Galaxy Foldを、Samsungが発表。折りたためるスマホ。4.6型と7.3型の両面ディスプレイ

スポンサーリンク

噂になっていた、折りたたみスマホ、Galaxy Foldを、Samsungが発表しました。

折りたためるスマホで、4.6型と7.3型の両面ディスプレイです。

 

名前が、Galaxy Foldということですね。

スポンサーリンク

Galaxy Foldを、Samsungが発表。折りたためるスマホ。4.6型と7.3型の両面ディスプレイ

Galaxy Fold

Galaxy Fold

折りたためるスマホ

Galaxy Foldの特徴は、なんと言っても、折りたためることでしょう。

以下の動画を見るとわかりますが、縦画面を2つつけたようになっています。

Galaxy Fold: Unveiling

おそらく横向きでも使えると思いますが、ガラケーが縦に開くのと違って、横に開く感じですね。本を開くのに似ています。

次の写真のような感じですね。

Samsung-Galaxy-Fold

 

4.6型と7.3型の両面ディスプレイ

内側に、ほぼ正方形な7.3型のフレキシブル有機ELを搭載し、外側の片面には4.6型の有機ELを搭載しています。

2面ディスプレイということになりますね。

Samsung-Galaxy-Fold

中に大きなディスプレイ、外に小さなディスプレイということになります。

イメージとしては、7インチのタブレットで、外側に、4.6インチのディスプレイがついていて、中に折れるという感じでしょうか。

カメラは3カ所。レンズは6つ搭載

カメラは3カ所にあり、レンズは6つ搭載しています。

・折りたたんだとき背面に当たる外側には1600万画素F2.2の超広角カメラ、1200万画素でF1.5とF2.4で絞り値を変えられる広角カメラ、1200万画素F2.4の望遠カメラのトリプルリアカメラを搭載

・4.6型のサブディスプレイがある外側には1000万画素F2.2のフロントカメラ

・7.3型のメインディスプレイの右上にも1000万画素F2.2と深度測定用の800万画素F1.9のデュアルカメラを搭載

と、カメラが3つ、レンズは、6つ搭載しています。

 

なんだかすごいことになっています。

どんな状態でも、写真を撮れるようにしているということなのでしょうね。

 

2019年4月26日に1980ドルで発売

米AT&TとT-Mobileから、4月26日に1980ドルで発売ということです。

さすがに、価格は高いですね。

 

安いノートパソコンよりも、全然高いです。

そこまでの価値があるかどうかは、ちょっとわからないですね。

タブレットのように使えるのであれば、スマホとタブレットを1台ですませられるので、それなりに良いかもしれません。

いずれにしても、安くはありません。

 

日本での発売は?

日本での発売は、未定のようです。

 

ただ、日本語サイトも、とりあえず存在しています。そういう意味では、発売はあるのかもしれません。

とはいえ、1980ドルですから、20万円を超えてきますね。これは、相当、好きな人や必要性を感じる人でないと、買わないかもしれませんね。

 

2019年は、折りたたみスマホが、新しいスマホとして登場してきます。やはりこの価格帯なのでしょうか。他社がどんな価格で発売してくるのかも気になるところです。

ということで、Galaxy Foldが、噂通り発表されました。そして、価格も高かったですね。

Galaxy S10、S10e、S10+をSamsungが発表。トリプルレンズカメラや新指紋センサー搭載。6.1インチ、5.8インチ、6.4インチ