新型「iPad mini(第6世代)」2021年後半に発売?折りたたみiPhoneは、2023年登場?

スマホなどのまとめ

iPad miniが2021年後半にアップデートされるのかもしれません。

アナリストのMing-Chi Kuo氏が、新型「iPad mini」は2021年後半に発売されると、投資家向けの最新レポートで報告しているとのこと。

スポンサーリンク

新型「iPad mini(第6世代)」2021年後半に発売?

iPad mini 5
iPad mini 5

9to5Mac

「iPad mini 6」2021年後半に発売?

タッチパネルサプライヤーが2021年後半に新しいiPad miniのリリースの恩恵を受けると伝えているということです。

「iPad mini 6」2021年後半に発売されるということのようです。

8.5インチか9インチディスプレイを搭載?

iPad mini(第6世代)は8.5インチか9インチディスプレイを搭載すると、ミンチー・クオ氏は予想していました。

こちらは、「iPad mini Pro」と言われるようなiPad Proに似たものとは違っているようです。

ディスプレイが大きくなり、ホームボタンがある「iPad mini 6」ということですね。

スポンサーリンク

折りたたみiPhoneは、2023年に登場?

また、同じレポートで、折りたたみiPhoneが、8インチQHD+ フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、2023年に発売されるとしています。

MacRumors

アップルが2023年に折りたたみ式iPhoneの1500万から2000万台の間で出荷する見込みとのことです。

8インチQHD+ フレキシブルOLEDディスプレイパネルは、Samsung Displayが製造し、ディスプレイドライバICはSamsungが供給するとのことです。

タッチパネルは、1方向だけではなく多方向への折りたたみに対応できること、耐久性に優れる点などから、Samsung DisplayのY-Octaではなく、台湾TPKの銀ナノワイヤータッチパネルが採用されるようです。