ドコモ、2019-2020冬春モデル発表。Galaxy Note10+、Xperia 5、AQUOS Zero2などを発売

ドコモが、2019-2020冬春モデルを発表しました。

スマートフォンが5機種、ケータイ(フィーチャフォン)が2機種、セットトップボックス(STB)が1機種の計8機種です。

スマホが5機種と、auよりも少ないですが、押さえるところは押さえている感じのラインナップです。

それぞれ、予約受付中です。
ドコモオンラインショップ

auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表。Galaxy Fold、Xperia 5、AQUOS Zero 2などを発売

スポンサーリンク

ドコモ、2019-2020冬春モデル発表。Galaxy Note10+、Xperia 5、AQUOS Zero2などを発売

ドコモ2019-2020冬春モデル

ドコモ2019-2020冬春モデル

ドコモ2019-2020冬春モデルの発売日まとめ

Galaxy Note10+ 10月18日
Xperia 5 11月1日
AQUOS zero2 今冬
Galaxy A20 11月1日
AQUOS sense3 11月上旬
キッズケータイ SH-03M 今冬
らくらくホン F-01M 11月下旬
ドコモテレビターミナル02 来春

Galaxy Note10+が、10月18日に発売と、早いですね。
ドコモオンラインショップ

Galaxy Note10+(SC-01M)の主なスペック、特徴

Galaxy-note10+-sc01m

OS Android 9
プロセッサ Snapdragon 855
メインメモリ 12GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB)
ディスプレイ 6.8型Dynamic AMOLED(Infinity-O Display)
解像度 1440×3040ピクセル
バッテリー容量 4300mAh
電池持ち時間 約145時間
ボディーカラー Aura White、Aura Black
ボディーサイズ 約77(幅)×162(高さ)×7.9(奥行き)mm
重量 約197g

12GBの大容量メモリ
6.8インチのディスプレイ
薄型化・軽量化
Sペンを振って操作するジェスチャー機能
リアルタイムに動画で背景ぼかしができるクアッドカメラ
超高速充電、高速ワイヤレス充電
Galaxy Note10+がワイヤレス充電器になる「ワイヤレスパワーシェア」
販売価格は12万円台

ドコモからも、Gaalxy Note 10 +が発売されます。12GBのメモリを搭載ということで、かなりハイスペックです。

価格も高めですが、このスペックなら、仕方のないところというか、そうなってしまいますよね。
ドコモオンラインショップ

Xperia 5(SO-01M)の主なスペック、特徴

Xperia-5-SO01M

OS Android 9.0
プロセッサ Snapdragon 855
メインメモリ 6GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約6.1型フルHD+ 有機EL
解像度 1080×2520ピクセル
バッテリー容量 3000mAh
電池持ち時間 約130時間
アウトカメラ 有効約1220万画素CMOS×3(広角+超広角+望遠)
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー ブラック、グレー、ブルー、レッド
サイズ 約68(幅)×158(高さ)×8.2(奥行き)mm
重量 約164g

縦横比21:9の「シネマワイドディスプレイ」
コンパクトサイズながら「Xperia 1」とほぼ同じ性能
HDR対応の6.1インチ有機EL
広角・望遠・超広角のトリプルカメラ
価格は8万円前後

Xperia 5(SO-01M)も発売されます。8万円前後ということで、ハイスペックスマホとしては、少し安めですね。
ドコモオンラインショップ

AQUOS zero2(SH-01M)の主なスペック、特徴

AQUOS_zero2-SH01M

OS Android 10
プロセッサ Snapdragon 855
メインメモリ 8GB
内蔵ストレージ 256GB
外部メモリ -
ディスプレイ 6.4型フルHD+有機EL
解像度 1080×2340ピクセル
電池持ち時間 未定
バッテリー容量 3130mAh
アウトカメラ 有効約1220万画素CMOS(広角)+有効約2010万画素CMOS(超広角)
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー アストロブラック、ミスティホワイト
サイズ 未定
重量 140g台

6.4インチ有機ELディスプレイ
4倍速のなめらかな高速表示
リフレッシュレート60Hzの機種との比較
140g台の超軽量ボディ
8GBの大容量メモリ
画面内指紋センサー
IP68等級の防水・防じん対応

販売価格は8万円前後

AQUOS zero2(SH-01M)が、ドコモからも発売されます。8万円前後ということです。

メモリが、8GBと容量が多いです。

冬に発売ということですね。
ドコモオンラインショップ

Galaxy A20(SC-02M)の主なスペック、特徴

Galaxy-A20-SC02M

OS Android 9
プロセッサ Exynos 7884B
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSD(最大512GB)
ディスプレイ 5.8型HD+液晶
解像度 720×1560ピクセル
バッテリー容量 3000mAh
電池持ち時間 約140時間
ボディーカラー Red、White、Black
ボディーサイズ 約71(幅)×150(高さ)×8.1(奥行き)mm
重量 約151g

スマホ初心者やシニアでも使いやすいかんたんモードを搭載
登録してスムーズな電話が可能見やすい5.8インチの大画面
3,000mAhの長持ちバッテリー
販売価格は2万円台前半

Galaxy A20(SC-02M)は、販売価格は2万円台前半とかなり安いスマホになっています。

かんたんモードも搭載していますね。
ドコモオンラインショップ

AQUOS sense3(SH-02M)の主なスペック、特徴

AQUOS-sense3-SH02M

OS Android 9
プロセッサ Snapdragon 630
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(512GB)
ディスプレイ 5.5型フルHD+ TFT液晶(IGZO)
解像度 1080×2160ピクセル
バッテリー容量 4000mAh
電池持ち時間 約180時間
アウトカメラ 有効約1200万画素CMOS×2(広角+超広角)
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック、ディープピンク
サイズ 約70(幅)×147(高さ)×8.9(奥行き)mm
重量 約167g

5.5インチのIGZO液晶
4,000mAhの大容量バッテリー
IP68等級の防水・防じん
おサイフケータイ対応
Snapdragon 630、メモリ4GB、ストレージ64GB

価格は3万円前後

AQUOS sense3(SH-02M)は、ミッドレンジスマホですね。価格が3万円前後ということで、安いです。
ドコモオンラインショップ

このほか

キッズケータイ SH-03Mやらくらくホン F-01M、ドコモテレビターミナル02が発売されます。

キッズケータイ、らくらくホンが欲しい人には、こういうのもありですね。

また、ドコモテレビターミナル02「Android 9」ベースの最新のAndroid TVをプリインストールしているということです。

スポンサーリンク

ドコモの2019年冬-2020年春モデル

ドコモオンラインショップ
ドコモの2019年冬-2020年春モデルは、そこまで充実しているという感じはないですね。

ただ、これから、Pixel 4なども発表されてくることでしょう。

そういう意味では、ドコモも、押さえるところは押さえているスマホのラインナップというところでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました