iPadどれがいい?iPad mini6、iPad Air4、iPad Pro 12.9インチ。違いや比較などスペックまとめ

2021年11月20日

\ ★スマホのまとめなど /

AppleのiPad。2021年11月現在では、5つのモデルが発売されていますね。

iPad(無印)、iPad mini6、iPad Air4、iPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチが発売されています。

あまり迷わないかもしれませんが、それぞれの特徴を知って購入すると違うと思うので、それぞれの違いや特徴をまとめておきます。

ちなみに、私は2021年現在、iPad mini6、iPad Air4、iPad Pro 12.9インチの3台を使っています。

過去には、iPadやiPad Pro 11インチも使っていました。

スポンサーリンク

iPadどれがいい?iPad mini6、iPad Air4、iPad Pro 12.9インチ。違いや比較などまとめ

iPad
iPad

iPadのディスプレイサイズの比較、違い

iPad Pro 2021、12.9インチ
iPad Pro 2021、12.9インチ

まず、iPadの大きな違いとして、ディスプレイのサイズが異なっていますね。

とくに、iPad miniは8.3インチとコンパクトです。iPad Pro 12.9インチとは、4.6インチも異なります。

iPad mini6 iPad 9 iPad Air 4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
ディスプレイサイズ 8.3インチ 10.2インチ 10.9インチ 11インチ 12.9インチ

あとは、iPad 9とiPad Air 4、iPad Pro 11インチは、ほぼ同じくらいの大きさですね。

とくに、iPad Air 4、iPad Pro 11インチは、ディスプレイサイズでは、ほぼ同じとなっています。

これらの大きさが違うので、使い勝手が異なります。

簡単に言うと、大画面が良いとか、絵を描きたいなら、12.9インチのiPad Proが良いでしょう。

コンパクトが良いなら、iPad mini6です。

他の3つのiPad 9とiPad Air 4、iPad Pro 11インチは、サイズとしては、オールラウンドで使えますね。

ディスプレイのリフレッシュレート

ProMotion
ProMotion

また、ディスプレイはリフレッシュレートが異なっています。

iPad Pro 11、12.9インチ ProMotion 120Hz

iPad mini6、iPad 9、iPad Air4 60Hz

となっています。

そこまで大きな違いは感じないかもしれませんが、Apple Pencilで絵を描くときや、ブラウザでスクロールするときなどに、スムーズさで違いを感じます。

スムーズなiPadが良い人は、やはりiPad Proシリーズになりますね。

iPadのSoC・チップの違い・比較。ベンチマークなど

M1チップ
M1チップ
iPad mini6 iPad 9 iPad Air 4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
SoC。チップ Neural Engineを搭載した
A15 Bionicチップ
Neural Engineを搭載した
A13 Bionicチップ
Neural Engineを搭載した
A14 Bionicチップ
次世代のNeural Engineを搭載したM1チップ 次世代のNeural Engineを搭載したM1チップ

iPadのチップは、このように違っています。

ベンチマーク。Geekbench

 Geekbench5 iPad mini6 iPad 9 iPad Air 4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
マルチコア
シングルコア
4462
1580
3450
1331
4204
1584
7216
1707
7215
1707

ベンチマークでは、このような違いがあります。

ただ、普段使っている中では、そこまで大きな違いは感じないかもしれません。

iPad9が、若干遅く感じることもあるでしょうが、iPad mini6とiPad Ai4では違いはほぼ感じません。

また、iPad mini6とiPad Air4と、iPad Proでは、違うとは思いますが、ブラウザーを見るぐらいでは、そこまで大きく違わないと思います。

ゲームや動画の書き出しなどでは違ってきますね。

iPadの重量・重さの違い

iPad mini6 iPad 9 iPad Air 4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
Wi-Fiモデル 293 g 487 g 458 g 466 g 682 g
Cellularモデル 297 g 498 g 460 g 470 g 685 g

iPadの重量・重さの違いは、このようになっています。

iPad mini6は、片手でも、それなりに長時間持てますね。

それ以外は、どれも長時間片手で持つには重く感じると思います。持てなくはないとは思いますが。

そういう意味では、iPadは、両手で使うものなのでしょうね。

本体のみなら、iPad Pro 12.9インチも、700グラムを切っているので、そこまで重くはありません。キーボードなどをつけると、1キロを超えてきたりするので、ノートパソコン並みの重量になってしまいますね。

Apple Pencil(第1世代)、Apple Pencil(第2世代)の比較

Apple Pencil
Apple Pencil

Apple Pencilは、第1世代、第2世代があります。

Apple Pencil(第1世代)が使えるのは、iPad(無印)ですね。

そのほかは、Apple Pencil(第2世代)が対応しています。

使い勝手は、Apple Pencil(第2世代)が良いと個人的には感じます。マットな仕上げ、質感なのも良いですし、充電も、iPadでマグネットでつけるだけなので、楽です。

Apple Pencil(第2世代)を使いたいなら、iPad mini6、iPad Air4、iPad Proですね。

認証の違い

Touch ID
Touch ID

認証は、以下のようになっています。

iPad mini6 iPad 9 iPad Air 4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
認証 Touch ID
トップボタンに内蔵された指紋認証センサー
Touch ID
ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
Touch ID
トップボタンに内蔵された指紋認証センサー
Face ID Face ID

Face ID、顔認証を使いたいなら、iPad Proですね。

電源ボタンTouch IDを使いたいなら、iPad mini6、iPad Air4。

ホームボタンTouch IDを使いたいなら、iPad 9です。

Face ID、Touch IDどちらも使えると便利なのですが、そうはなっていませんね。マスクをつけて認証する機会が多いなら、Touch IDが便利ですね。そうでないなら、Face IDが便利だと思います。

OSは、iPadOSで同じ

iPadOS 15
iPadOS 15

OSは、iPadOSで同じとなっています。

OSとしては、できることは同じと言えますね。そういう意味では、iPadは、ハード的なところで選ぶと良いということになります。

とくに、ディスプレイサイズと、Apple Pencilをどう使うかで変わってくるように感じています。

Magic Keyboardが使えるiPadは?

iPadには、Magic Keyboardという、トラックパッドが使えるキーボードがあります。

これは、iPad Air4、iPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチで使えますね。

トラックパッドを使いたいなら、Magic Keyboardは便利です。iPadでも、トラックパッドが使えるようになって、クリックなどができますね。

ということで、iPadで、Magic Keyboardを使いたいなら、iPad Air4、iPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチを選ぶということになります。

Smart Keyboad Folioが使えるiPadは?

Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard Folio

Smart Keyboard Folioが使えるiPadは、iPad Air4、iPad Pro 11インチ、12.9インチです。

これら3つが使えますね。

背面もカバーしてくれるので安心です。

Smart Keyboardは、iPad(無印)で

Smart Keyboard
Smart Keyboard

また、Smart Keyboardは、iPad(無印)で使えますね。

こちらは背面はカバーしてくれません。ここがちょっと残念ですよね。

 

iPad mini6は、こういったApple純正のキーボードはありませんね。Bluetoothキーボードを別途使用するということになります。

iPadは、Wi-Fiかセルラーか?

iPadは、Wi-Fi版とセルラー版があります。

どちらが良いかというのはありますが、これは、どこで利用するのが多いのかから考えるとわかりやすいと思います。

家や会社などWi-Fiがある環境で利用する場合は、セルラー版は不要でしょう。

逆に、外出先や移動の際にiPadを利用することが多いなら、セルラー版は便利ですね。

私は、このところ外出する機会が減ったので、Wi-Fi版を購入しています。

そして、外出先、移動中などは、iPhoneかテザリングで済ませていますね。テザリングはひと手間ですが、繋がれば使えるので、そこまで外出先で使う機会は多くないので、Wi-Fi版で事足りています。

iPadの価格の比較・違い

iPadの価格は、以下のようになっています。

iPad mini6 iPad iPad Air4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
価格(税込) Wi-Fiモデル
64GB 59,800円
256GB 77,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 77,800円
256GB 95,800円
Wi-Fiモデル
64GB 39,800円
256GB 57,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 56,800円
256GB 74,800円
Wi-Fiモデル
64GB 69,080円
256GB 87,780円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 85,580円
256GB 104,280円
Wi-Fiモデル
128GB 94,800円
256GB 106,800円
512GB 130,800円
1TB 178,800円
2TB 226,800円Wi-Fi + Cellularモデル
128GB  112,800円
256GB 124,800円
512GB 148,800円
1TB 196,800円
2TB 244,800円
Wi-Fiモデル
128GB 129,800円
256GB 141,800円
512GB 165,800円
1TB 178,800円
2TB 213,800円Wi-Fi + Cellularモデル
128GB 147,800円
256GB 159,800円
512GB 183,800円
1TB 231,800円
2TB 279,800円

安いのは、iPadですね。39,800円から

次に、iPad mini6が、59,800円からです。

iPad Air 4:69,080円から
iPad Pro 11:94,800円から
iPad Pro 12.9:129,800円から

となっています。

おすすめは?iPad Air4

iPad Air4外箱
iPad Air4外箱

私のおすすめは、iPad Air 4ですね。

iPad mini6、購入。パープル。開封写真。簡単な感想レビュー。ベンチマークなど

Apple Pencil(第2世代)が使えます。Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioも使えます。

CPUは、A14ですが、そこまで遅いということはありません。また、ディスプレイのリフレッシュレートも、高くはないですが、そこまで不便を感じることはないでしょう。

iPad Air 4は、たいていのことができるiPadで、ディスプレイサイズも10.9インチで、価格は、69,080円(税込)からと、iPad Proよりは安いです。

ちょうどいいiPadと言えるかもしれません。

iPad Pro 12.9インチは、大きくて見やすい

iPad Pro 2021、12.9インチ
iPad Pro 2021、12.9インチ

iPad Pro 12.9インチは、大きくて見やすいです。

iPad Pro 2021、12.9インチ・シルバーを購入。開封写真

M1チップでサクサク動くというのもありますが、この大きなディスプレイは、やはり見やすくて良いですね。

持ち運びはちょっと不便だと思いますが、家などで使うには、やはり大きさは魅力です。

複数の人と見るというのにも、大きいので見やすいですし。

まあ、価格が高いので、購入は迷うかもしれませんが。

iPad mini6は、コンパクトでサクサク動く

iPad mini6。パープル
iPad mini6。パープル

iPad mini6は、コンパクトでサクサク動きます。300グラムと軽いiPadとなっています。

iPad mini6・2021を、1日使っての感想。コンパクトで軽くて速いiPad

片手で持つこともできます。

A15 Bionicチップなので、iPhone 13シリーズと同じですね。Apple Pencil・第2世代も使えます。

コンパクトなiPadが欲しい方に良いですね。

安いiPadなら、iPad 9

iPad 第9世代
iPad 第9世代

そして、安いiPadが良いなら、iPad 9となると思います。

Wi-Fiモデルで、64GB 39,800円からとなっています。動作などがそこまで速くなくても良いという人や、Apple Pencil(第1世代)でも良いという人には、iPad 9ということになりますね。

5G対応のiPadは?

また、iPadのセルラーモデルで、5Gに対応しているのは、iPad ProとiPad mini6です。

5Gを使いたいのであれば、この2つですね。

意外というか、iPad Air4は、5Gには対応していません。

iPadどれがいい?iPad mini6、iPad Air4、iPad Pro 12.9インチ。

選択肢があるiPad

2021年現在のiPadは、いろいろと選択肢がありますね。

私のおすすめは、iPad Air4ですが、自分の用途や好みなどに合ったiPadを選びたいものです。

価格で迷うというのもあるかもしれませんが、大きさや速度、Apple Pencilなどで選ぶと、満足できるiPadを選べると思います。

スポンサーリンク

iPadの主なスペック。仕様の比較違いまとめ

iPad mini6 iPad 9 iPad Air4 iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
チップ A15 Bionicチップ
6コアCPU
5コアグラフィックス
16コアNeural Engine
A13 Bionicチップ
Neural Engine
A14 Bionicチップ
Neural Engine
Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載8.3インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,266 x 1,488ピクセル解像度、326ppi
フルラミネーションディスプレイ
Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載10.2インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,160 x 1,620ピクセル解像度、264ppi
Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載10.9インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi
フルラミネーションディスプレイ
Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載11インチ(対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ
2,388 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
Liquid Retina XDRディスプレイ
IPSテクノロジー搭載12.9インチ(対角)ミニLEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,596分割直下型ローカルディミングゾーンを採用した2Dバックライトシステム
2,732 x 2,048ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
ストレージ 64GB
256GB
64GB
256GB
64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
認証 Touch ID
トップボタンに内蔵された指紋認証センサー
Touch ID
ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
Touch ID
トップボタンに内蔵された指紋認証センサー
Face ID Face ID
カメラ 12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
8MP広角カメラ
ƒ/2.4絞り値
最大5倍のデジタルズーム
12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
Proのカメラシステム:広角カメラと超広角カメラ
広角:12MP、ƒ/1.8絞り値
超広角:10MP、ƒ/2.4絞り値、125°視野角
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
Proのカメラシステム:広角カメラと超広角カメラ
広角:12MP、ƒ/1.8絞り値
超広角:10MP、ƒ/2.4絞り値、125°視野角
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
ネットワーク 5G対応 4G 4G 5G対応 5G対応
Apple Pencil 第2世代 第1世代 第2世代 第2世代 第2世代
キーボード Smart Keyboard Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
バッテリー Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
オーディオ 2スピーカーオーディオ(横向き) 2スピーカーオーディオ 2スピーカーオーディオ(横向き) 4スピーカーオーディオ 4スピーカーオーディオ
コネクタ USB-C Lightning USB-C Thunderbolt / USB 4ポート Thunderbolt / USB 4ポート
サイズ 高さ
195.4 mm

134.8 mm
厚さ
6.3 mm
高さ
250.6 mm

174.1 mm
厚さ
7.5 mm
高さ
247.6 mm

178.5 mm
厚さ
6.1 mm
高さ
247.6 mm

178.5 mm
厚さ
5.9 mm
高さ
280.6 mm

214.9 mm
厚さ
6.4 mm
重さ Wi-Fiモデル
293 g
Cellularモデル
297 g
Wi-Fiモデル
487 g
Cellularモデル
498 g
Wi-Fiモデル
293 g
Cellularモデル
297 g
Wi-Fiモデル
466 g
Cellularモデル
468 g
Wi-Fiモデル
682 g
Cellularモデル
685 g
カラー スペースグレイ
ピンク
パープル
スターライト
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
価格(税込) Wi-Fiモデル
64GB 59,800円
256GB 77,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 77,800円
256GB 95,800円
Wi-Fiモデル
64GB 39,800円
256GB 57,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 56,800円
256GB 74,800円
Wi-Fiモデル
64GB 69,080円
256GB 87,780円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 85,580円
256GB 104,280円
Wi-Fiモデル
128GB 94,800円
256GB 106,800円
512GB 130,800円
1TB 178,800円
2TB 226,800円Wi-Fi + Cellularモデル
128GB  112,800円
256GB 124,800円
512GB 148,800円
1TB 196,800円
2TB 244,800円
Wi-Fiモデル
128GB 129,800円
256GB 141,800円
512GB 165,800円
1TB 178,800円
2TB 213,800円Wi-Fi + Cellularモデル
128GB 147,800円
256GB 159,800円
512GB 183,800円
1TB 231,800円
2TB 279,800円

 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ