2020年の「iPhone12」、背面に3Dカメラ搭載?

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

2020年の「iPhone 12」。

少しずつ噂が出てきています。

今度は、2020年の「iPhone12」は、背面に3Dカメラを搭載するという話が出てきています。

 

スポンサーリンク

2020年の「iPhone12」、背面に3Dカメラ搭載?

iphone12
iphone12

Fast Company

「iPhone12」3Dカメラ搭載?

iPhoneモデルのうち最低1つは、背面に3Dカメラを搭載するということです。

2017年のiPhone X以降のiPhoneにはTrueDepthカメラとしてデバイス正面に搭載されています。

しかし、背面には搭載されてていません。

このTrueDepthカメラのような3Dカメラを、iPhoneの背面にも搭載するということのようです。

3Dカメラは米Lumentumが供給

この3Dカメラモジュールは、米カリフォルニア州サンノゼ拠点のLumentumにより供給されるということです。

 

Lumentumは、現行iPhoneのデバイス正面の3Dカメラの製造を行っており、背面のカメラも同様に製造するようです。

スポンサーリンク

ARをさらに推進

この背面への3Dカメラの搭載で、iPhoneを通して、Appleは、さらにARを押し進めたいようです。

 

兼ねてから、Appleは、次のプラットフォームは、ARになると言っています。

この2020年の「iPhone 12」で、さらにARを押し進める狙いがあるようですね。

「iPhone12」は全モデルが5Gに対応?「iPhone SE 2 Plus」が2021年に登場?

ということで、今年2020年は、5G対応と合わせて、3Dカメラも、「iPhone12」の特徴になるのかもしれません。