「iPhone 12」の噂まとめ。発売日、価格。スペック、カメラ。サイズ、カラーなど

2020年7月8日

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

2020年のiPhone。「iPhone12」シリーズ。

その噂などがいろいろと出てきています。

ということで、「iPhone12」シリーズの噂などをまとめておきます。

今年2020年のiPhoneは、5Gに対応すると言われています。そのあたりも含めて、噂をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

「iPhone 12」の噂まとめ。発売日、価格。スペック、カメラ。4モデル?サイズ、カラーなど

iPhone12
iPhone12

名前・ネーミング

まず、名前ですね。

ネーミングですが、ここまでの噂だと「iPhone 12」になりそうな感じですね。

よほどのことがない限りは、このナンバリングのスタイルでいくのではないでしょうか。以前の「S」などはつかない名前になるのだろうと思います。

やはりわかりやすいですよね。

 

また、iPadなどでは、ナンバリングもないですが、iPhoneは、よほどのことがない限りは、ナンバリングがありそうです。まあ、「iPhone」だけになる可能性がないわけではないでしょうし、このあたりは、今後、情報が出てくることもありそうですね。

モデル数は4つ?

また、今年2020年の「iPhone」は、4つのモデルが登場するというのが、もっぱらの噂です。

「iPhone12」「iPhone 12 Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」のような形で登場するようです。

これらの大きな違いは、サイズの違い、ディスプレイサイズの違いと、カメラの違いのようです。

「iPhone 12」シリーズのラインナップと価格、仕様、名前などまとめ?

「iPhone12」の発売日はいつ?

「iPhone12」の発売日はいつになるでしょうか。

例年通りであれば、9月の3週ぐらい、金曜日が多いので、9月18日(金)あたりに発売というのが考えられます。

しかし、今年2020年は、新型コロナウイルスの影響で、生産などが遅れているという話があります。

「iPhone 12」シリーズは、10月発売?

遅れが改善してきたという話もありますが、それでもまだ遅れているという話も出てきています。そうなると、どうなるかはなかなかわかりにくいところです。いくつかのモデルは発売が遅れるというパターンもありそうですよね。

ということで、「iPhone12」の発売日は、例年以上に予想が難しいところがあります。

とは言え、発表自体は、このまま何もなければ、9月になるのではないでしょうか。ということで、「iPhone 12」の発売は、例年よりも遅れる可能性があります。

Apple役員、「iPhone 12」シリーズの発売が例年より数週間遅れることを明らかに

珍しいことに、Appleが事前に例年よりも発売が数週間遅れると明らかにしたということです。

そうなると、9月の後半から数週間ということで、10月の後半に発売ということになるのかもしれません。やはり、今年2020年は発売が遅れそうですね。

発表は、いつになるのでしょうね。

「iPhone 12」の発表イベントは10月13日に開催?10月16日(金)に予約受付開始?

価格は?

「iPhone 12」の価格ですが、

「iPhone 12」: 128GB=649ドル(69,800円)、256GB=749ドル(79,800円)

「iPhone 12 Max」:128GB=749ドル(79,800円)、256GB=849ドル(90,800円)

「iPhone 12 Pro」:128GB=999ドル(106,800円)、256GB=1,099ドル(119,800円)、512GB=1,299ドル(139,800円)

「iPhone 12 Pro Max」:128GB=1,099ドル(119,800円)、256GB=1,199ドル(127,800円)、512GB=1,399ドル(149,800円)

これまでの噂だと、これぐらいになるようですね。

 

「iPhone 12」は7万円からということで、かなりお得な感じの価格で購入できるようです。

「iPhone 12 Pro Max」は、最高で約15万円と倍以上の価格になりそうです。

スポンサーリンク

ラインナップの主な違い

これまでの「iPhone12」のラインナップの違いを表にまとめてみます。

iPhone12
iPhone 12
iPhone12(5.4インチ) iPhone12 Max(6.1インチ) iPhone 12 Pro(6.1インチ) iPhone12 Pro Max(6.7インチ)
5.4インチ有機ELディスプレイ 6.1インチ有機ELディスプレイ 6.1インチ有機ELディスプレイ 6.7インチ有機ELディスプレイ
5G対応 5G対応 5G対応 5G対応
4GB RAM 4GB RAM 6GB RAM 6GB RAM
デュアルカメラ デュアルカメラ トリプルカメラ+LiDAR トリプルカメラ+LiDAR
アルミ製ボディ アルミ製ボディ スレンレス製ボディ スレンレス製ボディ
128GB=649ドル(69,800円)
256GB=749ドル(79,800円)
128GB=749ドル(79,800円)
256GB=849ドル(90,800円)
128GB=999ドル(106,800円)
256GB=1,099ドル(119,800円)
512GB=1,299ドル(139,800円)
128GB=1,099ドル(119,800円)
256GB=1,199ドル(127,800円)
512GB=1,399ドル(149,800円)

「iPhone 12」は5G対応

「iPhone 12」は5G対応と言われています。

すべてのモデルが5G通信に対応するようです。

ただ、ミリ波に対応するのかどうか。Proシリーズがミリ波に対応する可能性があるようですね。しかし、これもまだ、はっきりしていないようです。「iPhone 12 Pro Max」のみが、ミリ波に対応するという話もあるようです。

どのモデルが、ミリ波に対応するのかしないのか。発表まではわからないのかもしれませんね。

いずれにしても、「iPhone 12」は5G対応ということは、かなり可能性が高いようなので、5G通信を使用することはできますね。

と言っても、日本では、まだまだ利用できる場所が少ないので、そこまで恩恵があるかというとそうではないと思いますけれど。

「A14チップ」

iPhone 11はA13チップを搭載しています。

「iPhone 12」は、「A14チップ」を搭載することでしょう。これが、どこまで性能アップになるのか。

Appleは、MacでApple Siliconを搭載し、移行していくと発表しました。

Aシリーズのチップの技術が活かされているはずですよね。そして、「A14チップ」も性能アップしているのではないでしょうか。

メモリは、「iPhone12」のRAMは4GB、「iPhone 12 Pro」は6GB?

メモリは、「iPhone12」のRAMは4GB、「iPhone 12 Pro」は6GBという話が出ています。

「iPhone12」のRAMは4GB、「iPhone 12 Pro」は6GB?

iPhone11が、4GBとと言われているので、「iPhone 12 Pro」はメモリが増えるのかもしれません。

カメラは、iPhone 12Proがトリプルカメラ+LiDAR?

iphone12
iphone12

カメラは、iPhone 12Proがトリプルカメラ+LiDARという話がありますね。

iPad Pro 2020で搭載された、LiDAR。これが、「iPhone 12 Pro」にも搭載されるのかもしれません。

iPhone 11 Proよりも、LiDARが増えて、VRやARに対応しやすくなるのかもしれません。「3D」に対応したいというのが狙いなのではないでしょうか。

「iPhone 12」は、デュアルカメラのようです。

4K/120fpsの動画撮影が可能になる?

また、「iPhone 12 Pro」では、4K/120fpsの動画撮影が可能になるということのようです。

「iPhone 12」、4K/240fpsの動画撮影が可能に?

また、4K/240fpsのスローモーション撮影も可能になるのかもしれません。このあたりも、iPhone 11 Proから改善されるようですね。

「iPhone 12 Pro」は、カメラが改善されるというのは、ありそうですよね。

5G対応と、カメラの改善は、「iPhone 12」の大きな改善点になりそうです。

デザインの変更。iPad Proのような角張ったデザインに?

「iPhone 12」は、iPhone 11とは違って、iPad Proのような角張ったデザインになると言われています。

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro Max

上のようなCADデータがあるようですね。

かなり、iPad Proっぽいですよね。

実際は、もう少し違うのかもしれませんが、iPhone 11までの丸みがある感じとはまた違った感じになるようです。

そして、他のレンダリング画像なども、やはり角張っているものが多いです。これまでに出てきている噂に基づいて作られているからでしょう。ということで、「iPhone 12」は、角張ったデザインになる可能性が高いようです。

個人的には、丸みがあったほうが持ちやすいと思うのですが、iPad Proに合わせるとしたら、このような変化がありそうですね。

スポンサーリンク

カラー・ボディーの色

「iPhone 12 Pro」には、ネイビーブルーが新色で追加されるのではという話があります。

「iPhone12 Pro」ネイビーブルー、噂の新色レンダリング画像

iPhone_12_Pro_Leaks__Navy_Blue
iPhone 12 Pro NavyBlue

ミッドナイトグリーンがなくなって、ネイビーブルーが追加されるのかもしれません。

そうなると、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ネイビーブルーが、「iPhone 12 Pro」の4色なのかもしれません。

「iPhone 12」はどうなるのでしょうね。

iPhone 11では、ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、REDの6色があります。

「iPhone 12」でも、これぐらいカラフルになるのでしょうか。

カラフル
カラフル

サイズ

「iPhone 12」が、5.4インチモデルということですが、iPhone8よりも若干小さくなるようです。

「iPhone 12」、iPhone SE (第1世代)とiPhone 7の中間サイズ?ダミーモデルとの大きさ比較写真

iPhone12
iPhone12

縦の長さが短くなるのかもしれません。

もし本当だとすると、小さいiPhone、スマホが欲しい人には、魅力的ですよね。iPhone 8よりも画面は大きくなるにもかかわらず、少しサイズが小さくなる。

小さいiPhoneが欲しい人にはうれしいところでしょう。

「iPhone 12」の噂まとめ。

これまで出てきている「iPhone 12」の噂をまとめると、だいたい以上のような感じです。

最後に、iPhone 11との大きな変更点などをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「iPhone 12」との大きな変更点まとめ

  • 4モデル
  • 5Gに対応
  • 「iPhone 12 Pro」は、トリプルレンズ+LiDAR
  • デザインが角ばった感じになる
  • 小さいモデルも登場しそう

iPhone 11と「iPhone 12」の違いは、まず4モデルになるということですね。

iPhone 11は、3モデル。iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxでしたが、これが、「iPhone 12」「iPhone 12 Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4つになるようです。

5Gに対応するようです。

また、「iPhone 12 Pro」は、トリプルレンズ+LiDARになり、ARなどが変わりそうです。

デザインは、iPad Proに似たようなデザインに変わるようです。

そして、「iPhone 12」は、5.4インチのディスプレイを搭載した小さいサイズになるのかもしれません。これは、小さいiPhoneが欲しい方には良いですよね。

 

ここまで、「iPhone 12」シリーズの噂をまとめました。実際の登場時に、このようになっているかはわかりません。そして、今年2020年は、発売が遅れる可能性もありそうです。例年通りの発売を期待したいですね。

発売は遅れていますね。10月の発売になるのかどうか。

そのほか