スマガジは、iPhoneやスマホ、Pixel、Xperia、Galaxy、iPadの情報や噂などを発信しています。

また、iPhoneやスマホのレビューや感想、ケースやガジェットを実際に使用してのレビューなども。

(「広告」を含みます)

Xperia 1 VI、3日使っての感想レビュー。カメラ・写真。バッテリー持ちは?ディスプレイ。ベンチマーク。発熱は?サイズ、重さなど


Twitter YouTube もやっています

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

ソニーのXperia 1 VI、ドコモ(SO-51E)を購入しました。

Xperia 1 VI、ドコモ(SO-51E)。購入。感想レビュー。プラチナシルバー。開封写真。カメラ、ベンチマーク。重さ・サイズ。発熱など

購入して、3日ほど使いました。

ということで、Xperia 1 VIを3日ほど使っての感想、レビューを書いておきたいと思います。

Xperia 1 VIのカメラ、バッテリー持ち、ディスプレイ、ベンチマーク、サイズ、重さ、発熱などです。

d ドコモオンラインショップ
au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

Xperia 1 VI、3日使っての感想レビュー。カメラ・写真。バッテリー持ちは?ディスプレイ。ベンチマーク。発熱は?サイズ、重さなど

Xperia 1 VIのカラーは、プラチナシルバー。ドコモ版

Xperia 1 VI、プラチナシルバー
Xperia 1 VI、プラチナシルバー

Xperia 1 VI、ドコモ版を購入しました。ドコモロゴがなくなり、すっきりしています。

カラーは、プラチナシルバーです。

SIMフリーモデルは、スカーレットがあるのですが、発売日が少し遅いので、ドコモ版でプラチナシルバーです。

次のXperiaでは同時に発売して欲しいものです。

Sony純正ケースカバー。ガラスフィルムはSpigen

Style Cover with Stand for Xperia 1 VI
Style Cover with Stand for Xperia 1 VI

ケースは、ソニーの純正ケースカバー、Style Cover with Stand for Xperia 1 VIです。いつもの感じで良いです。側面は開いていますが。

今回、ストラップホールがありますね。

ガラスフィルムは、Spigenです。

フロントカメラも保護してくれるタイプです。

比較的、手の指紋や脂などもつきにくく、良い感じです。

Xperia 1 VIのカメラ、写真。

Xperia 1 VIのカメラ。トリプルカメラ
Xperia 1 VIのカメラ。トリプルカメラ

Xperia 1 VIのカメラは、トリプルカメラです。

また、カメラアプリが一つになりましたが、Androidスマホに慣れている人には不便は感じないかもしれません。

一方で、これまでの、Photography Proなどが良かった人には、慣れが少し必要かも。ただ、Proモードもあるので、慣れることができると思いますが。

2倍ズーム。Xperia 1 VI
2倍ズーム。Xperia 1 VI

2倍ズームが、光学2倍相当になり、改善を感じます。

3.5倍ズーム。Xperia 1 VI
3.5倍ズーム。Xperia 1 VI

こちらは、3.5倍。

7倍ズーム。Xperia 1 VI
7倍ズーム。Xperia 1 VI

こちらは7倍ズームです。光学ズームで良いと思います。

光学7倍は、2024年のスマホでは他にはないのではないかと思うので、ここは良いですね。

7倍以上(21倍ほどまで)は、そこまでではないので、あまり期待しないほうが良いですね。

また、部屋などでの撮影は暗めだと思います。

カメラ・夜景

「夜景モード」というものは、タブとしてはないです。暗いと、提唱度撮影が自動でオンになって、オフにすることも可能です。

夜景オフ

こちらは、オフです。

夜景オン

こちらが、低照度撮影がオンです。

結構明るく撮れますし、細部もボケていないので、悪くないと思います。

Xperia 1 VIのバッテリー持ちは?

Xperia 1 VIのバッテリー持ちは、改善されています。改善を感じました。ここは個人的には嬉しいところです。

夜に90%ぐらいまで充電して、朝に86%ぐらいでしょうか。

使っていないとあまり減らないですね。

使っても、ディスプレイをあまり明るくしなければ、かなり持つ感じです。

ディスプレイの明るさを自動調整にしていると、夜は、明るすぎる感じです。そして、明るさを自動調整にしておくと、バッテリー持ちは普通かなと。

Xperia 1 VIのディスプレイ。明るくなった

Xperia 1 VIのディスプレイ
Xperia 1 VIのディスプレイ

Xperia 1 VIのディスプレイは、明るくなっています。

繰り返しになりますが、自動調整だと夜などは明るすぎる感じもあります。バッテリーも減るので、ここは自動調整オフでも、夜は良いかもしれません。

輝度が約1.5倍になっているということで、明るいです。

また、サンライトビジョンで、直射日光下で視認性がアップしているそうで、確かに、外でも見やすいです。

解像度はFHD+です。4Kを見たいという人にはちょっと残念かもしれません。私は、そこまで4Kを見る機会はないので、そこまでではないですが。

また、縦横の比率が、19.5:9になっています。横幅が大きくなった感じがしますが、これは、そこまででもないというか、悪くはないかもしれません。

ただ、細長いサイズが良い方には残念かも。私は、そこまでではないかなと感じました。持ちにくいという感じはしませんでした。

Xperia 1 VIのベンチマーク、動作速度

Xperia 1 VI、Antutuのベンチマークスコア
Xperia 1 VI、Antutuのベンチマークスコア

Antutuのベンチマークスコアは、150万ほどです。

Snapdragon 8 Gen3としては、控えめなスコアだと思います。ただ、GPUが60万弱あるので、低すぎるということはないかなと。

もっと高スコアなほうが良いという人には、別のスマホかなと思います。

ただ、実際の動作速度というか、ウェブやSNSなどを見るぶんには、十分すぎるほど速いです。快適です。

Xperia 1 VIの発熱は?

Xperia 1 VIの発熱ですが、ベンチマークを回しても、そこまで熱さは感じません。41°Cほどです。

ベイパーチャンバーで放熱している感じはありますが、熱いというほどではないですね。

バッテリーを充電しているときに少し温かくなるので、暑い場所では充電しないほうが、バッテリーを傷めにくい、寿命は減りにくいのではと思います。

Xperia 1 VIの重さ、サイズなど

Xperia 1 VIの重量、重さ
Xperia 1 VIの重量、重さ

Xperia 1 VIの重さは192gということで、6.5インチとしては、重くはないと思います。

ガラスフィルムを貼って、203グラムほどです。

最近の大型のスマホとしては、軽いほうですよね。もっと軽いに越したことはないのですが。

サイズは、約74mm×約162mm×約8.2mmということで、これまでのXperia 1シリーズよりも、横幅が大きく感じます。

それでも、ハイエンドのスマホとしては、まだ横幅が大きくないので、許容範囲というか、持ちにくいということはありません。

ただ、細長いボディが好み、コンパクトさはやはり以前のほうがあるので、好みがわかれるところだとも思います。

スピーカーは、やはり良い

フルステージステレオスピーカー
フルステージステレオスピーカー

また、Xperia 1 VIのスピーカーですが、フルステージステレオスピーカーで、音圧の向上を図っているそうです。

やはり良いですね。

スマホのスピーカーとしては、他とは違うというのを感じます。

まあ、Bluetoothスピーカーなどを使ったほうが、もっと全然良いわけですが、スマホのスピーカーとしては、すごいと思います。

顔認証はないのは、やはり不便

Xperia 1 VIに顔認証はありません。これが不便ですね。

今はまだ良いのですが、冬は外出時に手袋をするので、指紋認証が使えません。

また、他のスマホを使っていると、やはり指紋認証は、ちょっと面倒な感じがします。

次のXperiaでは、顔認証をつけて欲しいです。結構、前から言っていますが。

Xperia 1 VIの価格は

ドコモの価格:209,440円。いつでもカエドキプログラム+で実質160,600円。6,982円×23回。

auの価格:214,800円。スマホトクするプログラムで実質112,800円。初回4,912円、4,904円x22回

ソフトバンクの価格:210,960円。新トクするサポート(プレミアム)で実質67,500円+早トクオプション利用料12,100円。1~12回5,625円/月

d ドコモオンラインショップ
au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

SIMフリーモデルは、

Xperia 1 VI 12GB/256GB:189,200円(税込)ブラック、プラチナシルバー、カーキグリーン、スカーレット
Xperia 1 VI 12GB/512GB:204,600円(税込)。ブラック、プラチナシルバー、カーキグリーン、スカーレット
Xperia 1 VI 16GB/512GB:218,900円(税込)。ブラック、カーキグリーン。

もう少し安ければと思うところですね。

Xperia 1 VI、ドコモ(SO-51E)。3日ほど使っての感想レビュー

Xperia 1 VI、プラチナシルバー
Xperia 1 VI、プラチナシルバー

Xperia 1 VI、ドコモ(SO-51E)を、3日ほど使いました。

改善を感じるところもあり、それらは良いと思います。

ただ、もう一歩かなと感じるところもあります。

Xperia 1 VI、ドコモ(SO-51E) の改善を感じたところ

Xperia 1 VIの改善を感じたところは、以下のようなところです。

・カメラの2倍相当ズーム
・カメラの7倍ズーム
・ディスプレイの明るさ
・バッテリー持ち

これらは、確実に改善されていますね。

こういったところは良いと思いました。

Xperia 1 VIの良いと感じているところ

・背面の質感

また、背面の質感も他にはなく、手の脂や指紋などがほとんどつかないので、ここは継続していって欲しいです。

Xperia 1 VI、ドコモ(SO-51E) のいまいちなところ

Xperia 1 VIのいまいちなところは、以下のようなところです。

・顔認証がない
・部屋などでは、カメラが暗め

これらは、いまいちかなと。

顔認証は繰り返しになりますが、ここは不便です。

また、カメラも、部屋など蛍光灯の下などでは少し暗めかもしれません。明るいところでは良い感じに撮れますが。

好みなどがわかれそうなところ

好みなどがわかれそうなところは、ディスプレイ周りやサイズでしょうか。

ディスプレイは、4Kではなくなって、FHD+です。また、21:9ではなく19.5:9です。

これによって、サイズが横幅が大きくなりました。

このあたりは、好みなどがわかれるところだと思います。

私は、そこまで気にならない感じでした。

Xperia 1 VIの良いところを使っていきたい

ということで、バッテリー持ちの改善や光学7倍ズーム、ディスプレイが明るくなど、改善を感じました。

こういったところなどが改善されているところなどを感じるので、そういった良いところを使っていきたいなと感じています。


Xperia 1 VIのスペック、仕様まとめ

Xperia 1 Ⅵ
OS Android 14
チップセット Snapdragon 8 Gen3
ディスプレイ 約6.5インチ
有機EL
Full HD+
リフレッシュレート1~120Hz可変
HDR対応
メモリ 12GB/16GB(SIMフリーモデル)
ストレージ 256GB/512GB
外部メモリ microSDXC(最大1.5TB)
背面カメラ 16mm(超広角)
有効画素数約1200万画素/F値2.2
24mm(広角)
有効画素数約4800万画素
(記録画素数約1200万画素)*/F値1.9
*48MP高画素撮影モード時は記録画素数約4800万画素
48mm(広角)*
有効画素数約1200万画素
(記録画素数約1200万画素)/F値1.9
*光学2倍相当
85-170mm(望遠)
有効画素数約1200万画素/F値2.3-3.5
ZEISS T*コーティング
フロントカメラ 有効画素数約1200万画素/F値2.0
スピーカー フルエンクロージャー構造
イヤホンジャック 3.5mmオーディオジャック
認証 指紋認証
ネットワーク SIMフリーモデル
4G:Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42, 66
5G : n1, n3, n5, n28, n41, n77, n78, n79*
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth ver5.4
バッテリー 5000mAh
いたわり充電
ワイヤレス充電
カラー カラーはブラック、プラチナシルバー、カーキグリーン
サイズ 約74mm×約162mm×約8.2mm
重量 約192g
防水防塵 IPX5/IPX8。IP6X
価格 SIMフリーモデルは、12GB/256GBが19万円前後
YouTube にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ

購読・フォローもどうぞ!

  1. Home
  2. /
  3. スマホ
  4. /
  5. Xperia
  6. /
  7. Xperia 1 VI
  8. /
  9. Xperia 1 VI、3日使っての感想レビュー。カメラ・写真。バッテリー持ちは?ディスプレイ。ベンチマーク。発熱は?サイズ、重さなど

Xperia 1 VI