「iPhone 13」シリーズ、背面カメラユニット面がフラット化?

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

2021年のiPhone「iPhone13」。

その「iPhone 13」シリーズ、背面カメラユニット面がフラットになるのかもしれません。

スポンサーリンク

「iPhone 13」シリーズ、背面カメラユニット面をフラット化?

iPhone 12 Proカメラ
iPhone 12 Proカメラ

Macお宝鑑定団Blog

背面カメラユニット面がフラット化?

中国サプライヤーの情報として、背面カメラに関して、iPad Pro 2021同様にレンズカバー部分の出っ張りが無くなるようです。

カメラユニット全体の出っ張りが、全てのiPhone 13シリーズで約0.9mm増となり、カメラユニット全体をサファイヤガラスでカバーするデザインに変わるとのこと。

また、iPhone 13 Proの背面カメラユニットは、iPhone 13 Pro Maxと同じサイズであることから、広角カメラにセンサーシフト光学式手ぶれ補正が採用されている可能性があります。

ディスプレイ上部にあるレシーバーが、筐体端ギリギリまでに移動してることから、TrueDepthカメラの幅が細くなっていると情報筋は話しています。

スポンサーリンク

デザインは継続

また、次期iPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズの4製品筐体デザインを引き継ぎ継続採用するとのこと。

高さや幅は変わらないが、厚みは0.26mm増すようです。

 

デザインはiPhone 12シリーズから変わらず、背面カメラのユニットをサファイアガラスで覆うようです。

カメラの部分の傷などが気になる方には安心感が出そうですね。

スポンサーリンク