iPhone 12、5G接続時は4G接続時よりもバッテリー駆動時間が20%短くなる

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

iPhone 12シリーズは、5Gに接続できます。5Gに対応のスマホになっています。

そんなiPhone 12ですが、5Gに接続時は、バッテリーの駆動時間が20%ほど短くなるようです。

iPhone 12シリーズの全モデルのバッテリー容量

スポンサーリンク

iPhone 12、5G接続時は4G接続時よりもバッテリー駆動時間が20%短くなる

iPhone 12
iPhone 12

Tom’s Guide

バッテリー駆動時間

5G接続時はバッテリー駆動時間は、「iPhone 12」が8時間25分、「iPhone 12 Pro」は9時間6分で、4G接続時は「iPhone 12」は10時間23分、「iPhone 12 Pro」は11時間24分となり、5G接続時は4G接続時よりも約20%もバッテリー駆動時間が短くなるということです。

同じテストを実施した5G対応のAndroid搭載スマホのバッテリー駆動時間を下回るものとなっているとのこと。

結構短くなるようです。

iPhone12にはスマートデータモードが搭載

「iPhone 12」シリーズには、バッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合のみ5Gを使用する「スマートデータモード」が搭載されています

また、設定で「5Gオン」「5Gオート(スマートデータモード)」「4G」を選択することが可能となっているので、5Gを利用する際は、このあたりを設定する必要があるのかもしれません。

とはいえ、それ以前に、日本の場合は、5Gを利用できる場所が限られているので、そこまで気にする必要はないかもしれませんが。

スポンサーリンク

5Gは、これから

日本の場合は、5Gのエリアの問題もあります。

2021年度にようやく全国展開する感じのようです。

おそらくiPhoneも「iPhone 13」でバッテリーなども改善してくることでしょう。

2020年段階で、日本の場合は、5Gには過度の期待はしないほうが良さそうですよね。

そのほか