Pixel6を購入。感想レビュー。Sorta Seafoam。開封写真。発熱。カメラ、Antutuベンチマーク、ディスプレイなどについて

2021年10月26日

\ ★スマホのまとめなど /

GoogleのPixel 6が、2021年10月28日(木)に発売のはずなのですが、10月26日(火)に届きました。

私も購入したので、開封写真とともに、Pixel6の簡単な感想レビューを書いておきます。

カラーは、Sorta Seafoamです。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

スポンサーリンク

Pixel6を購入。開封写真。感想レビュー。Sorta Seafoam

外箱

Pixel6の外箱です。シンプルでなかなか好印象なパッケージですね。

Pixel 6外箱
Pixel 6外箱

開封すると

Pixel 6
Pixel 6

Pixel 6の本体ですね。背面とカメラが見えます。カラーは、Sorta Seafoamを選びました。

同梱物
同梱物

同梱物は、USB-Cケーブルとアダプタと、説明書です。SIMツールも入っています。

電源アダプタ・充電器は入っていません。

同梱物はシンプルですね。

Pixel 6の外観。カラーはSorta Seafoam

Pixel6
Pixel6

Pixel 6です。

フラットなディスプレイです。

フィルムなどは貼られていないのではないかと。ガラスフィルムなどを貼るのもありかもしれません。

ただ、ディスプレイ指紋認証なので、フィルムを選びそうですよね。

追記:

Google Pixel6 用 ガラスフィルムQiijeeを購入。指紋認証も可能でした

Qiijeeのガラスフィルムは、私の場合は、指紋認証してくれました。

Amazonのレビューでは、指紋を認識してくれないというコメントもあるので、個体差なのか、指紋の違いなのかわかりませんが、私の場合は、問題なく指紋認証ができますね。

【4枚入り】Google Pixel6 用 ガラスフィルム+カメラフィルム【ガイド枠付き】Qiijee

ガラスフィルムを貼ってから、指紋を登録すると、指紋認証してくれるという話もあります。

私の場合は、このガラスフィルムでは、そういう必要はなかったですが、ダメだった場合は、ガラスフィルムを貼ってから、指紋を登録すると良いかもしれません。

ただこれも、ガラスフィルムなどによると思いますが。

ベゼルは太め

ベゼル
ベゼルは太め

Pixel6のベゼルは、最近のスマホとしては、太めですね。少し前のスマホのように見えます。

パンチホール

ベゼル
ベゼル

とはいえ、個人的には、そこまで気にならないかとは思います。

フラットなディスプレイで、四角い感じのデザインが好きな人には良いですよね。

また、パンチホールですね。

カメラが横に配置

カメラが横に配置
カメラが横に配置

Pixel6シリーズは、カメラの配置が、横に並んでいるので、特徴的なデザインになっています。このようなデザインのスマホはないので、目立ちますね。

出っ張りは気になる人は気になるかもしれません。

カラーは、Sorta Seafoamを選びました。

ホワイトに近いほうが良いと思ったので、この色にしました。

光沢なので、ブラックなどだと指紋というか手の脂などが目立つと思います。白系なので、あまり目立たないですね。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

スポンサーリンク

Pixel6のベンチマーク。Google Tensor

Pixel 6のチップは、Google Tensorです。Googleが開発したチップですね。

Pixel6のスコアは、Antutuではこのようなスコアになっています。

69万ということで、悪くないですよね。

Pixel6のAntutu
Pixel6のAntutu

そこまでスコアは高くはないですが、低いということはないですね。

この価格で、このスコアなら、良いですよね。

Geekbench 5

Pixel6 Geekbench5
Pixel6 Geekbench5

Geekbench 5は、このようなスコアです。

スコアは、そこまで高くないですね。

Pixle6のディスプレイ。90Hzのリフレッシュレート

Pixel6
Pixel6

Pixel6のディスプレイは、6.4 インチのOLEDです。

有機ELなので、きれいなディスプレイだと思います。

Pixel6 90Hz
Pixel6 90Hz

リフレッシュレートは、90Hzですが、悪くはないですね。
Xperia 1ⅢやiPhone 13 Proなどで、最近は、120Hzのディスプレイに慣れているのですが、そこまで違和感というかひっかかりのようなものは感じませんでした。

またフラットディスプレイになっています。エッジディスプレイではないので、誤って触ってしまうということも、あまりないのではないかと思います。

ディスプレイ指紋認証。ガラスフィルムは選びそう

ディスプレイ指紋認証
ディスプレイ指紋認証

Pixel6は、ディスプレイ指紋認証です。

私の指紋は、とくに問題なく認証してくれます。

ただ、ガラスフィルムなどを貼るなら、ガラスフィルムは選びそうです。

別の機種の余っていたガラスフィルムを貼ってみましたが、認証してくれませんでした。

Pixe6の重さ、サイズ。重すぎるということはないが、横幅が気になるかも

Pixel6の重さは、207グラムです。

200グラムを超えているので、少し重い気もしますが、このサイズなら、そこまで重いとは感じません。

重さは207グラム
重さは207グラム

サイズは、高さ 158.6 mm x 幅 74.8 mm x 奥行き 8.9 mmとなっています。

横幅が少し太めです。片手操作は少し厳しいですね。

スポンサーリンク

Pixel 6のカメラ

カメラが横に配置
カメラが横に配置

Pixel 6のカメラは、デュアルカメラです。

50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ

となっています。

光学2倍ズームで、超広角などはありますが、そこまでハイスペックという感じではありません。

ただ、他のスマホにはない機能があります。

とくに、消しゴムマジックは面白いです。

消しゴムマジックが面白い

消しゴムマジック
消しゴムマジック

これが

消しゴムマジック
消しゴムマジック

こんな風になります。

結構消えますね。何かあった感じには見えますが、何があったかはわからなくなる感じです。

そういう意味では、モザイクで隠すというのとはまた違った用途で使えそうです。

動画撮影。手ぶれ補正に種類がある

動画は、まだそこまでさわれていませんが、普通に撮影できる感じですね。

Pixel6の動画撮影は、普通のスマホの動画撮影のようで悪くないと思います。

そして、手振れ補正に、種類がありますね。

動画撮影の手ぶれ補正
動画撮影の手ぶれ補正

標準、ロック、アクティブ、シネマティック撮影というのがあります。

ロックは、手ぶれがほとんどなくなりますね。

アクティブは、自分がかなり動いている時に使うと、手振れを補正してくれます。

シネマティック撮影は、スムーズに手振れ補正をしてくれます。

動画の撮影の手ブレを、いろいろな方法で補正できるというのは、動画撮影にも良いですね。

Pixel 6の発熱はどうか?

熱がすごいのではという話がありました。

ベンチマークをしましたが、そこまでではなかったです。

体感では、Snapdragon 888のほうが熱かったような。

ただ、今後、夏になるとどうなるかとか、長時間使用するとどうなのか、3Dを使うとどうなのかといったことは気になります。

Pixel 6 Proではなく、Pixel 6を選んだ理由

Pixel 6を選んだ理由は、3つぐらいですね。

・価格・コスパが高い

・ディスプレイがフラット

・カメラ・リフレッシュレートは他のスマホなどで

まず、価格が安いというか、コスパが高いですよね。Googleストアでは、74,800円からです。

ディスプレイがフラットです。エッジディスプレイがダメというわけではないのですが、ガラスフィルムを貼るなど考えると、フラットなディスプレイが良いかなと。

また、リフレッシュレートは90Hzなのですが、そこまで悪くないと思います。120Hzのほうが良いですけれど、この価格ならと思います。

カメラのズームなども、そこまで高倍率なものが欲しいとは思っていないので、Pixel 6を選びました。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

Pixel6、感想レビューまとめ。Pixel6、トータルで良い感じ

Pixel6の良かったところ

コスパが高いです。

・コスパが高い

・カメラが面白い

・Google純正、最新のAndroidが使える

こんなところが良かったところです。やはり、価格がそこまで高くないのが良いところだと思います。

最新のAndroidが使えて、しばらくアップデートしてくれるということなので。

Pixel6の残念なところ

・ベゼルが少し太い

・顔認証がない

・熱は、少し熱いので、夏などにどうなるか気になる

残念なところは、こういったところでしょうか。

au auオンラインショップ
= Softbankオンラインショップ

トータルで良い感じ

価格などを考えると、Pixel 6は、トータルで、良い感じです。

個人的には、購入して良かったです。あとは、しばらく使ってみて、どうかというところですね。

↓1日使っての感想を書きました。

Pixel6を1日使っての感想レビュー。コスパが高い。発熱は?サクサク動く。カメラ。動画撮影。消しゴムマジックが面白い

スポンサーリンク

Pixel 6、Pixel6 Pro、主なスペック・仕様など

Pixel 6、Pixel6 Pro、主なスペック・仕様などは、以下の通りです。

Pixel 6 Pixel6 Pro
チップ Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

ディスプレイ 6.4 インチ(163 mm)フルスクリーン ディスプレイ
FHD+(1,080 x 2,340)OLED、411 ppi
アスペクト比 20:9
スムーズ ディスプレイ(最大 90 Hz 対応)
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
コントラスト比 >1,000,000:1
HDR サポート
Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス
常に表示状態のディスプレイ
6.7 インチ(170 mm)フルスクリーン ディスプレイ
QHD+(1,440 x 3,120)LTPO OLED、512 ppi
アスペクト比 19.5:9
スムーズ ディスプレイ(最大 120 Hz 対応)
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
コントラスト比 >1,000,000:1
HDR サポート
Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス
常に表示状態のディスプレイ
メモリ 8GB 12GB
ストレージ 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ
カメラ 50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
48 メガピクセル望遠カメラ
12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
フロントカメラ 8 メガピクセル
ピクセル幅 1.12 μm
絞り値 ƒ/2.0
固定フォーカス
画角 84°
11.1 メガピクセル
ピクセル幅 1.22 μm
絞り値 ƒ/2.2
固定フォーカス
超広角な画角 94°
カメラ機能 消しゴムマジック
モーション モード
リアルトーン
顔のぼかし解除
パノラマ
手動によるホワイト バランス調整
ロックされたフォルダ
夜景モード
トップショット
ポートレート モード
ポートレート ライト
超解像ズーム
モーション オートフォーカス
よく撮影する人
デュアル露出補正
Live HDR+
消しゴムマジック
モーション モード
リアルトーン
顔のぼかし解除
パノラマ
手動によるホワイト バランス調整
ロックされたフォルダ
夜景モード
トップショット
ポートレート モード
ポートレート ライト
超解像ズーム
モーション オートフォーカス
よく撮影する人
デュアル露出補正
Live HDR+
動画 背面カメラ:
4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)前面カメラ:
1080p 動画撮影(30 FPS)
背面カメラ
4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)前面カメラ(動画)
4K 動画撮影(30 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS)
バッテリー 標準 4,614 mAh
バッテリーは 24 時間以上持続可能
スーパー バッテリー セーバーを有効にすれば最長 48 時間使用可能
急速充電
急速ワイヤレス充電
バッテリー シェア: 他のデバイスをワイヤレス充電
標準 5,003 mAh
バッテリーは 24 時間以上持続可能
スーパー バッテリー セーバーを有効にすれば最長 48 時間使用可能
急速充電
急速ワイヤレス充電
バッテリー シェア: 他のデバイスをワイヤレス充電
セキュリティ ディスプレイ指紋認証 ディスプレイ指紋認証
センサー 近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロメーター
磁力計
気圧計
近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロメーター
磁力計
気圧計
ワイヤレス Wi-Fi 6E(802.11ax) Wi-Fi 6E(802.11ax)
ネットワーク 5G Sub6、ミリ波(日本では非対応のよう) 5G Sub6、ミリ波
SIM デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM1) デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM1)
材質 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム 背面ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム
防水・防塵 IP68 IP68
カラー Sorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Black Cloudy White、Sorta Sunny、Stormy Black
サイズ 高さ 158.6 mm x 幅 74.8 mm x 奥行き 8.9 mm 高さ 163.9 x 幅 75.9 x 奥行き 8.9(mm)
重量 207グラム 210グラム
価格 128GB:74,800円、256GB:85,800円 128GB:116,600円、256GB:127,600円
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ