iPhone14 Proを1日使っての感想レビュー。ディープパープル。Dynamic Island。常時表示。カメラ・写真。ベンチマーク、速度

\ ★スマホのまとめなど /

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

AppleのiPhone14 Pro、ディープパープルを購入しました。

iPhone14 Proを購入。ディープパープル。開封写真。Dynamic Island。常時表示。簡単な感想レビュー。重さ、ベンチマークなど

1日ほど使ったので、感想やレビューなどを書いておきます。

iPhone14 ProのDynamic Islandや常時表示、カメラ・写真などについてです。

d ドコモオンラインショップ
au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ
R 楽天モバイル

Apple公式サイト

スポンサーリンク

iPhone14 Proを1日使っての感想レビュー。ディープパープル。Dynamic Island。常時表示。カメラ

iPhone14 Pro、ディープパープル本体
iPhone14 Pro、ディープパープル本体

iPhone14 Proのカラーは、ディープパープルを選択。気に入りました。

まず、選んだカラーは、ディープパープルです。iPhone14 Proの新色ですね。これまで紫系は、Proモデルにはなかったような。

今回、iPhone 14 Proで、暗めのパープルが登場しました。

パープルが欲しかったので良いですね。気に入りました。

他にも、スペースブラックやシルバー、ゴールドもあるので、自分の好きなカラーを選ぶと、満足感は高くなると思います。

Dynamic Islandは、ありかも

Dynamic Island
Dynamic Islandはあり

iPhone14 Proでは、ノッチがなくなって、Dynamic Islandになりました。

これまで、しばらくノッチだったわけですが、これがなくなって、Dynamic Islandに変わりましたね。

通知などで形が変わるなどして、面白いですし、少し実用的なところもありますね。ノッチよりは、Dynamic Islandのほうが個人的には良いかなと思います。

まあ、カメラなどが見えなくなるほうが良いとは思いますが、こういうのもありかなと。

常時表示に対応。バッテリー持ちもそこまで気にならない

常時表示
常時表示

iPhone14 Proのディスプレイが常時表示に対応しました。

時計やウィジェットなどを見ることができます。

これまで、ディスプレイは、オフにしたら情報は見られなかったわけですが、常時表示をオンにすれば、見ることができます。

気になるのは、バッテリーの減りかもしれませんが、そこまでは減らない感じでしょうか。まあ、常時表示オフにすれば、もっとバッテリーは持つと思いますが。

常時表示でのバッテリー持ちは、1日は持つ感じでしょうか。

iPhone14 Proは、カメラも改善。4800万画素に

iPhone14 Proのカメラ
iPhone14 Proのカメラ

iPhone14 Proは、カメラも改善されています。画素数が4800万画素になりました。

これまで、iPhoneは、1200万画素でしたが、画素数がアップしています。

これによって、以前より高精細な写真を撮影できるということです。とともに、写真の容量も増えますが。

2倍ズームボタンで撮りやすく

2倍ズームボタン
2倍ズームボタン

また、今回2倍のズームボタンがつきました。これが撮りやすくなっていますね。

0.5倍、1倍、2倍、3倍となっているので、2倍ズームでちょうど良い感じに、ズームすることができます。

こういったところも、改善を感じます。

写真

作例は、こんな感じです。こちらは、1200万画素ですね。

かなり良い感じだと思います。明るさがあれば、やはりiPhoneはいい感じで撮れますね。

こちらは、3倍ですね。結構、いい感じに撮れていると思います。

3倍までは、光学ズームなどがあるので、いい感じに撮影できますね。

15倍

15倍です。意外と悪くないかもしれません。

もう少しズームできると良いと思いますが、見られなくはない感じです。ギリギリ実用できるかもしれません。

iPhone13 Proよりも、ズームが改善されているかもしれませんね、

ナイトモード。夜

ナイトモード。夜
ナイトモード。夜

夜は、こんな感じですね。

↓何もしないとこんな感じが、↑上の写真のように明るくなりますね。ただそこまでではないかもしれません。

何もしていない
何もしていない

いずれにしても、iPhone14 Pro、夜も、悪くはないですが、やはり明るくないと、そこまでではないかなと思います。

A16チップ。ベンチマーク。速度など

iPhone14 Proは、A16チップですね。4nmということで、速度がどうなっているのかも気になるところですよね。

ベンチマークでは、

iPhone14 Pro。GeekBench5
iPhone14 Pro。GeekBench5

iPhone14 ProのGeekBench5は、

シングルコア:1898
マルチコア:4946

です。

ちなみに、iPhone13 Proは、シングルコア:1726、マルチコア:4765、ということで、1割以上は改善というところですね。

iPhone14 ProのAntutu
iPhone14 ProのAntutu

また、iPhone14 ProのAntutuは、92万点超ですね。

ちなみに、iPhone13 ProのAntutは、78万なので、かなりのスコアアップとなっています。

iPhone 14 Pro、あまりチップセットなどの改善をAppleは言っていないですが、結構改善されている感じです。

 

なのですが、iPhone14 Proの体感の速度はそこまで速くなっているという感じはありません。

ただ、Face IDのロック解除が、マスクをしていても、速いというか、精度が良くなったような気もします。処理速度が速くなっているということなのかもしれません。

iPhone14 Proの重量、重さ。厚み

iPhone14 Proの重さ
iPhone14 Proの重さ

iPhone14 Proの重さは、203グラムということです。

こちらは、NIMASOのガラスフィルムを貼った状態です。ガラスフィルムで16グラムも違うのかというのがありますが、やはり重いです。これでケースをつけたら、240グラムぐらいになります。

なので、Proモデルは、重いですね。iPhone14 Proも軽くはないです。

iPhone14 Pro、少しだけ厚みが増しています。このため、若干、手に持ったときに厚く感じます。微妙な違いですが。

そして、カメラ部分の厚みが増えている、出っぱっているので、机などに置いたときに、かなり斜めになりますね。これは、ケースなどでどうにかするなどですかね。

iPhone 14Pro/14 Pro Maxの価格の価値があるか

iPhone 14Pro/14 Pro Maxの価格は、以下のようになっています。

円安の影響が大きいのでしょう。iPhone 14Pro/14 Pro Maxの価格は、少し高くなっています。

これだけの価値があるかどうかは、人によるかなと思います。好きな人や仕事などで活用している人にとっては、とても良いと思いますが、ネットとSNSぐらいだと、他のスマホやiPhone14もしくは前のモデルなどでも良いかもしれませんね。

128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 14 Pro 149,800円 164,800円 194,800円 224,800円
iPhone14 Pro Max 164,800円 179,800円 209,800円 239,800円

d ドコモオンラインショップ
au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ
R 楽天モバイル

iPhone14 Proを1日使っての感想レビュー。細かいが着実な改善を感じられる

iPhone14 Proのカメラ
iPhone14 Proのカメラ

細かいところの改善を感じる

まだ、1日ほどしか使えていないですが、iPhone14 Proを使って感じるのは、細かいところの改善ですね。

デザインもそこまで変わっているわけではないので、大きな変化は感じないかもしれません。

しかし、Dynamic Islandがわかりやすいですし、常時表示も地味に便利です。

A16チップで、少し速度も速くなっています。少しレスポンスが良いとか、Face IDのロック解除が速いとか、そういった細かな改善を感じられます。

そして、カメラも、着実に改善されています。

iPhone14 Pro、個人的には改善を感じられるので、購入して良かったと感じています。

また、今後、iOSがアップデートしていくと、細かな改善やちょっとした機能追加などもあると思うので、それらも楽しみですね。

iPhone14 Proの良いところ、イマイチなところ

iPhone14 Proの良いところ、イマイチなところは、こんな感じでしょうか。

iPhone14 Proの良いところ

・常時表示ができるように
・Dynamic Islandは面白い
・カメラが改善。撮りやすく
・A16で、動作がサクサク

また、個人的には、ディープパープルも気に入ったので、それも良いですね。やはり気に入ったカラーのスマホを使えるというのは良いので。

iPhone14 Proのイマイチなところ

・重い
・少し価格が高め
・カメラのズームは、少し弱い

これらがイマイチだなと思うところです。細かいところで不満がありますよね。

ただ、これらは、なかなか改善されないかもしれません。カメラのズームは、今後、改善されるかもしれませんが。

着実な改善を感じられるiPhone14 Pro

iPhoneが登場してから、それなりの時間が経っています。なので、そこまで大きな変化は、なかなかないかもしれません。

しかし、そんな中でも、着実な改善を感じられたiPhone14 Proのように思います。

今後、さらにどんな変化、改善があるのか、2025年のiPhone、「iPhone15」も気になるところですが、まだ1年ほどは登場しないので、現状、改善されたiPhone14 Proを、もう少し楽しみながら使っていこうと思います。

d ドコモオンラインショップ
au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ
R 楽天モバイル

スポンサーリンク

iPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの主なスペック、仕様まとめ

iPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの主なスペック、仕様などは以下の通りです。

iPhone14 iPhone 14 Plus iPhone 14 Pro iPhone14 Pro Max
予約開始日 2022年9月9日(金) 2022年9月9日(金) 2022年9月9日(金) 2022年9月9日(金)
発売日 2022年9月16日(金) 2022年10月7日(金) 2022年9月16日(金) 2022年9月16日(金)
価格 128GB:86,800円(税込)
256GB:98,800円(税込)
512GB:122,800円(税込)
128GB:86,800円(税込)
256GB:98,800円(税込)
512GB:122,800円(税込)
128GB:122,800円(税込)
256GB:134,800円(税込)
512GB:158,800円(税込)
1TB:182,800円(税込)
128GB:122,800円(税込)
256GB:134,800円(税込)
512GB:158,800円(税込)
1TB:182,800円(税込)
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppiHDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度800ニト(標準)、ピーク輝度1,200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppiHDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度800ニト(標準)、ピーク輝度1,200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppiDynamic Island
常時表示ディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つ
ProMotionテクノロジー
HDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度1,000ニト(標準)、
ピーク輝度1,600ニト(HDR)、
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
耐指紋性撥油コーティング
Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,796 x 1,290ピクセル解像度、460ppiDynamic Island
常時表示ディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つ
ProMotionテクノロジー
HDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度1,000ニト(標準)、
ピーク輝度1,600ニト(HDR)、
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
耐指紋性撥油コーティング
仕上げ Ceramic Shieldの前面
ガラスの背面とアルミニウムのデザイン
Ceramic Shieldの前面
テクスチャードマットガラスの背面と
ステンレススチールのデザイン
チップ A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
A16 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
ストレージ 128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
カメラ デュアルカメラシステム
12MPメイン:26mm、ƒ/1.5絞り値、
センサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、
100% Focus Pixels
12MP超広角:13mm、ƒ/2.4絞り値と120°視野角、
5枚構成のレンズ
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
サファイアクリスタル製レンズカバー
True Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、
ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ナイトモード
パノラマ(最大63MP)
フォトグラフスタイル
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
Proのカメラシステム
48MPメイン:24mm、ƒ/1.78絞り値、
第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、
7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MP超広角:13mm、ƒ/2.2絞り値と120°視野角、
6枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MPの2倍望遠(クアッドピクセルセンサーを活用):
48mm、ƒ/1.78絞り値、
第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、
7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MPの3倍望遠:77mm、ƒ/2.8絞り値、
光学式手ぶれ補正、6枚構成のレンズ
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、
6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム
サファイアクリスタル製レンズカバー
アダプティブTrue Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使える
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、
ステージ照明、ステージ照明(モノ)、
ハイキー照明(モノ))
ナイトモード
LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
パノラマ(最大63MP)
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG、DNG
動画撮影 4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード(最大2.8K、60fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(メイン)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード(最大2.8K、60fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影(スローモーションとタイムラプスに対応)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオの第2世代センサーシフト光学式手ぶれ補正(メイン)
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(メイン、望遠)
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、
6倍の光学ズームレンジ
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264、ProRes
ステレオ録音
フロントカメラ 12MPカメラ
ƒ/1.9絞り値
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
6枚構成のレンズ
Retina Flash
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、
ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
フォトグラフスタイル
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
自動手ぶれ補正
バーストモード
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
12MPカメラ
ƒ/1.9絞り値
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
6枚構成のレンズ
Retina Flash
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、
ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
フォトグラフスタイル
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
自動手ぶれ補正
バーストモード
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
5G Sub6
ワイヤレス充電 MagSafe 最大15Wワイヤレス充電
バッテリー ビデオ再生:最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
ビデオ再生:最大26時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大100時間
ビデオ再生:最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大29時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
充電 高速充電に対応:約30分で最大50%充電
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
サイズ 高さ146.7mm
幅71.5mm
厚さ7.8mm
高さ160.8mm
幅78.1mm
厚さ7.8mm
高さ147.5mm
幅71.5mm
厚さ7.85mm
高さ160.7mm
幅77.6mm
厚さ7.85mm
重量 172g 203g 206g 240g
カラー ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル

 

同梱物 iOS 16を搭載したiPhone
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル

 

YouTube スマートフォン・携帯電話ランキング にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ