅲ、ボタン類
Xperia 1Ⅲ、ボタン類

Xperia 1Ⅲは、サイドの電源ボタンの指紋認証です。上の写真の真ん中が、電源ボタンの指紋認証ですね。

私の場合は、しっかり認識してくれますね。認証されないということは、ほぼなかったような。

指紋を5つほど登録できるということで、複数登録しておくと、持ち方などでサッとロックを解除しやすいですし、認証されなかったら、指を変えてみるということもできますね。

 

ただ、顔認証がありません。顔認証は、マスクをしていない時は便利ですよね。

これは、両方搭載して欲しいところですね。この点は、改善して欲しいところです。

ちなみに、電源ボタンの下のボタンは、Googleアシストを起動するボタンです。あまり使わないかもしれません。Googleアシストは、声で起動することが多いでしょうか。

このボタンも、好きなものを設定できるようになっていると便利だと思います。

Xperia 1Ⅲのカメラ。トリプルレンズで、可変式の望遠レンズがある

Xperia 1Ⅲのカメラ
Xperia 1Ⅲのカメラ

Xperia 1Ⅲ SO-51Bのカメラです。

ZEISSレンズですね。

トリプルレンズで、可変式の望遠レンズは、レンズが動いて、70mmと105mmの2つの焦点距離で撮影できます。

可変式望遠レンズは、世界初のようです。

上の写真では、一番下のレンズ部分ですね。

 

また、3D iToFセンサーがあります。

ズームも、そこそこいい感じです。比較的遠くまで撮影できますね。12.5倍までのようです。

 

撮影した写真を見ると、あまり派手に加工されていない感じの色になりますね。このあたりは、Xperiaの良いところではないでしょうか。目で見た感じの色合いになるのが、個人的には好みです。

AFがいい感じ。瞳AFやリアルタイムトラッキングなど

Xperia 1Ⅲには、瞳AFやリアルタイムトラッキングなど、AFの追従などがいい感じで、動く被写体を撮影するには良いと思います。

このあたりが、他のスマホカメラとは違うところのように感じます。

瞳AFやリアルタイムトラッキングは、Xperia 1Ⅲの良いところです。

写真

Xperia 1Ⅲで撮影した写真は、こんな感じです。

東京駅

Xperia 1Ⅲ。写真
Xperia 1Ⅲ。写真

結構、細かいところまではっきり撮影できているように思います。

陰影も悪くないのではないでしょうか。

とくに何も設定などをしないでも、これぐらい撮影できるので、Xperia 1Ⅲのカメラ、写真撮影は良いと思います。Photography Proでは、いろいろ設定ができます。

個人的には、満足できる写真の撮影ができるように感じています。

マクロも、結構寄れる

そして、マクロというか、物撮りなどで、結構寄れます。

広角のレンズで、ズームをするとこのような感じで撮影ができます。なかなか良いと思います。

スマホカメラとして考えると、比較的、寄れるのではないでしょうか。

動画撮影は、普通

Xperia 1Ⅲの動画撮影は、普通だと思います。

写真撮影ほどではない感じで、AFのピントがあまりすぐには合わない感じがありますね。

ここは、ちょっと残念な感じです。

Cinema Proを使うと違うのかもしれませんが、いまいち使いやすくないというのもあると思います。

動画撮影が悪いというわけではなく、普通のスマホと変わらない感じだと思いました。

カメラは、写真撮影はいい感じだが、動画撮影は普通

カメラは、写真撮影は、好みはあると思います(もっと派手なほうが良いとか)が、個人的には良い感じだと思います。

Photography Proでは、いろいろ設定ができますし。

ただ、動画撮影は普通ですね。iPhone 12シリーズなどのほうが、簡単にいい感じで撮影できると個人的には感じました。

iPhone 12 ProとXperia 1Ⅲの比較。カメラ、スペック、ベンチマークなど

Xperia 1Ⅲの良いところ。気に入ったところ

Xperia 1Ⅲの良い点だなと感じたところ、気に入ったところなどは、以下のようなところです。

質感がマットで、高級な感じに

まずは、Xperia 1Ⅲの質感ですね。背面がマットなので、指紋や手の脂がつきにくいです。

これまで、Xperiaは背面が鏡面など、指紋が目立ちやすかったですが、これがマットになって良かったです。

高級な感じになっていますね。

Xperia 1Ⅲで、まず気に入ってるところです。

デザイン。フラットなデザイン

フラットなデザインが良いですね。これは、Xperia 1Ⅱと変わらないところで、これも良いところで、引き継いでいますね。

そして、角張っている感じなのですが、若干、丸みがあるというか、角がそこまであるわけではないデザインになっていて、手に当たっても痛くはありません。

持ちやすいです。

4Kディスプレイ、120Hz

4K 120Hz

Xperia 1Ⅲは、4Kディスプレイで、リフレッシュレートが120Hzです。

ディスプレイが見やすく感じます。

これもXperia 1Ⅲの良いところと感じました。

120Hzのリフレッシュレートで滑らかに表示されます。

これも、使っていて快適さを感じるところですね。

ブラウザなどを見る際に、目が少し疲れにくいかもと、個人的に感じていたりします。このため、使っていたくなるというのが、Xperia 1Ⅲですね。

また、ノッチやパンチホールなどがないのも、ディスプレイを見ているときに、没入感につながるというのを感じます。板というかスクリーンを持っている感じになりますね。

シャッターボタン

Xperia 1Ⅲ。カメラキー
Xperia 1Ⅲ。カメラキー

他のスマホでは、あまりないボタンなのではないでしょうか。

Xperia 1Ⅲには、カメラのシャッターボタンがあります。これは、便利です。

長押しするとカメラを起動でき、カメラのシャッターも押せます。便利なボタンですね。

Xperia 1Ⅲは、5Gミリ波に対応

5Gミリ波に対応しています。このため、ミリ波のエリアでは少し速くはなります。

ドコモだと、1Gbps前後になりますね。

ただ、まだそこまでそういうエリアが多くはないので、そこまで使えるかというと、どうかというのはありますね。

とはいえ、今後のことを考えると、Xperia 1Ⅲの5Gミリ波に対応というのは良いところだと思います。

サウンド関連が良い

Xperia 1Ⅲ。スピーカー
Xperia 1Ⅲ。スピーカー

Xperia 1Ⅲは、サウンド関連が良いですね。

スピーカーも、スマホとしては良い感じです。

とくに、WF-1000XM4との組み合わせで、音楽を聞くと、素人としてですが、音が良いと感じます。

WF-1000XM4を購入。Sony。ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。開封写真。簡単なレビュー、感想

ハイレゾでも聴くことができるので、スマホでも良い音で音楽を聞きたいという人には、Xperia 1Ⅲとの組み合わせは、良いと思います。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
Softbankオンラインショップ

Xperia 1Ⅲ、いまいちなところ

良いと感じるところが多い、Xperia 1Ⅲ。

ただ、Xperia 1Ⅲは、いまいちだと感じるところもあります。

価格が高い

まず、価格が高いというのはありますね。もう少し安ければと思います。

ドコモでも、15万円以上しますから。

13万円ぐらいなら良いかなと思うのですが。さすがに、高いとは思いますね。

とはいえ、購入したいのであれば、買えるのであれば、購入したほうが良いと思いますが。

バッテリーの持ちが、もう少し

Xperia 1Ⅲのバッテリーの持ちは、現段階ではいまいちですね。個人的には、ここが悩みというか、使いたいけれど、使うとバッテリーが減ってしまうという。

いろいろ設定など変えてみましたが、Always on Displayを使っていると、減ります。オフにすると、まあまあですね。

そして、スタミナモードにすると、かなり伸びますね。

バッテリーの持ちは、アップデートで改善されるという話もあるようなので、アップデートに期待したいところです。

Xperia 1Ⅲバッテリー持ちの改善まとめ

簡単にXperia 1Ⅲバッテリー持ちの改善をまとめておくと

・ドコモ関連で不要なサービスを停止・無効にする
・120Hzにしない
・ディスプレイの明るさを、あまり明るくしない
・ダークテーマを使う
・Always on Displayを常時表示にはしない

・STAMINAモードを適宜使用する

STAMINAモードにすると、かなりバッテリーが持ちます。バッテリーをなるべく長く持たせたいなら、STAMINAモードをうまく使いつつ、適宜、自分の利用したい機能を使っていくと良いかなと、現在は思っています。

まあ、手間なので、バッテリーが50%以下になったら、STAMINAモードにするという設定にしてそれまでは使うのも良いかもしれません。

個人的には、Always on Displayを常時表示で使いたいところなのですが、Always on Displayがかなりバッテリーを消費します。

というのはありますが、こういったところを適宜設定してみると、バッテリーは結構持つようになると思います。

発熱は、そこまでではなくなった

Xperia 1Ⅲは、発熱はそこまでではないですね。

充電中は、発熱というか熱を持ちますし、動画撮影などをすると熱くなるなどあります。

ただ、使い始めよりは、そこまでではないというところです。今は、夏なので、気になりますが、秋や冬になれば、さらに気にならなくなるかなと。

スポンサーリンク

ケースの選択肢が少なめ

Xperia 1Ⅲは、ケースの選択肢が少ないですよね。まあ、ケースの選択肢が多いのは、iPhoneやGalaxyぐらいだとは思いますが。

ちなみに

Xperia 1Ⅲ ケース。Spigen ラギッド・アーマーを購入。簡単な感想レビュー

Spigenのラギッド・アーマーを使っています。

Spigen エクスペリア 1 III 用 ケース [ SOG03 | SO-51B ] 黒 ストラップ穴付き ラギッド・アーマー ACS02841 (マット・ブラック)

Xperia 1Ⅲ ケース。Spigen ラギッド・アーマー

質感が良いですね。あと、厚いので衝撃などにも安心感があります。

ただ、重いので、もう少し軽いケースが欲しいところではあります。そうなると、あまり選択肢がないので、ちょっと残念なところです。

Xperia 1 IIIを選んだ理由

2021年のスマホ、いろいろ登場しています。

AQUOS R6やGalaxy S21シリーズなど、ありますよね。他にもOPPOやXiaomiなども気になるところです。Zenfone 8、Zenfone 8 Flipも良さそうです。

 

そんな中、Xperia 1Ⅲを選んだ理由は、繰り返しになる部分としては、

・マットな質感の背面

・ディスプレイが6.5インチと大きい割に、横幅が広くなく持ちやすい

・重量が188グラムと、軽め

といったところが大きいです。

 

また、microSDカードも使えるというのも、大きな理由でした。 Galaxy S21シリーズも気になったのですが、microSDが使えないので、ちょっと躊躇しました。

やはり、Androidでは、microSDが使いたいので。

まとめ:Xperia 1 III。不満点もあるが、デザインや質感などが良い

Xperia1Ⅲ、不満点もありますが、個人的には、気に入って使っています。

とくに、デザインや質感が良いですね。マットな質感が気に入っています。

そして、ディスプレイが大きいわりに、本体の横幅が大きくなく狭いので、持ちやすいです。なかなかこのようなスマホはないので、良いと思います。

ということで、Xperia1Ⅲ、このようなスマホが欲しい方には、おすすめです!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
Softbankオンラインショップ

Xperia 1 IIIの主なスペック、仕様

Xperia 1 III
OS Android 11
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 888 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4
ディスプレイ 6.5インチ 有機EL シネマワイド™ディスプレイ 3,840×1,644(4K)
メモリ 12GB
ストレージ 256GB
外部ストレージ microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
生体認証 指紋認証
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ 約1,220万画素/約1,220万画素/3D iToFセンサー/約1,220万画素
5G 5G/4G LTE
サイズ 約W71×H165×D8.2mm(最厚部9.7mm)
重量 約188g
バッテリー容量 4,500mAh
おサイフケータイ 対応
防水・防塵 IPX5/IPX8。IP6X
カラー フロストブラック、フロストグレイ(ドコモのみ)、フロストパープル

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ