ahamo、povo、LINEMOの比較、違いまとめ。楽天モバイルとの比較も

スマホなどのまとめ

ahamo、povo、LINEMOの開始日や詳細などがわかってきました。

ということで、2021年3月3日時点でわかっている、ahamo、povo、LINEMOについて、簡単に比較して、まとめておきます。

楽天モバイルとも、簡単に比較しています。

楽天モバイル

スポンサーリンク

ahamo、povo、LINEMOの比較、違いまとめ

ahamo。povo。LINEMO。楽天モバイル
ahamo。povo。LINEMO。楽天モバイル

まずは、大まかな比較。価格やデータ量、通話など

ahamo、povo、LINEMOのそれぞれの価格や通話など、大まかな比較から

ahamo(ドコモ) povo(au) LINEMO(SoftBank)
月額料金 2,700円(税別)(税込2,970円) 2,480円(税別)(税込2,728円) 2,480円(税別)(税込2,728円)
データ量 20GB 20GB 20GB
国内通話5分かけ放題 無料 500円 500円
国内かけ放題 1,000円 1,500円 1,500円
通話料金 20円/30秒(5分超過後) 20円/30秒 20円/30秒
低速時の速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
LINEデータフリー
4G/5G 5Gは、2021年夏から
留守番電話サービス なし なし なし
キャリアメール なし なし なし

このようになっています。似たような感じなのですが、微妙に違っています。

 

安いのは、povoとLINEMOですね。 なるべく料金を安くしたいのであれば、povoかLINEMOでしょう。

ただし、国内通話5分かけ放題が入っていません。5分のかけ放題が欲しい場合は、ahamoが安くお得になりますね。

また、LINEMOは、LINEデータフリーがあるので、LINEをよく利用する人にはお得でしょう。

 

簡単に言ってしまうと、

5分かけ放題が欲しい、ahamo

LINEデータフリー、LINEMO

安いなら、povoかLINEMO

となりますね。

楽天モバイル。Rakuten Unlimit Ⅵは?

Rakuten Unlimit Ⅵ
Rakuten Unlimit Ⅵ

楽天モバイルのRakuten Unlimit Ⅵはこのようになっています。

20GBまで、1,980円(税別)税込2,178円

そして、Rakuten LINKを使えば、国内通話は無料です。ということで、20GBのプランで見ると、楽天モバイルがお得ということになります。

ただ、エリアが狭くつながらなかったり、5Gのエリアがさらに狭かったりします。

エリア内で、時々つながらないことがあっても困らないという方は、楽天モバイルがお得ですね。

20GB超過後も、2,980円(税込3,278円)ですし、2021年4月7日(水)までは、1年間無料キャンペーンを行なっていますし。

ほんと、つながるのであれば、楽天モバイルが良いですね。5Gをいますぐ使いたいとかでなければ。

楽天モバイル

いつから提供開始?

ahamo 2021年3月26日(金)

povo 2021年3月23日(火)

LINEMO 2021年3月17日(水)

となっています。3月に開始します。

 

ここからは、もう少し細かいところの話をすると

同じキャリアからの移行手数料は無料

同じ携帯電話会社からの移行手数料は無料です。新規契約事務手数料も無料ですね。

これも、3社とも無料ですね。

オンラインのみの、申込、問合せ

その代わりというか、オンラインのみでの申込、問い合わせということです。

テザリングは無料

ahamo、povo、LINEMOともに、テザリングは無料です。

家族割などの割引は?

ahamo(アハモ)は、

ファミリー割引 申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割 対象外(カウント対象)
ドコモ光セット割  対象外(ペア設定は可能)

ということです。

ahamo回線は、割引については、カウントされるが、料金の割引はされないということのようですね。メインブランドの対象プランを契約している家族が割引を受けられるということですね。

povoは、夏までに申し込むと、家族割にカウントされるということです。

LINEMOは、現時点(2021/03/03)では、家族割引のカウント対象外です。

携帯電話会社の利用期間

ahamoは、ドコモの利用期間が引き継がれます。

povoは、auの利用期間は引き継がれません。

LINEMOは、まだわからないのではないでしょうか。

 

留守番電話サービス

留守番電話サービスですが、ahamoはないということです。

povoやLINEMOもありません。

ここは、注意が必要でしょう。

また、キャリアメールもありませんね。

対応端末、スマホ。対応機種

ahamoの端末は、ドコモの端末であれば、おおよそ使えるようです。ただ、使えない端末もあるようなので、ここも注意は必要になりますね。PDF

ドコモがahamoの料金を税別2,700円(税込2,970円)に値下げ。対応スマホなどまとめ

povoは、auで提供しているVoLTE対応のAndroid端末とiPhone8以降の端末が対象ということです。

LINEMOは、対応端末は、3月上旬には発表予定ということです。

新機種の購入は?機種変更は?

ahamoは、2021年6月以降でないと、ドコモオンラインショップで販売する機種に変更はできないということです。

それまでは、5Gギガライトにプラン変更して、ドコモで購入ということになるようです。

料金プランahamoとギガプラン間のプラン変更手続きは、3回目以降はプラン変更当月はahamoとギガプランの両方の料金が発生しますので、あらかじめご注意ください。

povoやLINEは、このあたりのことは、まだ発表していないと思われます。どうなるのでしょうか。

ドコモの、ahamo(アハモ)

ahamo

 

ahamoは、家族割もカウントはされるので良いですよね。

ドコモの利用期間も引き継がれるので、比較的気軽に変更できそうです。

ただ、利用できないサービスもあるので、注意が必要になりますね。

auのpovo

povo
povo

povoは、料金が2,480円税別なので、比較すると安いです。国内通話5分かけ放題はオプションですが。

ただ、そのほかが、いまいちかもしれません。

とは言え、2021年夏までの申し込みは家族割がカウントはされるので、変更するなら早めの変更が良いかもしれませんね。

ソフトバンクのLINEMO

LINEMO
LINEMO

LINEMOは、LINEがカウントフリーなので、LINEをたくさん利用する人に良いでしょう。

月額料金も、2,480円(税別)なので、安いです。国内通話5分かけ放題はオプションです。

しかし、家族割はカウントもされず、割引ももちろんされません。

スポンサーリンク

ahamo、povo、LINEMOの比較

2021年3月3日時点

ahamo(ドコモ) povo(au) LINEMO(SoftBank)
月額料金 2,980円(税別)(税込2,970円) 2,480円(税別)(税込2,728円) 2,480円(税別)(税込2,728円)
データ量 20GB 20GB 20GB
国内通話5分かけ放題 無料 500円 500円
国内かけ放題 1,000円 1,500円 1,500円
通話料金 20円/30秒(5分超過後) 20円/30秒 20円/30秒(5分超過後)
低速時の速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
LINEデータカウントフリー
データチャージ 500円/1GB 500円/1GB 500円/1GB
4G/5G 5Gは、2021年夏から
キャリアメール なし なし なし
留守番電話サービス なし なし なし
テザリング 無料 無料 無料
eSIM 対応予定 対応予定 対応予定
家族割 割引はないがカウントされる 対象外 対象外
申し込み オンライン オンライン オンライン
そのほか 国際ローミング82カ国で利用可能 200円で1日だけのデータ通信使い放題
今後、トッピングは追加予定