ソフトバンク、「半額サポート+」を発表。機種代金の支払いが最大で半額不要に

ソフトバンクが、「半額サポート+」を発表しました。

機種代金の支払いが最大で半額不要になるというものです。

Softbank

スポンサーリンク

ソフトバンク、「半額サポート+」を発表。機種代金の支払いが最大で半額不要になる

半額サポートプラス

ソフトバンク、半額サポート+

半額サポート+では、対象機種を48回払いで購入して加入し、25カ月目以降に同社が指定する方法で指定機種を購入すると、割賦代金の最大半額が免除されるとのこと。

プログラム利用料として、月額390円(不課税)×24カ月(=9,360円)が必要です。

また、特典を利用するには、25ヶ月目以降に対象機種の購入と旧機種の返却が必要となります。

旧機種が査定条件を満たさなかった場合、2万円(不課税)の支払いが必要ということです。

ソフトバンク回線の契約は、必須ではありません。

9月13日(金)受付開始

9月13日(金)受付開始ということです。

(新しいiPhoneの予約受付と関係しているんでしょうかね。)

現時点での対象機種

現時点での対象機種は、以下の通り。

スマートフォン:iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Xperia 1、AQUOS R3、arrows U、LG K50
タブレット:iPad mini、iPad Air、iPad Pro(12.9型)、iPad Pro(11型)、MediaPad M3 Lite s、Lenovo TAB4
ケータイ:AQUOS ケータイ3、DIGNOケータイ2、かんたん携帯10

ソフトバンク回線でなくても利用可能

また、ソフトバンク回線に加入していなくても利用できるということです。他の携帯電話会社向けには、9月26日から受付とのこと。端末だけソフトバンクで買って、回線は別の会社を使って、「半額サポート+」を利用ということもできるということですね。

ソフトバンクが新料金プラン発表。契約期間も契約解除料もなしに

ソフトバンクは、契約期間、契約解除料も無くなるので、例えば、iPhoneをソフトバンクで買って、「半額サポート+」を利用して、回線は他のを使うということにすると、iPhoneを安く購入できるということにもなるのでは。

(ただし、「半額サポート+」の提供後も販売される端末にSIMロックが継続されるため、一定期間(SIMロックが解除できない100日間)はソフトバンク系の回線以外で利用できないというのはありそうですが。)

スポンサーリンク

半額サポート+は、通信の継続利用の条件をなくした

2019年10月1日から施行される改正電気通信事業法で、通信の継続利用を条件とする端末割引が「2万円」までに制限されます。

今回の半額サポート+では「通信の継続利用」の条件をなくし、法律に抵触しないで、どうにかサービスを考えたという感じですね。通信とは分離して、端末のみの条件になっているということです。

ソフトバンク回線を使い続けるということであれば、「半額サポート+」を利用するのはお得になりそうではありますよね。

気になるのは、ドコモ、auなどがどう出てくるかですね。同じようなサービスを開始するのか、どうか。

また、総務省は、このようなサービスを認めていくのかも、気になるところではあります。

というのはありますが、ソフトバンクが、「半額サポート+」を発表しました。スマホを安く利用したいという人には、選択肢の一つになりそうです。

au「アップグレードプログラムDX」発表。端末代金を最大半額免除、他の携帯電話会社でもOK

auも似たサービスを開始しますね。

タイトルとURLをコピーしました